スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(3月9日)

旅行14日目(3月9日)

南宮崎から乗車した「ドリームにちりん」は平日ということもあって、先頭や最後尾のグリーン車を除けば、ガラガラ状態。延岡までは一応様子見をしていましたが、混んでくる気配も無いので昨日とは別の意味で存分に足を伸ばして睡眠、気がつけば折尾を出発しておりました。さすがに2晩連続で夜行だと確実に寝ますね・・・。


第101ランナー
2003M 特急「かもめ3号」(885系) 博多(6:37)→二日市(6:49)


0309001.jpg

博多からは一区間だけ特急「かもめ3号」に乗車。通常ならよほどの事が無い限り絶対にやらない行動ですが、今回は特急の自由席が乗り放題ということでバンバン使っていきます。

0309002.jpg

さて、二日市駅に到着後まずは上りホームで撮影。やって来たのは813系の後期に製造されたLEDがめちゃくちゃデカいやつ。個人的には前期製造分の幕のが好み。こっちは何だか無理矢理取り付けました感がハンパ無いので・・・。

0309003.jpg

そして813系の前期製造分。こっちの方が整った顔立ちです。乗り心地も悪くないですし、JR九州の近郊型では一番好きな形式です。

0309004.jpg

811系。JR九州発足後、初めて導入した近郊型車両ですがこれもこれで初めて見たときは結構斬新な車両でしたね。個人的には「三井グリーンランド」色とかも好きでした。

さて、上りホームで張っていた理由は12両編成で運転される2002M 特急「かもめ2号・みどり2号」の撮影なのですが、光量不足で失敗。まぁ下りもあるので特に問題があるわけではないのですが・・・。

0309005.jpg

今度は下りホームの上り方に移動して撮影再開。まずは813系の回送。

0309006.jpg

2007M 特急「かもめ7号」。うん、外観のデザインは良いんですよ外観は。
・・・それにしても885系の「AROUND~」編成には出会わないなぁ・・・。

0309007.jpg

そしてまたまた813系。そういや鹿児島本線の撮影地というと、ググッてみると駅撮りでは原田駅がダントツしている感じなのですが、二日市もなかなかの場所だと思ったり。特急も停車してくれるので、今回のような旅行では行動面でも非常に撮りやすい駅でした。

0309008.jpg

3M 特急「リレーつばめ3号」。おそらくこの日一番乗車する形式はこの787系でしょう(笑)

0309009.jpg

暇なのでパンタグラフから上がるスパークを撮ってみたり。目にする時点では眩い光しか感じられないのですが、実際はこんな感じに煙っぽいのが出るんですね。

0309010.jpg

またまたまた813系。さぁもう書くことが無くなってきた(汗)

0309011.jpg

そして今回の目的である2009M 特急「かもめ9号・みどり3号」6003H「ハウステンボス3号」。今回のダイヤ改正で消滅した3層建て列車であり、編成も堂々の12両と九州内では異彩を放っていた列車でした。いやはや、ここで撮影した中では断トツで長かった列車でした・・・。


第102ランナー
37M 特急「リレーつばめ37号」(787系) 二日市(8:48)→新八代(10:20)


0309012.jpg

本日の最初の目的である「かもめ・みどり・ハウステンボス」の3層建て列車を撮影したところで、次なる目的地へ。二日市から37M 特急「リレーつばめ37号」で大変革が予想される新在乗換駅である新八代へ向かいます。もちろんご存知の通り、この「リレーつばめ」という列車もダイヤ改正で消滅する列車の1つであることも忘れてはいけませんね。

0309013.jpg

目的はもちろん、37M 「リレーつばめ37号」から5337A 「つばめ37号」への乗り換え風景。ここでのみ展開されていた在来線特急→新幹線への平面乗り継ぎで、2004年の九州新幹線新八代~鹿児島中央間開業時に採られた暫定的な措置で、約7年間に渡りこれが見られましたが、今回の九州新幹線全線開業でお役御免。このような光景も見納めとなりました。

0309014.jpg

ついでに・・・ということで、鹿児島中央からやってきた5304A 「つばめ4号」も撮影。本来であれば今回で旅行では800系に乗ることはない予定でしたが、後ほど発生する事件で乗車することになります。

0309015.jpg

新幹線「つばめ」の新八代行き表示。全線開業後は新八代駅は1通過駅に格下げされてしまうので、この表示も見納めとなります。


第103ランナー
4M 特急「リレーつばめ4号」(787系) 新八代(10:34)→熊本(10:55)


