スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランティスとか試乗会とか。

気がつけばかの奈々さんの西武ドームライブのBDがいよいよ12月23日に発売されるとの事。FEVERの武道館公演と合わせて9900円というのは高いなぁ、と思えなくは無いですが、DVD換算で5枚というボリュームからして十分アリ、というかよくよく考えたら安いんじゃね?という考えに至った今日この頃。
とりあえず自分はようやくBD視聴環境が整ったのでBD版だけ買う予定。BD3枚の構成としてはFEVER1枚、DIAMOND1枚、メイキング1枚が一番良いんだけれども、容量の都合で分割されるのかな?

さてさて前置きはこれくらいにして、この週末の鉄道関係の活動のレポでも。この土日は今思い返してみればかなりの鉄道づくしだったわけで、少々疲れていたりいなかったり。
とりあえずまずは土曜日のランティスEXPRESSと関東鉄道試乗会の方から。

ランティスEXPRESS1

東小金井駅で撮影したランティス祭りアクセス用団臨の「ランティスEXPRESS」。本当は富士吉田方の先頭車を撮影したかったのですが、うろ覚えのダイヤ+若干の寝坊で東小金井駅に着くのが遅れてしまい、さらに東小金井の停止位置がホーム先端だったため、編成全体撮影は後部からとなってしまった経緯があります。
本当は立川まで追いかけてやり直したかったのですが、そうなると試乗会に遅れてしまうため残念ながらここで諦める事に。

ランティスEXPRESS2

ランティスEXPRESSのヘッドマーク。ちなみにこの日のランティス祭りの出演者で個人的に気になっていたのはmarble、CooRie、yozuca*、Ceuiの4組。非常にマイナーな感じですが、個人的にはお気に入りの楽曲が多い感じです(あえて1曲ずつ挙げるとすれば「芽生えドライブ」(marble)、「光のシルエット」(CooRie)、「サクラ アマネク セカイ」(yozuca*)、「光と闇と時の果て」(Ceui)が自分のおすすめ)。

ランティスEXPRESS3

ランティスEXPRESSの行先幕。出発駅が秋葉原というのもらしいといっちゃらしい(笑)
ちなみに車内はやはりというか鉄道ファンよりもアニメ好きの方が多いといった感じ。まぁ趣味の領域としては重複してるんで一概にはなんとも言えませんが。

一応、ランティスEXPRESSは一段落ついたことで、次は関東鉄道キハ5000形の試乗会へ。
東小金井から中央線・山手線・常磐線と乗り継ぎ取手駅へ。

関東鉄道キハ2100形@取手

取手で試乗会の引換券を貰った後、キハ2100形水海道行きに乗車。よくよく考えると、キハ5000形が投入されてキハ100形やキハ0形が置き換えられたら関東鉄道の顔のバリエーションはこれだけになってしまうわけで、それはそれで面白みが減るなぁ、といった感じがします。

そんなことを考えながら試乗会の集合場所である守谷駅に移動。

関東鉄道キハ100形常総筑波鉄道塗装@守谷

ちなみに守谷には先に挙げたキハ100形の常総筑波鉄道色が停車中。自分の中のキハ100形のイメージは水海道以北で走る車両の印象だったのですが、何だかんだで守谷までも来るんですね~。こういう都会チックな駅に停車してると、キハ100形の種車であるキハ30系の現役時代をちょっとだけ思い出させてくれます。

そして受付を済ましいよいよキハ5000形が入線・・・

関東鉄道キハ5000形試乗会1

やっぱりというか愛知の某鉄道の昔の車両としか言いようがありません・・・。なんというか、キハ2000シリーズを愛環の塗装にしたとしか言えない・・・。関東鉄道さんが愛環を知らない場合もあるので塗装は致し方ないとしても、ライトの位置はちょっと変えて欲しかった・・・というのが正直なところ。

関東鉄道キハ5000形試乗会2

ちなみにヘッドマークはそれぞれ異なっており、下館方はこんな感じのヘッドマーク。鳥さんは何処かの自治体のキャラクターですかね?

