スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魅惑の除雪機関車

秋も深まる今日この頃、もう少ししたら冬になりその時期のみ活躍する縁の下の力持ちとでも言いましょうか、除雪機関車の活動シーズンが来ますね~。
(もう少ししたら試運転も始まるんじゃないですかね)

ただ・・・、除雪機関車も国鉄時代に作られたものが多く引退を迎えた、もしくは迎えつつある現状が寂しいんですよね・・・(昨年度一杯で引退に追い込まれたDD18やDD19、そして今年いっぱいで引退する予定のDD16などなど・・・)。
あの明らかに縁の下の力持ちで無骨に仕事をするイメージながら非常に長い夏季休暇を頂く、いわばレア物的存在が自分にとってはたまらないんですが・・・(モーターカーもENR-1000のように明らかに機関車だろ、と突っ込みたくなるような代物もあるんですが、大抵はあんまり力強さを感じないのが正直つまらんのです)。

つーことで雪レシーズン接近(と言いながら除雪現場は一度しか見たことがなかったり)&引退近しということで現役で活躍する除雪機関車を写真を交えて紹介していきたいと思います。

DD14形ロータリー式除雪機関車
まずはロータリー式除雪機関車の代表格、DD14形(長岡車両センターにて)。

除雪の際の視界確保のため運転台を片側に寄せたエンドキャブ形なのが特徴。通常は後ろにもう一両DD14形を背合連結したり、DE10形などを補機としてくっつけて重連で使うことが多いです(エンドキャブ形なので反対側の視界があんまりよくなかったり、搭載している機関を除雪に全部回したりするため)。
積んでるエンジンはDD13形を基本としているためかなり年季が入っていながら、ロータリー式の現役としては一番数が多かったりします(ロータリー式自体が少ないのが原因)。

ロータリーヘッドを取り外した姿は何とも無骨な、例えるなら「塗り壁」と言いましょうかそんな姿をしています。

DD15形ラッセル式除雪機関車
ラッセル式除雪機関車の近代化の始祖、DD15形(長岡車両センターにて)。

今は現役としてJRでは存在しないDD13形の在りし日の姿を思い浮かべる外観が特徴。基本的にDD13形を踏襲しているためラッセルヘッドを取り外した時のライト配置はそこそこ似ていたりします。またラッセルヘッドを取り外した時は入換機としても使用できるため通年に渡って使用出来るようになったのも特徴(但し入換機の主力は後にDE10形などに移り変わりましたが)。

あとはラッセルヘッドの装着後の軸重が15.5tになるため軸重制限が厳しい線区では使用が出来ないのもある意味特徴と申しましょうか。これが後のDE15形への発展となりますから存在が無意味というわけではありませんしね。

DD16形ラッセル式除雪機関車
簡易線への入線を考慮した、DD16形(松本駅にて)。

DD16形はDD13形やDE10形が入線できない、もしくは制限を受ける簡易線用に開発されたディーゼル機関車。除雪機関車としての機能があるのはこのうちの300番台を指します。連結するラッセルヘッドは後に紹介するDE15形のラッセルヘッドを更に長くしたような感じ。ライトの位置もDE15形とは変わっているため結構印象か異なります。

現在まで300番台に改造された4両全てが在籍していましたがJR東日本の在籍機が引退に。JR西日本の大糸線を中心に活躍しているのもどうなるか・・・といったところです。

DD18形ラッセル式除雪機関車
標準軌となったミニ新幹線用のラッセル式除雪機関車、DD18形(米沢駅にて)。

機関車本体はDD51形、ラッセルヘッドはDE15形のをそれぞれ標準軌化改造したもの。先頭だけを見たらDE15形なのに機関車がセミセンターキャブじゃない・・・、もしくはDD51形が除雪しちゃってるよ!と見せる点が改造車らしいというかなんというか。

新幹線が走行する場所をディーゼル機関車が走るのは事業用車以外だとこれくらいしか無いため異端児だったのですが、後継のENR-1000が登場したため山形・秋田の所属機は昨年度で全て引退したのも記憶に新しいです。

