スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3つの急行と日本最長普通列車を求めて(3)

どうも。随分と更新をサボってしまいましてすみませんでした…。
某所では9月26日に更新する的なことを言ってしまいましたが、実はレポートでそれどころではなく…。

旅行記の前置きでこんなことを書くのもどうなのかと思うのですが、先々週くらいは物凄い悲惨な週でして。。。
何が悲惨って

1、9月17日に当落が発表される奈々さんのオケライブFCチケット抽選で両日落選。
2、auから自分が使っているIS01でメールが使えなくなるという残念なお知らせ。
3、事前にカスタマーセンターでIS01の代替機を貸してくれると言ったのにもかかわらず、auショップで何故か代替機を貸してくれない(カスタマーに確認とってもそんな記録は無いという始末)。
4、そのどさくさに紛れて財布を無くす(翌日、無事発見。中身もそのままで一安心でしたが…)。

と、おそらく今年分の不幸を一気に味わった感じでした。もうあの時の自分の落ち込み様はマジで異常でしたね…。
U所長さん、オケライブ落選してしまってスミマセン。。。とりあえずスマギャン先行(あるのか?)と一般発売に賭けてみますがおそらくかなり難しいので本当に期待しないで下さい。。。

…さ、さて気を取り直して旅行記の続きでございます。前回は直江津から酒田までを書きましたが、今回はそこから一気に1日目の宿泊地である青森まで書いていきたいと思います。


第6ランナー
158D 陸羽西線 普通(キハ110系) 酒田(11:45)→新庄(12:49)


20100821017.jpg

ただ羽越本線で北を目指すのはつまらない!ということで、酒田で「いなほ1号」を下車し陸羽西線へ乗り継ぎ。

実は、「いなほ1号」から接続する陸羽西線158Dまで約1時間半のインターバルがあったので、昼食を補給しがてら山居倉庫とか本間美術館とか酒田っぽい観光地へ行こうと思ったのですが、外は灼熱地獄&酒田駅前の商店街はシャッター通り状態&山居倉庫何処だかワカンネという状態だったので、おとなしく冷房の効いた待合室で過ごしてました。

流石に今年の夏に外をブラブラは辛いとかいうレベルではなく、一歩間違えれば死と隣り合わせの世界ですからね…。冷房サイコー。

さて、酒田から乗り継いだ158Dはキハ110系の2両編成。よく見ると側面のアクセントカラーは陸羽西線用のキハ110系に施されている赤色ではなく、何故か陸羽「東」線用の黄色…。どうやらよくあることのようで、両線で運用の区別とかはあんまししてないみたいですね。

陸羽西線の別名:奥の細道最上川ラインが表す如く最上川沿いの風景を堪能…と思いきや、ここでも爆睡…。気付けば新庄の1つ手前くらいになってました。初乗車だったのに勿体無い事をしてしまった…orz

20100821018.jpg

新庄駅では山形新幹線のE3系2000番台も撮影。実はこれもこの時が初撮影だったり。よくよく考えるとE3系も1997年の秋田新幹線開業の時に出来た形式ですから、試作車誕生の1995年から考えると10年以上に渡って製造された形式ということになりますね。
初代新幹線の0系には敵いませんが、それでも随分と長きに渡って製造された形式なんだなぁ、と実感してしまいます。

20100821019.jpg

そして新庄駅で乗り継ぐ相手の奥羽本線2443Mとの並びを。実は両者の乗り換え時間はたったの4分だったり。新潟での5分乗り継ぎ以上に慌しい乗り継ぎです。


第7ランナー
2443M 奥羽本線 普通(701系) 新庄(12:53)→秋田(15:22)


20100821020.jpg

4分の慌しい乗り継ぎで乗ったのは2443M 奥羽本線の普通列車秋田行き。奥羽本線で唯一、特急が走っていない一種のボトルネック区間を走破する普通列車です。

山形新幹線が新庄まで延伸する前まではこの区間には特急「こまくさ」が走っていたのですが、それも新庄延伸と同時に廃止、山形~秋田県境で旅客流動もあまり無いというのを見込んだのか、現在では朝に湯沢~秋田間の快速が残るのみとなった、地味な区間ですね。