関東鉄道キハ5000形試乗会3

こちらは取手方のヘッドマーク。コメントのしようがない・・・。

関東鉄道キハ5000形試乗会4

ちなみに車内はこんな感じ。スタンションポールが設置、座席のモケット変更、ドアの形状変更くらいしかキハ2000シリーズと違わないと思われます・・・。というか、そのうちキハ2000シリーズもこんな内装に改造されそう。

関東鉄道キハ5000形試乗会6

車内のLEDも至って普通。ここでLCDを設置してたら「おおーっ」となるんですが、親会社が京成だからそれに期待するのは間違いなのかな・・・。

関東鉄道キハ5000形試乗会5

そして試乗会列車は下妻駅で1時間ほどの撮影会を開催。午前はどうだったか知りませんが、自分が参加した午後の組は素晴らしいくらいの順光で撮影会日和だったのは確か。列車の停止位置も撮影しやすいよう、誇線橋の陰にならない位置にした関東鉄道さんの配慮はGJと言わざるを得ない。
こういう細かい気配りってファンとしてはものすごく嬉しいです。

こんな感じでキハ5000形の試乗会は終了。総じてみればイベント自体は良かったものの、ちょっと車両のインパクトに欠けるのが残念、といったところ。エンジンが環境配慮型のコモンレール式になったのは素晴らしいのですが、やはり外観が一番人間の目に付く場所なのでそっちにも力を入れて欲しかったなぁ、と思います。

さてさて次回は裏辺所長と行った山梨の鉄道堪能編でございます・・・。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/29(火) 00:04:50|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士登山電車

20090927104658
裏研の所長さんと富士登山電車に乗車中。

内装の木の薫りが癒されます。
  1. 2009/09/27(日) 10:47:00|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょっと行ってきまーす

20090927075456
ちょっと河口湖方面に今から行ってきまーす。

ぶっちゃけたお話、ホリデー快速河口湖に乗るのは5年ぶりくらいになるかも。
  1. 2009/09/27(日) 07:54:59|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葛藤。

明日から富士急ハイランドコニファーフォレストで行われる「ランティス祭り」。

明日は関東鉄道の試乗会があるということでパスなのですが、問題は明後日。個人的に大ファンであるeufoniusが出演する、ということで行くかどうかかなり悩んでいます。というのも、eufoniusのライブは非常に貴重なので(年に1回あったら良いほう)、めちゃめちゃ行きたいのですが問題はお金。
たかが1ユニットのために8000円払えるか、という問題。参考程度に書くと、過去のeufoniusのライブは大抵3000円程度。今回のライブ費用にさらに交通費もろもろを加えると結構な値段になるのであります。。。

今のところ行きたいなぁ、という気持ちですが後々の鉄道イベントのことを考えると・・・。
行きたい、でも行きたくない。悩むなぁ。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/09/25(金) 21:54:55|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宴の跡

20090922231619
本日は横浜桜木町でのBARギコONLINEのOFF会に参加し、今から帰るところであります。

何だかんだで数多くのOFF会に参加してきた自分ですが、やっぱりこのOFF会が一番楽しいなぁ、と感じつつ京浜東北線に乗って帰宅しているところであります。

マスター、鎖骨さん、伊蔵さん、草加さん、斜さん、アキラさんお疲れ様でした!
  1. 2009/09/22(火) 23:16:21|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ようやく、京成新AE形を撮りに行ってみた

8月27日以降、度々本線で行われている新AE形の試運転。自分も情報としては知っていたのですが、一番最近の19日分も含めスケジュールの都合でなかなか撮影できませんでした。
が、とうとう本日、試運転日と時間の都合がついたのでようやくではありますが、新AE形の試運転を撮りに行く事に。

ちなみに今日(21日)の新AE形の試運転スジはこんな感じ。

高砂10:43発4番線→小岩(7分停)→真間(5分停)→八千代台(26分停)→成田(1分停)→2ビル(5分停、折返)→成田(30秒停)→宗吾12:46着1番線入庫