DD19形ロータリー式除雪機関車
ミニ新幹線区間のロータリー式除雪機関車、DD19形(米沢駅にて)。

DD18形でディーゼル機関車としては異端児と書きましたがDD19形はかなりの異端児です(笑)

まずはその経歴。元々DD19形はロータリー式の除雪を一台の機関車で済ませられるようにDD51形の機器と新しく製造した車体を組み合わせて誕生したDD17形を、更に標準軌化改造した機関車でいわば新造車ではなく改造に改造を重ねてDD19形に至ったという、ある意味流転の人生を歩んだ車両とも言えるでしょう。
DD51形→(機器流用・車体新製)→DD17形→(標準軌化)→DD19形と考えちゃって結構です。

更に言うとDD17形はたった1両のみしか登場していません。そういった意味から考えるとDD19形はたった一両しか生まれなかったDD17形の姿を伝える唯一の車両だったと言えるでしょう。しかも本業は冬にしか活躍しない除雪ですから除雪機関車の中でもレア物中のレア物と言っても過言ではないかと思います(標準軌区間では牽引するものも無いですし)。

そんな明らかに普通とは違う生まれ方をし普通とは違う人生を歩んできたDD19形ですが、ENR-1000形の登場によって同僚DD18形と共に昨年度いっぱいで引退しました。この異端児ももう実物を見ることは出来ないと思うと自分は残念で仕方がないですねぇ。

DD53形ロータリー式除雪機関車
通称「怪物」、DD53形(長岡車両センターにて)。

除雪の強力・高速化を図るためにDD51形を基本として登場したロータリー式除雪機関車。その強力さ故に家屋内のピアノをぶっ壊すという伝説が出てきた程の代物、もとい怪物。その伝説が仇になったか量産も3両で終わってしまった経歴を持っています。

現在では長岡に所属する2号機のみが現役機ですが、最近では検査中のC57形の代わりに「ばんえつ物語」の客車を牽引したなど除雪以外の用途での活躍がめざましい。こういう形でも良いからどうかこの怪物を末永く大事にして欲しいですねぇ。

DE15形ラッセル式除雪機関車
除雪機関車の代表格、DE15形(浜松工場にて)。

JR四国・九州・貨物以外の全てのJRに在籍している最もメジャーなラッセル式除雪機関車。DD13形の教訓を生かしラッセルヘッドは台車付きで、ラッセルヘッドを取り外せばDE10形と同等の入換用にも使用できるという汎用性が一番の特徴。最近では「奥出雲おろち号」や「ノロッコ号」にも使用され専用塗装がされるなど、本来裏方なはずの除雪機関車の中ではかなり目立っているイキなやつ。

写真DE15形はJR東海に在籍しているもので台車周りがグレーに塗装されているのが特徴。機関車保有数が少ないJR東海内では貴重な機関車でもあったり。なお、除雪時はラッセルヘッドから出ている連結器は仕舞われますよ~。

とここまで自分が撮影してきた除雪機関車を紹介してきましたが、将来的にはこれらはたぶんですがモーターカーなどに置き換わる可能性が非常に高いです。操縦の免許が必要な機関車よりも、線路閉鎖の必要はあるものの作業員だけで動かす事が可能なモーターカーのほうが便利だからですね(ENR-1000というロータリー式にもラッセル式にもなる器用なやつが登場したのも大きいです)。

世間じゃブルトレ全廃とかで騒がれていますがこういう季節限定の縁の下の力持ちな赤い奴等も忘れないで頂けると有り難いです。

ちなみに自分の場合ロータリー式が大好きだったりします(笑)
あのザリガニっぷりは正直かっこいいと思わざるをえないです。

モハようございます。
モハようございます。に参加した記事です
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/17(金) 01:17:26|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿コマ劇場公演「水樹奈々 大いに唄う」まとめ

報告が遅くなってしまい申し訳ありません。
えー、10月11日に行われた最初で最後の水樹奈々さん座長公演、
「水樹奈々 大いに唄う」しっかりと目に焼き付けてきました。

新宿コマ劇場

今思い返してみればこれは正直言ってCD発売イベントとしてはかなり豪華でした。
ぶっちゃけ1万円払っても十分見応えのある内容で大感激。DVD化がされることを期待せざるえないですw

今回のCD発売イベントは二部構成となっており第一部が歌、そして第二部は何と「歌姫仕置き人 ~疾風の奈々~」という題目でのお芝居+歌謡ショーが行われました。自分は所詮CD発売イベントだし第一部のような歌だけで終わっても良いと思っていましたがまさか第二部で芝居が来るとは・・・。
水樹奈々さんは俺の予想の遥か斜め上を行きますね~。ファンサービスSUGEEEEE!