ちなみにあとの乗り継ぎ相手である特急「かもしか5号」のことを考えると、後続の2447Mも悪くはないのですが、この冬の東北新幹線八戸~新青森間開業で大変革が予想される「かもしか」をじっくり撮っておきたいことを考えると秋田での5分乗り継ぎは心もとないことから、普通にこの2443Mに乗り継ぎました。

さて、新庄を定時に発車した2443Mは泉田、羽前豊里、真室川と停車していきいよいよ県境区間へ。ちなみにこの2443Mは701系の2両編成ですが、昼時なのもあってか立ち客は全く出ない状態。真室川である程度まとまった下車があり、県境区間ではロングシートに1人くらいという非常に寂しい状況でした。

20100821021.jpg

この県境区間で忘れてはいけないのが難読駅名で有名な覗き…ではなく及位(のぞき)駅。べ、別にエロいこととかそんなのは考えてないんだからねっ。
…まぁ、この駅のある地名の由来はある意味「覗き」なんですけど。(詳しくは「及位 由来」とかでググって下さい)

20100821022.jpg

途中、十文字駅では上り2442Mと行き違い。自分の乗った2443Mは横手までワンマン運転でしたが、こちらはワンマン表示をしてない辺り、湯沢か終点の新庄までツーマンで行くんですかね。

20100821023.jpg

そして秋田新幹線&田沢湖線が合流する大曲を過ぎると乗ってくる人も増え、また対抗列車も秋田新幹線が加わるようになってどちらも一気に賑やかになります。

20100821024.jpg

この大曲~秋田間の秋田新幹線が併走する部分のうち、神宮寺~峰吉川間は秋田新幹線が行き違えるよう三線軌になっていますが、その部分の刈和野~峰吉川間にある、三線軌から通常の線路に変わる部分もちゃっかり撮影。普通に新幹線に乗っているとあっという間に通過してしまう部分ですが、普通列車だとこういう部分もじっくり観察できますね。

そんなこんなで秋田に定時に到着。久々に再開した元カノと遅い昼食を摂りつつ、青森で合流する所長さんやネオンさん、Zenigataさん、秩父路号さんに渡すお土産として秋田銘菓のもろこしを購入。個人的には秋田というと完全にきりたんぽなイメージなんですが、もろこしってのもあったなぁ、とお土産を選んでいる時に思ったものでした。


第8ランナー
2045M 特急「かもしか5号」(485系) 秋田(17:30)→青森(20:00)


20100821025.jpg

さて、本日のラストを飾るのはこの12月の東北新幹線新青森開業に伴うダイヤ改正で大きな変化が生じる特急「かもしか5号」。現地でのリアルタイム更新では「予想される」みたいなことを書きましたが、つい先日ダイヤ改正の内容が出てきた結果、大きな変化が生じる事になってしまいました。

2010年12月ダイヤ改正について(PDF形式)

ダイヤ改正の内容によると、秋田~新青森・青森間の特急は現行の特急「かもしか」から特急「つがる」へ愛称が変更されるとのこと。これで1997年の秋田新幹線開業によって誕生した特急「かもしか」の愛称は消滅する事になります。

また車両関係についての記述は未だ無いものの、おそらく現在八戸~青森~弘前間の特急「つがる」に使われているE751系、もしくは白鳥運用からあぶれた485系3000番台が、この特急「かもしか」の後を引き継ぐ新しい特急「つがる」に使われるようになる可能性が非常に高いことから、このかもしか色の485系ともお別れになる可能性が非常に高いものと思われます。

要はこの特急「かもしか」にとって今年の夏が最後の夏だった、ということになりますね。

さて、今回の旅行ではあまり特急を使わない自分もこの秋田~青森間で特急を使うわけですが、その理由は前述のとおりお別れ的な意味合いが強いものの、実はこれ以外にも理由があったりします。

それは乗り継ぎ割引。この旅行記のタイトルから分かるように、翌日には急行「はまなす」の乗車が控えているわけですが、この特急「かもしか」と急行「はまなす」を当日、または翌日に乗り継ぐと急行「はまなす」の急行料金が半額になるという乗り継ぎ割引が適用されるので、それ狙いもあって特急「かもしか」に乗ったわけでございます。