という流れ。運番は試運転恒例のS○○ではなく、ライナー運用であるAEを名乗るのがここ最近の流れで、この日もAE25という運番でした。

とりあえず、八千代台の26分停車は惹かれるものの、まずは走行写真を撮ってなんぼでしょ、ということで採時駅で時間が掴みやすいユーカリが丘で撮影する事に。

芝山鉄道3600形@ユーカリが丘

新AE形を待つ間にも色々と撮っていましたが、目立つものをいくつか。
まずは芝山鉄道の3600形。8連なので芝山鉄道に入るのは本当に稀になりつつありますが。

京成3000形@ユーカリが丘

一見、普通の3000形ながらも唯一の8連である3001編成。
3000形の3002編成にフルカラーLED編成が現れましたが、出来ればフルカラーLEDは3001編成につけてほしかった・・・。

そして、本番の・・・

京成新AE形@ユーカリが丘

AE形キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

甲種時に見たっきりで、生の新AE形を見たのは初めてでしたが、いやーカッコいい!!京成が本気を出したといっても過言ではないほどのデザインで、奥に見えたときは一瞬新幹線が来たのかと思ってしまいました。
改めてみると、中央に集結させた4つのヘッドライトはなかなかグッドな感じ。何か、一瞬未来の鉄道な感じがします。

そして宗吾入庫に備え撮影後は宗吾参道に移動。

新AE形ロゴ

まずは側面のロゴを撮影。Sのはらいの部分がなかなか凝ってるな、というのが正直なところ。

新AE形フルカラーLED

そして京成初のフルカラーLED!
試運転表示は白一色なのであまり感動は無いですが、それでもとうとう京成にもフルカラーLEDの時代が来たか、というのを感じさせます。

そんなこんなで撮影しているうちにすぐに車庫に入庫。
これで今日は終えるかな、と思っていたらかの3300形ファイアーオレンジ色が金町線閉じ込め運用にいることを入手。いざ、金町線へ。

京成3300形ファイアーオレンジ@柴又

まずは柴又駅で一枚。
今まで復活した青電や赤電と違い、ファイアーオレンジは自分が子どものころに実際に見て、乗ったことのある頃の塗装なので非常に懐かしい限り。思えば、この塗装が登場したころの京成は塗装通り、経営が火の車だった、というのも有名なお話。

「上からまた経費減らせって言われたけどこれ以上減らすところ無いよ・・・」
「塗装を1色にすれば良いんじゃね?」
「それだ!」
「おい、今すぐモーンアイボリーとファイアーオレンジ、どっちがたくさんペンキが余ってるか確かめて来い!」


と、こんな笑えないネタがあったのも懐かしい。

さて、柴又駅で撮影したところで駅間のファイアーオレンジも撮ってみたいと思い、金町方へ少しだけ歩いて再度撮影。

京成3300形ファイアーオレンジ@金町~柴又

金町線閉じ込め運用なのでそう面白い感じはないものの、都会っぽいのに単線というのが逆に金町線っぽいかもしれんね。

さて、リバイバル3色がこれで揃ったわけですが、特に今後イベントとかあるわけではないみたいなので、是非とも宗吾での現色とからめた撮影会みたいのを開催してくれると嬉しいんだけど・・・ないよなぁ。

せめて千葉急の塗装も復活したらそれはそれで面白いのですが、どうでしょう京成さん?(笑)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/22(火) 01:51:38|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海地方への誘い ~大井川鉄道井川線編 PART 3~