とりあえず第一部からセットリストを絡めつつ書いていきます。

1、『DISCOTHEQUE』
1曲目は『Trickster』の可能性も否定できませんでしたが水樹奈々ワールドを一気に展開するような『DISCOTHEQUE』がトップに来ました。自分の予想通りコマ劇名物の回転ステージでのダンスも勿論披露。回転ステージのあるライブ会場というのを今まで見ていないのでこういうのは新鮮、そしてこれがなくなるのは寂しいなぁと感じますね。

2、『好き!』
自分の行った昼の公演では2曲目にシングル『WILD EYES』より『好き!』が登場。どうやら2曲目はそれぞれの回ごとに曲目を変えていたようでここまで手を込んだ演出をするとは思いませんでしたね~。

あ、2曲目の前のMCでは司会のみっしーこと三嶋Pが今回の抽選のことについて語ってくれましたね~。どうやら4万口もの応募があったようでオリコン調べの初動が5.7万枚ですから相当数が応募してるんですな。

3、『Trinity Cross』
奈々さん衣装チェンジで3曲目はバラード風の『Trinity Cross』。CDで聴いたときもかなりグッときましたが生だとより切なさが伝わりますね~。アコースティックでいつか聴ける事に期待。

4、『Brilliant star』
てっきり王道のパワゲやエタブレ、シクアン辺りが来るのかと思いきやここでオリジナル初披露の『ブリスタ』降臨。『Trinity Cross』から『ブリスタ』への繋ぎはある意味反則コンボだと実感した今日この頃。

そしてここで再度MC。

みっしー「残念ながらこれで最後の曲に~」
皆「え~!!」
みっしー「水樹奈々が5曲で終わるわけ無いだろm9(^Д^)」

全員歓喜


いやいや5曲でも十分すぎだろとjk・・・だったのにまだあると思うとキングレコードどんだけサービス精神旺盛なんだよwと良い意味での突っ込みを入れたくなるw
とりあえずみっしーはネ申だ。

5、『Trickster』
最後はA面曲で〆。やっぱりというかこれを聴くとたまアリや代々木のブリオンを思い出すね。ただブリオンほど初めに持ってくる曲じゃなく、最後の締めとしてはピッタリだと今回生で聴いて感じました(最後のアカペラなんかまさにそんな感じ)。

6(?)、『Astrogation』
第一部終了の最後には7月に行われた代々木のライブBD&DVD告知を兼ねて『BLUE SIDE』の一発目の『Astrogation』の映像を公開。みっしー曰く「BDは見えなくていいところまで見える」らしいです。とりあえず見た感じ心配だった音も悪くなくとりあえず購入決定。

さてさて第一部はこれで終わりですが第二部『歌姫仕置き人 ~疾風の奈々~』が残っております。第二部の芝居&歌謡ショーも所謂おまけというわけではなくどちらかというとこっちがメインなんじゃね?と突っ込みを入れたくなる内容。キャストも異常なくらい豪華です。
自分が見た昼の回のキャストはこんな感じ。括弧内には俺の知っている限りの代表作を書いてみます。

疾風の奈々:水樹奈々(我らが奈々さん、もとい座長)
マムシの彦蔵:杉田智和(ハルヒのキョンの中の人。たぶん伯爵と妖精繋がり?)
雀蜂のお陸:福圓美里(スマギャン副ヘッド・ストライクウィッチーズ宮藤芳佳)
赤目の甚八:小西克幸(マクロスFのオズマさん)
近藤伊予守:鈴村健一(ヒカルの碁の伊角さん)
ナレーション:若本規夫(アナゴ・奈々さんと同じ事務所)