20100821026.jpg

この時は無くなるかもしれない、ということで行先表示もしっかり撮影。この表示もものの13年の短い生涯で消えてしまうわけですな…。

20100821027.jpg

ついでに普通車の車内も。実はこの特急「かもしか」用の485系、シートの表地で新しいように見せかけているものの、実は昨日乗車した快速「ムーンライトえちご」に使われていた183系と同じく、1段階しかリクライニングしない簡易リクライニングシート。トラップとまでは言いませんが、それでもちょっと残念な仕様ですね…。

元カノの見送りもあって、特急「かもしか5号」は定刻に秋田を出発。森岳辺りまで明るかった車窓も、東能代、二ツ井と停車するに従ってあっという間に暗くなり、車窓は真っ暗になってしまいました。秋田内陸縦貫鉄道の接続駅である鷹ノ巣、花輪線との接続駅である大館を過ぎると、秋田県から青森県へ突入し碇ヶ関、大鰐温泉と停車。最後の停車駅である弘前を出るとジャスト30分で終点の青森へ到着しました。

20100821028.jpg

青森に到着後、すぐに撮影…と思いきやあっという間に回送幕に…。うーん、残念。

20100821029.jpg

最後に青森駅の駅名標を撮影して本日の〆。
改札口で三沢やらをぐるぐる周ってきたらしい所長さん、ネオンさん、Zenigataさん、秩父路号さんと合流、青森駅前で一緒に夕飯を食べ、駅前の東横インにチェックインして本日は終了となりました。

(つづく)

←その2へ
→その4へ
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/28(火) 23:51:39|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長野総合車両センター


169系快速「リバイバル信州」を撮影したあとは長野総合車両センターを見学。
噂のリゾートハイブリッドトレインHB-E300系「リゾートビューふるさと」も展示されておりました。

10月2日の運行開始にも行きたいけどレポート提出があるしなぁ。
  1. 2010/09/25(土) 15:05:11|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵は鯛尽くし!!



香味さんで夕飯中。
今夜は鯛のお刺身、そして鯛鍋と鯛尽くしの夜です(笑)
  1. 2010/09/24(金) 21:48:17|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香味さん


当ブログのリンク先にもある季節料理香味さんにお邪魔中。
今回の旅の目的だっただけに、楽しすぎるw
  1. 2010/09/24(金) 19:04:11|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知多半田なう


武豊線に乗車して名古屋へ戻るとこ。
噂の知多半田ですよ、奥さん。
  1. 2010/09/24(金) 13:59:07|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋はええよ


つーわけで、名古屋におります。
今回は特にリアルタイム更新はしませんでしたが、その代わりにTwitterでかなりつぶやいております(笑)

ちなみに今日は雨の中、ほぼ1日かけて名古屋市営地下鉄の車両を撮影していました。明日は今日の撮り残しを撮影するか、伊勢くらいまで足を伸ばそうか考え中です。


そういや例のメールトラブルですが、無事今朝復旧となりました。ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
  1. 2010/09/23(木) 18:12:21|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テスト記事です。


IS01のメールトラブル解決のためのテスト記事です。

追記:
現在、当方携帯のIS01がメールトラブルのためキャリアメール(@ezweb.ne.jp)が使えない状態になっております。(詳しくはコチラ

当方ではメールの受信不可になるのを避けるため、現在は別手段でキャリアメールと同じアドレスでメールを送信していますが、その影響として受信側でなりすましメール拒否設定などをされているとメールが受信出来ないことがあります。
  1. 2010/09/21(火) 23:36:18|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3つの急行と日本最長普通列車を求めて(2)

どうもこんばんは。
無事(?)一昨日、某資格の試験を終えた人間です。
ここまでひたすら某資格某資格と伏せてきましたが、一応旅行関係の資格だとだけ言っておきます。まぁ自分が取るような資格ですからそれほど大した資格じゃないのは何となく想像がついているかと思います(と言っても、一応国家資格だけどね。あ、ここまで書いたら完全にバレてるか)。