どうも。ジャスト1週間くらい音信不通状態だったウナギです。
何でこんな状況になったのか話すため、先週1週間の様子を書き上げたいと思います。

12日:ポケモンHG・SS発売。「うはwwwwハヤト強ぇ。そしてアカネが鬼だwww」 →徹夜でポケモン
13日:相変わらずポケモン。ミカン可愛すぎ。相変わらず徹夜でポケモンそしてレポートは溜まったまま。
14日:授業開始。
俺「俺、全くレポート終わってないんだZE☆」
友人「末期で気が狂っとる」          →当然徹夜でポケ(ry
15日:レポートが溜まっていることに漸く危機感を覚え、まずは木曜提出のレポートを作成。勿論徹夜。
16日:危機感しかないはずなのにちょくちょくポケモンをやりつつ金曜提出のレポートも作成。徹夜
17日:とりあえず木曜提出のレポートは完成したものの、翌日提出のレポートがやばい感じなので更に徹夜。
18日:超ギリギリセーフでレポート完成(1時限目の提出なのに完成したの朝7時)。連日の徹夜で死にそう。にも関わらずポケモン。
19日(今日):徹夜続きの体調なのにバイト&教習所。「俺、死ねるかもしれんね('A`) 」

とこんな感じです。ここ一週間徹夜しか記憶が無いです。ええ。
今回の教訓
「レポートは溜めちゃ駄目だぞ。めっ」
・・・まぁ次も溜めちゃいそうな感じ満々ですが。

ちなみにポケモンの現在のパーティはこんな感じ。
くりむ(バクフーン♀) こやす(クロバット♂) いけだァ!(フーディン♀) 
フェイト(ジバコイル) ルナパパ(サナギラス♂) なかじま(オクタン♂)
分かる人には分かってしまうネタです。

さて、長い前置きはここら辺にして大分間隔が空いてしまった旅行の纏めの続きを。これが最終回でございます。

井川駅1

井川駅に到着すると、まずは駅舎の撮影。てっきり秘境の路線なので駅舎だけかな、と思いきや駅前には少しばかり商店があり観光客で賑わっておりました。

井川駅2

ちなみに井川駅はこんな感じの崖の上に立っている感じで、階段を下りていった先に県道があります。

井川駅3

駅構内はこんな感じ。左奥に見えるのが乗ってきた列車でして、帰りはこの列車で帰ることになります。
手前の線路はというと・・・

井川駅4

いきなりトンネルへ。
この線路はかつて井川線の貨物専用区間であった堂平駅に続いていた線路で、現在は廃線となっているものの、こんな感じで線路もちゃんと残っています。

大井川鉄道井川線DD20形@井川

もう少し散策して井川ダムまで行きたいところだったのですが、この列車を逃すと2時間くらい間隔が空いてしまうため、散策はそこそこにし帰りの列車へ。
ここからは普通の客車列車と同様に機関車が先頭となります。

大井川鉄道井川線DD20形@接阻峡温泉

途中、接阻峡温泉駅では色違いのDD20形と交換。噂によればこの塗装はDD20形登場時の塗装だそうです。

大井川鐵道C56 44@千頭

そして千頭駅に到着、大井川本線のホームに入るとタイ国鉄仕様(リアルタイム更新時にはインドネシア国鉄と勘違いしていました)となっているC56 44号機がちょうど到着。
写真では分かりませんが、よーく見てみるとボイラー周りが深緑っぽくなっていました。煤で一見真っ黒けですが。

大井川鐵道16000系@千頭

そして帰りは近鉄の元特急車である16000系で帰還。京阪ファンの自分としては3000系に来て欲しかったのですが・・・。

東海道本線211系@金谷

金屋に到着後は相変わらずの東海道線でひたすら東へ行き、普通どおりに帰宅。
ちょっとした浮気程度の予定でしたが、大井川鐵道井川線、なかなかのものでありました。

今度は冬とかに行ってみたいですね~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/20(日) 02:10:35|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海地方への誘い ~大井川鉄道井川線編 PART 2~

気がつけば「ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー」の発売が明日に迫った今日この頃。ポケモンのリメイクとしてはGBAのファイアレッド・リーフグリーンに続く第二弾ですが、個人的には今回のリメイクは前作以上に非常に楽しみ。ミカンに惚れたあの頃のときめきは10年経っても忘れません(何を言っている)。

とりあえず発売記念とでも称して、ダイパ白金混ぜてのWi-Fiでの対戦でも興じてみるのも面白そうだと思う今日この頃。とりあえず買ったらブログでコードを晒してみようかしら。