0309016.jpg

新八代での平面乗り継ぎを撮影したところで、先ほど「リレーつばめ37号」として乗車してきた列車の折り返しである特急「リレーつばめ4号」で折り返し。またまた1区間乗車で熊本へ向かいます。

0309017.jpg

もちろん、「リレーつばめ」幕も今回のダイヤ改正で消滅してしまうので、しっかり撮影をしておきます。


第104ランナー
1445M 豊肥本線 普通(815系) 熊本(11:11)→光の森(11:39)


0309018.jpg

さて、熊本からは豊肥本線の普通列車に乗車。前々から気になっていた、まるでゲームのダンジョンのような駅名の駅「光の森駅」へ移動します。勿論、装備は「ヒノキの棒」「ナベのふた」です(爆)

0309019.jpg

そしてダンジョン「光の森」の最寄り駅である「光の森」駅に到着!旅半ばでウナギはボスにやられ、死んでしまうのか!?(爆)

0309020.jpg

ご親切にもホームには「光の森」と看板があります。さすがダンジョンの入り口、定番の目印看板はしっかり立っていますね(爆)

0309021.jpg

ダンジョン入り口の駅舎もしっかり撮影。いやはや、21世紀の現代版RPGは建物も現代的ですな。
さてと、セーブもしたことだし、いざダンジョンへ突入!

0309022.jpg

・・・何もありませんがな。
敵どころか「光の森」なのに、「森」すら無いという見事な詐欺っぷりですがな。

おふざけはこの辺にして、実はこの「光の森」という駅名、由来はこの辺り一帯に広がるニュータウン「光の森」が由来。何故、ニュータウンの名前が「光の森」なのかは分かりません。まぁぶっちゃけた話、「ゆめが丘駅」と名乗っておきながら、乗降人員が線内最下位という、夢という悪夢だった駅もあるくらいですし、気にしてはいけないんでしょう。

ちなみに目の前にある大きな建物は「ゆめタウン光の森」という大型ショッピングセンター。ここと提携したパークアンドライドも実施しているみたいです。

0309023.jpg

ちなみに改札口はこんな感じ。こぢんまりとした感じですが、近い将来にはICカード「SUGOCA」も対応するようになるようで、利便性が向上するんでしょう。

0309024.jpg

ちなみにこの光の森駅、驚くべきことに特急列車がやってきて“いました。”そう、過去形。
今回のダイヤ改正前までは上下6本の特急「有明」がこの光の森駅を始発・終着としていましたが、今回のダイヤ改正で光の森発着はおろか、豊肥本線非電化時代のDE10+485系という珍編成乗り入れから続いていた、豊肥本線への電車特急乗り入れが消滅してしまいました。

興味本位で訪問した光の森駅でしたが、ここもダイヤ改正の影響を大きく受けた場所といえるでしょう。


第105ランナー
1018M 特急「有明18号」(787系) 光の森(12:44)→上熊本(13:13)


0309025.jpg

というわけで、今回のダイヤ改正で消滅する豊肥本線発着の特急「有明」で光の森駅を離脱することにします。それにしても、ダイヤ改正前に消滅する列車を追いかける方々は485系や「ドリームにちりん」、787系「リレーつばめ」は追いかけていても、こういうネタには殆ど目を向けていませんでしたね・・・。豊肥本線への電車特急乗り入れは伝統のあるものなのになぁ。

0309026.jpg

目を向けていなかったといえば、この特急「有明18号」もそうですが、特急「有明」の小倉乗り入れも同じですね。787系が小倉に乗り入れなくなるわけではないので、注目しないのは分からないでもないのですが・・・。


第106ランナー
25レ 熊本電鉄菊池線 普通(5000系) 上熊本(13:20)→北熊本(13:29)


0309027.jpg

さて、特急「有明」で博多へ・・・とはならず、熊本のお隣の駅、上熊本駅で下車し熊本電鉄へ浮気。勿論、目的は唯一現役の東急の青ガエルこと5000系の乗車&撮影。青ガエル自体は渋谷でよく目にしますが、走っている姿を見るのは実は初めて。いやはや、20年以上前に東急から引退した車両が、今もなおこうやって現役で活躍している姿を見ると感慨深いものがありますねぇ。

0309028.jpg

ちなみに反対側はこんな感じ。「平面ガエル」などと揶揄されていますが、これはこれでアリです。というか、こっちの方が車体の構造故の側面の傾斜がよく分かって良い感じです。