とりあえず彦蔵の杉田さんとナレーションの若本だけでお金取れます。
ええ、異常なくらい豪華です。

しかも凄いのは雀蜂のお陸と赤目の甚八、近藤伊予守は回ごとにキャストが異なるという小ネタも仕込んであるというファンサービス入り(参考程度に雀蜂のお陸役には桑谷夏子さん・沢城みゆきさんが、赤目の甚八には保村真さん、近藤伊予守には松本保典さんがそれぞれ出演)。

さらに劇も時代劇というなかなか演じるのが難しいジャンルながらも声優の方々が熱演しておりかなり面白いシナリオでした。杉田さんはやはりというかアドリブ連発で正直腹筋がイカれるかと思いましたよw

そして忘れちゃ行けないのがお芝居の要所要所に入ってくる奈々さんの歌。芝居の内容が時代劇ということで当然ながら歌も演歌。流石もと演歌志望なだけあって歌は物凄い上手いです。ちなみに歌ったのは『夜桜お七(坂本冬美)』、『河内おとこ節(中村美律子)』の2曲。映像で天城越えを歌ったのは見たことあるけどやっぱり演歌の殿堂で聴くのは一味違うし、何より奈々さんの夢の舞台ということでグッとくるものがありましたね~。

そして最後には重大発表があり(カンの良い方は分かるかと思います)、お開きとなりました。
ある意味今回のイベントはコマ劇の歴史に残る大きなものになったのでは、と思いましたし今回のイベントの演出を見てこれからの奈々さんにも自分は期待していきたいと思いましたね~。

テーマ:アニソン・キャラソン - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/13(月) 23:57:37|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマ劇公演当たったよ!!!

えーお知らせするのが遅れてしまいましたが・・・

新宿コマ劇場公演当たったよ!!

ひゃっほーい!もう嬉しくてたまらないwww
だってだって奈々さんの夢の舞台だよ?最初で最後の晴れ舞台だよ?
俺どんな顔して新宿行けばいいんだ。。。

当選通知が来たのが昨日なのに未だにテンパってます。テンションやばいよ。

当たったのが昼の回なので同志の方々、よろしく!!


で・・・サイリュームのUOは持って行かなくてOKだよね?

テーマ:アニソン・キャラソン - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/09(木) 20:49:03|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年10月期アニメ総評

あまりにも10月期のアニメが見る作品多そうなので久々に総評を書いてみたり。夏アニメが3本(しかも同日放送)だったのに対して本来なら減るべきところが何故か計6本と増えている辺り色々とやばいです。まぁ近々切っていって3本くらいになるでしょうが。

とりあえず久々のランキング。
1位から3位まで書いていきまっす。

1位 『CLANNAD AFTER STORY』
2位 『とある魔術の禁書目録』
3位 『とらドラ!』
3位 『夜桜四重奏』

以下、1話視聴の感想。

1位の『CLANNAD AFTER STORY』は文句無しの作品。放映初っ端でいきなり原作BGMの「白詰草」を流す辺り涙腺刺激されちまったよ・・・。1話はてっきり渚の病気フラグを持ってくるのかと思いきや、古河ベイカーズの話を持ってきた辺り石原さんすげーよ。2話は次回予告を見た限りでは春原の恋愛系といったところでしょうかね。

今後の予想としては相楽、宮沢ルートのどちらかもしくは両方を回収して卒業、原作アフターに突入。OPの歌詞を見る限りでは原作通り芳野や直幸などを回収しつつ渚ノーマルENDに突入後、最後の幻想世界イベントを見て秋夫回収、そしてTRUE ENDといったところでしょうか(アッキーの回収はノーマルEND前かもしれませんが)。

個人的に気になったのはOPに風子がいなくなったこと、そしてTRUE END後の展開。風子は一期にいなくなったような扱いを受けていますが、原作はアフターでも出てくるのでそこをどう描くのか、ということ。原作じゃ最後の〆も風子ですしね。