さて前回、大井川鉄道の旅はアプト式区間の終わりである長島ダム駅で終わっていますが、まだまだ続きます。

奥大井レインボーブリッジ

ひらんだ駅を過ぎ、奥大井湖上駅に着く寸前に見えるのがこの「レインボーブリッジ」。東京にも同じ名前の橋がありますが、実はこっちの方が名乗るのが先だったりします。

奥大井湖上駅1

そしてレインボーブリッジの上にかかる(というかホームの大半は橋の上)感じにあるのが奥大井湖上駅。駅の前後が橋になっており、一見しただけでは離れ小島の上に駅が乗っかっているようにも思えてきます。

奥大井湖上駅2

ちなみに付近にはコテージやらハイキングコースがあるせいか、結構乗降客があります。

奥大井湖上駅3

さらに付け足すと、そのハイキングコース、奥大井湖上駅を出ると井川線の鉄橋の隣を一緒に渡る感じになっているようで、一見すると保線用の通路のような部分が歩けるようになんています。

そして列車は接阻峡温泉駅を出て、昨日の小和田駅にも勝るとも劣らない名だたる秘境駅である尾盛駅へ。

尾盛駅1

ちゃんと見れば分かるかと思いますが左側のちょっと高くなった石段はホームではなく、右側の線路に沿ってほんの少し高くなった花壇のようなものがホームです。・・・ええ、見れば分かりますがホームの存在感一切ナシ。ホームが作ってあるんじゃなくて、ホームがかろうじて残っている・・・そんな存在ですよ。

尾盛駅2

ちなみに前の写真の左側にある石段の上にあるのは駅舎・・・ではなく倉庫。実際には駅名標とホームとは言いがたい低い足場だけの駅です。勿論、踏み切りなんて洒落たものは無く当然のごとく駅舎、もとい倉庫に行くには線路を横断する事になります。

尾盛駅3

ホームらしきものはこんな感じ。完全に砂場か花壇ですね。
ちなみに尾盛駅が開業した当初は井川ダムなどの建設に携わった人々の宿舎があったそうで、今はとてもそうは思えませんが医者なども居たそうです。
ついでに言うと、自分が乗った列車からは保線作業員の方が一名降りていき、接阻峡方面への線路巡回をしに行きました。当然ながら、一般の乗降客はナシ。

関の沢鉄橋

そして尾盛駅を出発しいくつかのトンネルを抜けると現れるのが、鉄道橋において日本一の高さを誇る関の沢橋梁。かつては宮崎県の高千穂鉄道にあった高千穂橋梁が高さ日本一でしたが、同線の廃止によって井川線の関の沢橋梁が日本一となっています。
ちなみに橋の下を流れる大井川の支流関の沢川は、写真では木々が覆いかぶさってしまいイマイチ見えにくいですが左上と右下に見えている地面の部分に流れています。

写真で見るとそう高く見えませんが、実際はかなり高く感じられます。ガクガクブルブル

そして閑蔵駅を出て、終点・井川に着く前に見えてくるのが2つのダム。

奥泉ダム

まず最初に見えてくるのが奥泉ダム。井川線にも奥泉という駅がありますが関連についてはイマイチ分かりません。
すぐ上流にある井川ダムと同時期に作られたダムで(完成は井川ダムの前年)、付設する奥泉発電所は大井川水系では最大の出力を誇るそう。ちなみに井川線からはこのように上から眺める事ができます。

井川ダム

そして終点井川到着寸前に見えるのがこの井川ダム。1957年に完成したダムで、ダム建設の際の資材輸送を目的として井川線は作られたという経緯があります。

と、終点前に二連続でダムを見たところで終点井川に到着。

終点、井川に到着

千頭から25キロちょいの路線でしたが、何だかんだで魅力が多すぎて、井川に到着するまでを2回に分けてしまいましたが、実はまだ続きます。長いなぁ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/11(金) 18:57:56|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海地方への誘い ~大井川鉄道井川線編 PART 1~