某専門学校(ウチの資格講座を担当してるところ)の解答速報を見る限り、何とか合格っぽいですが、いやはや結構試験は酷い感じでしたよ。もう何か、あまりにも問題がマイナー過ぎて。屋久島の杉の名称なんて縄文杉しか知らねーよ!
挙句の果てに、その解答速報を出す専門学校ですら解答を間違える始末(自分が指摘したら「それについては他言無用で」と口止めされましたが、俺がタダで口止めするわけが無いですよ?)。資格に精通した専門学校の先生ですら間違える問題作るとかアンタ酷すぎ(分かる人には分かる洒落)。

さて、ちょっとした愚痴な前置きはこの辺にしておいて本題の旅行記の続きを。

20100821008.jpg

高崎で乗車した急行「能登」ですが、これから北海道へ行く人間が金沢へ行っては流石にマズイ(というより、このまま行くと北海道&東日本パスの範囲から外れてしまう)ので眠い目をこすりながら直江津で下車します。
旅行出発日も普通にバイト&大学だったことから、この時点で24時間以上起きていることになるので、直江津の待合室で軽く休むことにしました。待合室が開いていて良かった…。

20100821009.jpg

と言っても、次の列車まで何もしないというわけではなく、撮影したいものもあるので結構ウロウロしていますが…。

まずは直江津5時26分発の快速「妙高2号」。今は新幹線となった特急「あさま」の長野~直江津間の廃止部分を快速列車として受け継いだ列車で、車両も特急「あさま」時代と同じく旧あさま色の189系が使われています。
特に貴重なのは写真の「妙高2号」。現在の「妙高」号は大半が普通列車なのですが、この2号のみ細々と快速として生き残っています。…と言っても快速区間は妙高高原駅までですが…。

20100821010.jpg

快速「妙高2号」の方向幕。通常は「快速」と書かれている部分が「普通」と書かれていますが、この2号のみはしっかり「快速」表記。既に「妙高2号」専用幕ですね。

20100821011.jpg

ほくほく線の始発の快速3821M。車体はNDCタイプのを踏襲してますが、車体色とかは結構好きです。北陸新幹線開業後はどうなるのかしら。。。

20100821012.jpg

直江津駅の隅っこで寝ていた真っ青なヤツ。そういや475系の青塗装は大分増えてきたみたいですが、413系の青はまだ出てきませんね~。


第4ランナー
501M(新津から快速3527M) 急行「きたぐに」(583系) 直江津(6:17)→新潟(8:29)


20100821013.jpg

直江津からは急行「はまなす」と共に最後の定期急行列車となった急行「きたぐに」に乗車。わざわざ高崎で「能登」に乗り継いでまで直江津に来たのは実はこれに乗り継ぐため。
北陸新幹線開業までは大丈夫だろ…と推測されていた寝台特急「北陸」と急行「能登」がそれぞれ廃止・臨時化となった今、老朽化が著しい583系を使う急行「きたぐに」の存廃も正直怪しいと見て、今回「北海道&東日本パス」が全ての急行列車に別料金を払えば乗れるようになったことから、何とか行程に組み込みました。

この急行「きたぐに」、車体の色を除けば自分が新潟に住んでいた15年くらい前までと殆ど変化が無い列車なんですよね。当時は上沼垂の留置線の近くに住んでいたことから頻繁に線路まで行って、そこで寝ている583系を眺めたものでした(時折「東北夏祭り」なんていうヘッドマークを出していたのも良い思い出)。

そんな身近な存在だった急行「きたぐに」ですが、実は乗車となると殆どなく、未だに全区間を通しで乗ったことはありません。いつか全区間通しで乗ってみたいんですが、なかなか絡めづらいんですよねぇ。

ちなみにこの日の乗車率は夏休みの週末発の列車ながら、自由席は1ボックスに2~3人程度、直江津から何としても座って寝たい自分が乗ったグリーン車もそこそこ乗っていました。残念ながら寝台車は良く分かりませんでしたが。

そんなこんなで乗ってみたいと思いつつも前日からの疲れで急行「きたぐに」の乗車は爆睡で終わりましたとさ…。

20100821014.jpg

ちなみに新潟到着時にこんな並びも撮影。顔つきや塗装は大分違いますが、485系と583系が定期的に並ぶのってここくらいなのでは?