TRUE END後の展開というのはアナザーストーリーである「光見守る坂道で」のお話を混ぜてくれるんじゃないか、という個人的な淡い期待です。たぶん石原さんのことだから24話の最後に「光見守る坂道で」の汐編を入れてくれるんじゃないかなー。

2位の『とある魔術の禁書目録』は番組表を見てようやく気付いた作品。バトルものとしては結構面白いと思うのでそこはかとなく期待。インデックス可愛いよ、インデックス。とりあえず1話を見た感じでは『CLANNAD』の次に面白かったです。

3位はまずは『とらドラ!』から。放映前から作画崩壊フラグが立っていましたが、いざ箱を開けてみるとそこそこ見れる作品でストーリーもなかなかの出来。気になるのはEDでのみのりんの歩き方とシャナとの共通点が多すぎることでしょうか。
具体的に挙げると・・・

・原作が同じ電撃文庫
・ヒロインがツンデレ気味
・ヒロインの中の人が同じくぎみー。
・制作会社が同じJCSTAFF
・主役が竜児と悠二
うるさい!うるさい!うるさい!

とこんな所でしょうか。『乃木坂春香の秘密』で電撃文庫関連でシャナとのコラボがあったので。、これでもあるんじゃないかとちょっと期待したり。

『夜桜四重奏』は全くのノーマーク作品。『CLANNAD』の時間を間違えて偶然見ていたら結構面白かった。俺ってこうゆう集団でのバトルものがそこそこ好きなのかもしれん・・・。
ことはの「ダダダダダダダダ!」には正直吹かざるをえないw

ちなみにちょっと期待ハズレだったのが「あかね色に染まる坂」。「とらドラ!」の影響もあるかもしれないけどツンデレ=くぎみーの図式が当てはまっちゃってちょっとくどいかな、と。PS2版に声優を合わせたのかもしれないけど、湊の中の人の平野綾さんも含めちょっと力不足かな。

あと「今日の5の2」は予約し忘れですサーセンwwwww

CLANNAD 光見守る坂道で―Official Another StoryCLANNAD 光見守る坂道で―Official Another Story
(2005/11/25)
KeyごとP

商品詳細を見る

とりあえず原作が大好きな人は買って損はしないと思う一品。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/10/08(水) 01:44:50|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今後の新作ゲーム。

任天堂さんがDSのニューバージョン「ニンテンドーDSi」の製作発表があったのでちょっとゲームが気になっていたこともあり今後の新作ゲームについてちょいと書いてみたり。

まず「ニンテンドーDSi」について。
結果から言わせて貰うと・・・

ああ、駄目だこりゃ。

カメラ付きだとかディスプレイがちょっとでかくなっただけとかSDカードが使えるようになったとかいろいろと書いてあったんですが個人的には魅力を感じないです、ええ。
ちょっと箇条書き風に書いてみると・・・

・カメラ付き・・・30万画素って今時の携帯でも200万画素はありますよ?
・ディスプレイでかくなったよ!・・・ディスプレイ大きくしても画質はそのままでしょ?
・SDカード使えるようになったよ!・・・GBA犠牲の方が大きいと感じるのは俺だけですか?
・音楽再生出来るお!・・・再生ファイルがAACのみの時点でMP3の俺は関係ない。
・充電時間短くなりました・・・起動出来る時間も短くなりました。
・薄くなったよ!・・・だから?
・HP閲覧とか出来ちゃうぜ?・・・メモリの容量を増やしてから言ってください。

どう見てもLiteの劣化版ですね、ありがt(ry
もう正直言って年末商戦への釣り餌なのが見え見え。ここまで大々的に宣伝するならワンセグチューナー内蔵とか動画ファイル再生可能とかでないと駄目でしょ。

正直自分のDSiの評価はこんな感じ。こんなの開発してる暇があったら別のソフトを開発してください、と言いたいくらい魅力が無いです。

続いて新作ソフトの方。

『街へいこうよ どうぶつの森』

DS版が斬新過ぎてソニーとの決戦で勝負が決まったソフトのWii版。Wiiスピークというのも面白そうなんだけどマイクをTVに接続ってのが残念。64時代みたいにヘッドマイクだったら大きいお友達にも支持を得られただろうに。ボイチャ中に家族乱入とか大きいお友達には興ざめもんですよ?
まぁここはチャットでキーボードが使えるようになってるだろうから救済策としてはまぁまぁかな。