ランティス祭りに物凄く行きたいと思う、レポートが全然終わっていない今日この頃。出来ればmarble目当て&yozurinoセッションが期待できる9月26日も行きたいのですが、関鉄の試乗会に行くためここは我慢として、eufoniusが出演する27日だけでも是非とも行きたい限り。ただ、eufonius出演目当てだけに7500円(+交通費諸々で1万は超える)を払うのはちょっと悩む・・・。ぶっちゃけ、eufoniusと結城アイラ、あとは若干知ってるのだとJAM、橋本みゆき、新谷さん、栗の子くらいしか分からないので、かなり悩みます・・・。

と、レポートが終わってないのに、レポートが終わった後のことを考えている今日この頃。末期というより完全に現実逃避です。ああ、夏休みって短いなぁ。

前置きはこんな感じにしておいて若干空いてしまいましたが東海旅行のレポの続きです。そろそろ8月前半の四国旅行はどうしたんじゃ、とツッコミが来るような気がしますが、あえての東海旅行のレポです。
(要はバイトとかで忙しくて四国旅行はなかなか纏めていないだけですが)

で、飯田線を満喫した翌30日。宿泊地の浜松を出発し、今日は初乗車となる大井川鉄道井川線へ行こう!ということで、浜松から金谷へ。

東海道本線313系@浜松駅

もう若干飽きてきたような気がしますがまたまた東海道本線313系です。夏にあれだけ乗ってると、いくら地元じゃなくてもいい加減コメントとかが無くなってきます、ええ。

大井川鉄道21001系@金谷

そして金谷で大井川鉄道大井川本線に乗り換え。大井川本線というと、かつて(一部現在も)活躍していた関西の私鉄車がいろいろ走っているわけですが、自分が乗った際にはもと南海の「丸ズーム」こと21001系が来ました。
ワンマン設備とか色々とくっ付いている点もありますが、それでも塗装や内装(特に荷棚下のライトとか)はかつての栄光を偲ばせる感じで、まだ本番前なのに妙にレトロな感じを味わわせていただきました。

そして大井川本線の終着駅、千頭に到着。井川線に乗り換えます。

大井川鉄道井川線@千頭

千頭駅に到着後、本日の目的である井川線に乗車。一見、特殊狭軌線のようにも見えますが、JRの在来線と同じ軌間だったり。勿論、車体はかなり小さい(かなりの確率で頭をぶつけます)のですが、この小ささが何とも言えないワクワク感を醸し出します。例えていうなら、物凄く狭い秘密基地を誇りに思った小学生時代の心?といったところでしょうか。

ちなみに千頭駅から井川駅へ行く際は現在写っているこの井川方の先頭車に乗ることをオススメします。というのも、井川線は原則最後尾に機関車がくっ付いたままでなので、行きでしか前面展望を味わえないから。前面展望なんてマニアックな・・・とか思うかもしれませんが、素掘りのトンネルや急カーブ、しまいには日本唯一のアプト区間と普通の人でも十分前面展望を楽しめますよ~。

泉大橋

大井川本線の時とは打って変わり、井川線に入ると線路の周りが一気に狭くなりますが、上の写真の泉大橋付近までは隣を流れる大井川はまだそこそこの川幅を保っていきます。

そして泉大橋を過ぎると、井川線のハイライトであるアプト区間の入り口、アプトいちしろ駅に到着。

アプト式区間へ

アプトいちしろ駅のホームにて。今までと違い、二本のレールの間にもう一本レールが増えております。これが日本で唯一のアプト式鉄道の証であるラックレール。この先の長島ダムまでの区間は急勾配区間のため、真ん中のラックレールにピニオンギアという歯車をかみ合わせて登ったり降りたりするのです。
ちなみに誤解しがちなのはラックレールがある鉄道=アプト式鉄道ではないということ。ラックレールがある鉄道(ラック式鉄道)としてはアプト式以外にも、リッゲンバッハ式、シュトループ式など、ラックレールなどの形状が違う方式がいくつも存在します。