第5ランナー
2001M 特急「いなほ1号」(485系) 新潟(8:34)→酒田(10:46)


20100821015.jpg

急行「きたぐに」から5分の乗り換え時間で乗り継ぐのは特急「いなほ1号」。今回の旅で使っている「北海道&東日本パス」は普通列車か急行列車に乗車できるものなので、原則特急は使わない予定なのですが普通列車の本数が少なかったり急いだりといった理由で、場所によっては別に乗車券を購入して特急を使っています。

この特急「いなほ1号」も羽越本線の村上以北の列車が少ないこと、今日中に青森に着かなくてはならないことなどの理由から新潟~酒田間で使うことにしました。勿論、乗車券も学割を使って極力安く仕上げたり。

20100821016.jpg

で、特急「いなほ1号」でも相変わらず爆睡(まぁ乗ったのが通路側というのも理由ですが…)。本来であれば景勝地である笹川流れとかも撮影すべきだと思うのですが、とりあえず日本海側に出たときに一瞬目が覚めた場所で撮影したこの1枚のみ。
うーん、やはり夜行で行くと特急とかではつい爆睡してしまいますな…。

そんなこんなで寝たままあっという間に酒田に到着。ここから素直に北を目指しても良いのですが…。

(つづく)

←その1へ
→その3へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/14(火) 03:11:36|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3つの急行と日本最長普通列車を求めて(1)

どうも。明日には某資格試験が迫っている人間です。
とりあえず勉強しなくてはいけないのですが、ブログの更新が完全に放置気味なのであえてブログの方を優先してみた次第。

さて、いよいよ始まりました。2010年、夏の旅行記。
どれだけ続くか分かりませんがとりあえず予想はPART10くらいで終われば良いな、なんて思っていたりします。

と、本題の旅行記に入る前に少しだけ前置きというか解説的なものを。

リアルタイム更新でも少し書きましたが、今回の旅行の主目的は勿論、今年12月に控えた東北新幹線新青森開業に伴って変化が予想される列車を記録するということ。
…とこれは実は表向きの理由、本当の目的は数少なくなった定期的に走る(定期列車ではない)JRの急行、そして日本最長普通列車(定義:同一列車番号で走り通す)2429Dに乗車する、という2つの目的がありました。

そもそも今年の夏は夏季休暇中にも大学に行かなければならないという、休暇じゃないじゃん、と突っ込みたい夏休みでありまして、その中で唯一自由になれる8月21日~25日(正確には20日の夜から)の5日間を使って何が出来るか、と考えた結果、あの最長普通列車に乗ろう!ついでに現代に残る急行も一回で制覇しちゃおう!と考えたわけでございます。

旅行目的を書いたところで、さらに今回の旅行記では従来と異なる点もあったりします。
それは列車番号ごとに話を区切る、という点。今までは○○系の普通列車~という風に書いていたものを、時刻表の上欄に載っている列車番号で記していく、という手法です。

この手法、鉄道系の旅行記ではよくあるパターンなのですが、今回はただの名も無い、しかし日本最長である普通列車2429Dのことを書く以上、他の列車なども列車番号ごとに分けてはっきりさせていこう、と考えたわけでございます。列車番号ごとに区切る以上、当然ながら話の中でも列車番号はバンバン出てくる予定です。

一般の方にはさらに読みにくくなるように感じるかもしれませんが、今回の旅行の趣旨上、やっておいたほうが良いと考えたための措置ですので、ご了承いただければと思います。
何とか鉄道系ではない、一般の方にも分かりやすいレポを心がけて行きたいと思いますので…。

以上、長い前置き終わり。
それでは2010年夏の旅行記「3つの急行と日本最長普通列車を求めて」を楽しんで頂ければ…と思います。


第1ランナー
2145T 都営新宿線 各駅停車(10-000形) 本八幡(21:01)→新宿(21:41)


20100821001.jpg

8月20日、今回の旅行の1番手はいつもお世話になっている都営新宿線の各駅停車。今回の旅行では7日間使える北海道&東日本パスを使っているので、単純に新宿に行くのであれば総武緩行線に乗っても良いのですが出来れば座って行きたい、そして写真も安全に撮れる都営新宿線を選択しました。