『カラオケJOYSOUND Wii』

年末商戦での個人的には一番期待しているソフト。
既に配信曲が分かってるのもうれしいし何よりその料金の安さ。ソフト&マイク約6000円+30日間歌いたい放題の権利で1000円は安いべ。更に言えば1日24時間歌いたい放題300円というのも安い。そりゃヒトカラだったらこれくらいが相場かソフトの値段を見て高く見えるかだけど、参加人数としては制限が無いようなもんだし何よりもカラオケボックスに行く手間が省ける。

曲目もメジャーに偏っているわけではなくてそこそこアニソンとかも混ぜているあたりが流石JOYSOUNDと言ったところか(パッケージ版にアクエリオンがあるくらいだし)。曲も順次追加されていくという点からしてもカラオケ機器が家にやってきたっぽくて面白そう。
個人的には将来的に出来るであろう「うたスキ」と配信曲に小さなてのひらを入れてくれたら文句は無いです。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/10/08(水) 00:49:02|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

噂の「パンの缶詰」を買ってきた

本日アキバのアニメイトとゲマズに予約していた品物を引き取った帰りについ買っちゃいました。

CLANNAD AFTER STORYのパン缶を。

1期の時のパン缶発売時は自販機前が凄まじい事になっていたため結局買えませんでしたが、今日たまたま覗いて見たところ誰もいない&販売中だったので3つほど買ってきました。
CLANNAD After storyパンの缶詰

俺の嫁渚のイラスト重視でサーセンwwwwww
本当は杏とか風子のも買いたかったのですがやっぱりアフターの主人公、渚重視になってしまいました・・・。渚可愛いよ、渚。

早速開けて食べたいのですがこの可愛さに開けるのを躊躇してしまい未だに開封できません。ああ、なんて駄目人間な俺・・・。

CLANNAD関連と言えばとうとうOP&EDのCDの発売日も決定したようです。更にDVDの発売日も決まったようでゲマズ&アニメイト前で号外を配ってました。いやーCLANNADの人気凄いね。おにーさんもびっくりだ(嘘)

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/10/04(土) 23:11:07|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京葉線用209系500番台登場!

色々と書類製作で2日徹夜確定な今日この頃。。。眠眠打破の効果の無さにちょっと絶望しかけています。俺の315円の投資は無駄な気が・・・。

さて先日の東総の公開で入場していた京浜東北用の209系500番台が出場し京葉車両センターに配置され、いよいよ試運転を開始したとの情報を手に文化祭の代休を利用して撮影してきました。(あいにく雨模様だったのが残念ですが・・・)

京葉線用209系500番台@新習志野
新習志野に停車中のケヨ33編成。てっきり副本線の2番線入線かと思っていたら本線の1番線入線というのに少々慌てましたが何とか撮影成功。側面だけ見たらどう見てもE331系です、本当にありg(ry

京葉線用209系500番台@誉田
後続の快速で追いかけ千葉みなとで追い抜かすも外房線の接続が悪く結局上総一ノ宮まで先行されてしまったので長時間停車していた誉田で撮影。ちょうど車内の作業員さんは昼食タイムのようで車内で食事をされているのを傍目に必死に撮影。
やっぱりどう見てもE331系です。

京葉線用209系500番台 ホーム検知装置
京浜東北時代の名残であるホーム検知装置。一時は小山(だっけ?)のE231系に転用・設置されたが京葉線用はそのままのようである。

E331系の運転休止以来あまり動きの無かった京葉車両センターも賑やかになってきそうだなぁと思いつつも、ある意味同センターの201系分割不可編成の死亡フラグも立ったような気がして複雑な気分ですね・・・。
これでE331系が運用開始したら言う事無しなんだけどなぁ。

モハようございます。
モハようございます。に参加した記事です

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/04(土) 22:20:45|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。