大井川鉄道井川線ED90形@アプトいちしろ

そしてこのアプト式区間で活躍するのがこのED90形電気機関車。こうやって見ると分かりますが、先ほどの井川線の車両と比べて異常なくらい細長いのが分かるかと思います。

最後尾にED90形を連結しいざアプト区間へ。

井川線アプト区間1

アプトいちしろ~長島ダム間で後方を望む。
この写真だとあまり分からないかもしれませんが、ケーブルカーなどを除いた鉄道最急勾配90‰(1000メートル進む間に90メートル上がる)区間です。乗ってると分かりますが、かなり登っている感じがします。

井川線アプト区間2

ちなみに脇を流れる大井川は恐ろしいほどの青色だったり。こんなことを言うのはなんですが、まるで絵の具で作ったような色。ただ毒々しい感じはなく、それよりも美しいと言う感じがします。
あと、奥の橋を見ると分かるかと思いますが、結構良い感じに斜めになってますよね?

長島ダム

アプト区間で最も目立つのがこの長島ダム。この長島ダムは大井川では唯一水力発電を行わないダムで、主に洪水などの治水・利水を目的としたダムであります。ちなみにこの長島ダム建設時には昔の井川線の区間が水没するということで、現在のアプト式の鉄道に切り替えられたという経緯があります。

ちなみに写真下の方にあるつり橋は「しぶき橋」という橋で、ダムの放水時にしぶきがかかることから命名されたそうな。ダム建設前の井川線もあの辺りを橋で渡っていたそうです。

アプト区間の終わり

そして短い間でしたがアプト式区間も終了、まもなく長島ダム駅に到着です。中央にあったラックレールもなくなりますが・・・奥の分岐器、何だか不気味な形をしていますね。

アプト区間の分岐器

奥に見えた不気味な形の分岐器、近くで見るとこんな感じになっています。端から見ると無理矢理線路の真ん中を空けているような形状。何故こんな形になっているのかというと、これもアプト式区間故のものだったりします。
というのも、アプト式区間のラックレールは通常の線路よりも低い位置に敷かれており、二本のレールとの位置関係としては凹な形になっています。つまりラックレールにかみ合うピニオンギアも二本のレールより低い位置にあるということで、分岐器のように線路が交差する地点ではピニオンギアの通り道を作らなくてはいけないため、こんな不気味な形の分岐器が存在するのです。

また、線路を間に入るものとして踏み切りもありますが、アプト区間の踏み切りもピニオンギアの通り道を作るべく、真ん中が凹んだ形になっています。

ちなみにかつてアプト式鉄道であった信越本線の碓氷峠はラックレールがレール面よりも高い位置にあったためこんな形の分岐器は存在しなかったそうな。井川線に乗る際にはこんな部分にも注目してみてくださいね~。

続く

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/10(木) 16:33:45|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと鉄道から離れて。

携帯からちらっと更新した通り、家族とちょびっとだけ米沢やら福島(主に会津)に行ってまいりました。今回は完全に鉄道抜き旅行ということで、殆ど鉄道を見ていません(唯一見たのは喜多方でのばん物)。

そのお陰か写真もあんまし撮っていません(家族専用のカメラマンだったので載せられる写真が無い)。

で、そんな中で奇跡的にブログに載せられそうなのがこれ。

2009会津旅行 そば畑

そば畑~♪

自分達が宿泊した民宿の女将さんが教えてくれた場所で、地図にも「日本一のそば畑」と書いてあった場所。ちょうどそばの花が満開の時期で、こんな感じに一面が白い絨毯のようになっていました。

ちなみにこの場所、そば畑と道路以外何も無いので見るだけでも十分お腹いっぱいになる場所だったり。よく写真とかで綺麗な風景でも、実際に行くと電線とかが走っててちょっとガッカリ、なんてこともありますがここは写真のまんまの風景(というか、実際は写真以上に綺麗)なので気分的にも非常に良いものを見させてもらいました。