というか、この日は朝はバイトに行き、そのまま大学へ直行、そして一旦帰宅後旅行と、初っ端から結構ハードなスケジュールでありまして、出来れば座って寝たい…というのが本音です、はい。
(実際、新宿で寝過ごしそうになりました)


第2ランナー
8763M 快速「ムーンライトえちご」(183・189系) 新宿(23:10)→高崎(0;59)


20100821002.jpg

第2ランナーは自分が北へ向かう時は定番の快速「ムーンライトえちご」。…実際は馬鹿行動でこれで北へ行くわけではないのですが、今年3月のダイヤ改正で車両が従来の新潟の485系から幕張の183・189系に変わってしまったのであえて盛り込んでみました。

そういやこの日の「ムーンライトえちご」、運転手さんの都合なのかは分からないですが、なかなかヘッドライトを点けてくれなかったせいか、ホーム先端で大分多くの同業者が溜まってましたね。自分は高崎までなので高崎で撮影するチャンスもありますが、普通はここで撮り損ねたら最後まで撮れないもんなぁ。

さて、車両が165系→485系ときてここで3代目の車両となった「ムーンライトえちご」ですが…個人的には乗り心地は微妙…。まぁ所詮快速列車なので贅沢は言っては良くないのですが、それでも165系時代から続くリクライニングシートが簡易なもの(1段階しかリクライニングしない、通称バッタンコシート)に変わってしまったのはちょっと残念なところ。あと、たまたまだったのかもしれませんがこの編成、車体外観がボロボロすぎてちょっとアレでしたね…。「えちご」も先は長くないってことなのかしら…。

20100821003.jpg

先は長くないのかしら…と言っても、実は幕はちゃんと新しくなってたり。新潟の485系時代は黒地に白字の幕でしたが、幕張の183・189系に変わってからは紺地に白字と少しだけ変化してたりします。勿論、レディースカー用の幕もきちんと装備しておりこちらは従来どおり黄色地に黒文字となっていました。

20100821004.jpg

そんなこんなで2時間ほど3代目快速「ムーンライトえちご」を堪能し高崎に到着。せっかく指定券を取っておきながらですが、ここで乗り換えます。新宿駅ではヘッドライトが点灯したものを撮影できなかったのでここでも撮影。


第3ランナー
8611M(長岡から8601M) 急行「能登」(485系) 高崎(1:09)→直江津(4:16)


20100821005.jpg

高崎で乗り継ぐのはこの日の寝床である急行「能登」。今年3月の臨時格下げとなってしまった急行列車で、乗車するのも2月末以来。車両も随分アレだった489系から毎回綺麗に整備されている新潟の485系に変化しました。ボンネットじゃなくなるのは寂しいですが、車両が綺麗なのは有り難いですね。ちなみに先ほど書いたとおり、この485系は今年3月まで前に乗った快速「ムーンライトえちご」に使われていた車両です。

貧乏旅行なのに急行なんて乗っちゃって大丈夫?という声が聞こえてきそうですが、今回使ったのは青春18きっぷではなく北海道&東日本パスという、18きっぷの東日本・北海道版の切符。内容は殆ど18きっぷと同じなのですが、今年から北海道&東日本パスは急行列車も別料金を払えば乗車OKとなったので、今回は有り難くその効力を享受しようと考えたわけでございます。

20100821006.jpg

ちなみに急行「能登」の幕も車両変更に伴って、これまで使われてた国鉄っぽい書体からゴシックっぽい書体に変化してました。時間が無かったのでレディースカーまでは調査してませんが…。

20100821007.jpg

最後に強引ながら快速「ムーンライトえちご」と急行「能登」の並びを撮影。別な言い方をすると快速「ムーンライトえちご」用車両の新旧の並びとも言えますね。

これらを撮影したところで急行「能登」に乗車。この日の寝床とは言いつつも、直江津で下車しなくてはならないのでまともに寝てはいません(笑)

(つづく)

→その2へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/11(土) 12:02:47|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。