追伸:
ホントは壁紙サイズでアップしたかったのですが、FC2の鯖に容量オーバーで弾かれorz

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/09/07(月) 01:17:34|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さりげなく

20090905163532
何の予告も無く米沢やら会津やらに来ています。

喜多方ラーメンうまー。
  1. 2009/09/05(土) 16:35:35|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海地方への誘い ~飯田線 小和田駅編~

前回の日記に続き、東海地方の旅行の纏めの続きです。
佐久間レールパークを後にし、次に自分が向かったのは飯田線の小和田駅。鉄道マニアでは知らぬものは居ないとされるほどの秘境駅として知られており、携帯から書いたとおり、よっぽどの準備をしていかない限り駅からの脱出がほぼ不可能な駅でございます。

実は2年位前に飯田線は完乗しているのですが、未だ秘境駅の小和田駅に行った事が無かったため、今回の佐久間レールパーク旅行と組み合わせてみました。

飯田線 小和田駅1

まずは駅舎。見かけはかなり年季の入った感じがしますが、右側の軒下部分の柱が新しくなっていたりと、全く整備されていない、というわけではないみたいです。

飯田線 小和田駅2

構内はこんな感じ。2年位前に飯田線を走破した際には小和田は行き違い可能な駅だったのですが、いつのまにやら1面1線のホームになっておりました。ちなみに線路が剥がされた反対側のホーム跡も行こうと思えば行けます(但し、駅の両側がトンネルと見通しが悪いのであまりオススメしませんが)。

飯田線 小和田駅3

先の構内写真の撮影地点から大嵐駅方を望んだもの。
右に写っているのは昔の貨物ホーム跡だそうで、保線用の側線が残っています。

飯田線 小和田駅4

駅舎の中。この古さを見たときは、今は無き関東鉄道の騰波ノ江駅を思い出してしまったものです。そして、電話が無いのに何故か公衆電話マークだけが残っているのが何とも言えない寂しさを感じさせます。

飯田線 小和田駅5

駅から出たところの風景。写真を撮っている地点の道は、奥に見える小さな東屋の辺りでUターンをしており、右側の廃屋の横に通じています。国土地理院の2万5千分の1地形図(三河大谷)によれば、この道は天竜川と飯田線に挟まれるような形で続いているようで、中井侍方にずっと歩いていくと県道1号に通じる平神橋に辿り着くようです。おそらく、これが一番簡単な小和田駅からの脱出方法ではないかと思います(といってもまともな道では無さそうなことは確か)。

飯田線 小和田駅6

流石にこの期に及んで県道1号まで脱出する気にはなれないので、天竜川が綺麗に見える地点までちょこっと散策し、天竜川を撮影してみたり。夏なので木々は緑に染まっていますが、秋とかに訪れたらさぞかし紅葉が綺麗なんでしょうね。

373系特急伊那路@小和田

そうこうしているうちに(ワイドビュー)伊那路4号の通過時刻が迫ってきたため駅に帰還、ホームから撮影してみたり。
秘境駅で特急を撮影するというのもなかなかオツなものですな。

119系@小和田

そして今度は反対方向から小和田17時17分発の天竜峡行きが来たのでこちらも撮影。相変わらずローアングルで撮影。下気味から取るだけでも迫力があるんですが、更に実際にはトンネルからゴォッーーーーと出てくるわけでして、写真以上に迫力があります。

さてこの列車を撮影すると自分が小和田駅を脱出するための17時51分発の豊橋行きまであと20分足らずとなったわけで、残り少ない時間を駅舎のベンチでボーっと佇んでおりました。辺りには虫の音や森の木の葉がこすれる音、そして水の音と徹底的に人間が発するような音が無いわけでして、究極の孤独ってこういうことを言うんだろうな、と思わず感じてしまいました。
以前、上越線の土合駅で駅寝を敢行した際も孤独というのを体感しましたが、極力人工的な音が排除された小和田駅はそれとはまた違った孤独を味わう事ができました。

また時間があったら(冬にでも)来てみたいものです。

続く。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/04(金) 21:52:11|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。