0309029.jpg

9分ほどの乗車で藤崎線との接続駅である北熊本駅に到着。まずは車庫に止まっている6000系を撮影。もともとは都営三田線用の車両で、関東だと秩父鉄道でも見られる形式ですが、ここ熊本では編成ごとに形態が異なっており、このように車体の帯の色が赤に変化していたり・・・

0309030.jpg

顔に黄色い警戒色が塗られたり・・・と、見ていてなかなか面白い状態です。前面を黄色くするとかは、JR西日本が113系3800番台の前面に設置していた強化用の板にも通じるものがあるような。

0309033.jpg

ちなみに三田線時代と同様の形態の車両も活躍中・・・と書きたいところですが、側面に広告が張り出されてしまっていますので微妙に変化しちゃっていますね。

0309031.jpg

なお、北熊本の車庫ではこの他にもと南海22000系である200系や・・・

0309032.jpg

ここまで乗ってきた5000系のもう片割れが停車しておりました。これってやろうと思えば2両繋げて東急時代の復活!(もどき)的な運転も可能っていうことだと思うんですが、何らかの企画とかでやらない・・・よなぁ。


第107ランナー
30レ 熊本電鉄菊池線 普通(5000系) 北熊本(14:02)→上熊本(14:11)


0309034.jpg

北熊本で熊本電鉄の車両を撮影したところで、ここまで乗ってきた5000系に乗車して上熊本へ戻ります。

個人的な勝手な妄想だと、熊本電鉄は上熊本からJR九州の線路に乗り入れちゃって、熊本まで直通・・・とは言わないものの、鹿児島本線の立体交差化事業完成(2016年)時にこれまで使っていた線路を流用or高架下に線路でも敷いちゃって、熊本駅まで乗り入れれば良いのに・・・と思ったりするわけですがどうなんでしょ?・・・やっぱ資金面で難しいかなぁ。

0309035.jpg

5000系に乗車後、行きで忘れた車内を撮影。やはり窓やドアなどが微妙に傾斜しているのが良く分かりますね。

0309036.jpg

上熊本駅に戻ってきた後、乗り換え時間を使って熊本市交通局の上熊本電停に行き、熊本市交通局の路面電車も撮影。本来であれば熊本市交通局も今回の旅行では乗る予定はありませんでしたが、ひょんなことで後日乗車することになります。・・・結末はアレでしたが。。。

0309037.jpg

さてJRのホームに上がり次の列車を待っていると、午前中にも乗車した815系が到着。何気なく撮影していますが、この815系も目立たないながらなかなか良いデザインだと自分は思います。強いて言えば、ローカル運用主体なのだからロングシートではなくセミクロスシートが良いなぁ、と思うところですかね。


第108ランナー
48M 特急「リレーつばめ48号」(787系) 上熊本(14:31)→大牟田(14:59)


0309038.jpg

上熊本からは本日4度目となる787系に乗車、次なる目的地へと向かいます。そういえば、上熊本も今回のダイヤ改正で特急停車駅ではなくなってしまったんですよね・・・。

0309039.jpg

下車した大牟田では反対側のホームに15M 特急「リレーつばめ15号」が停車中。「そういえば『リレーつばめ』の鹿児島中央行き幕は撮ってないな・・・」ということで、ここでちゃっかり撮影。本来の行先は新八代ですが、あえて接続先の新幹線とセットの列車というイメージを強調するために「鹿児島中央」という表示になっていますが、括弧書き程度に新八代乗り換えの表記もあった方が良いような・・・。


第109ランナー
5334M 鹿児島本線 普通(817系) 大牟田(15:07)→船小屋(15:29)


0309040.jpg

大牟田からは817系の普通列車に乗車して本日最後の目的地へ。ここまでダイヤ改正で列車ばかりを取り上げてきましたが、今回の対象は駅でございます。

0309041.jpg

大牟田を出発して約20分、まず見えてくるのは九州新幹線の高架橋とその接続駅である筑後船小屋駅。この時点ではまだ未開業のため列車は通過しますが、駅はもう完成しており開業日を今か今かと待っている状態でした。

0309042.jpg

そして開業間近の筑後船小屋駅を通過してすぐに見えてくるのが、本日の最後の目的地であり、ダイヤ改正前日を以って消えてしまう駅である船小屋駅。

0309044.jpg

駅舎はこんな感じ。

実際の名目としてはダイヤ改正日をもって移転・改称ということですが、船小屋駅と筑後船小屋駅は微妙に離れているということから考えて、新駅設置に伴う廃止と言っても過言ではないということで、ダイヤ改正を機に消える駅として今回立ち寄る事にしました。

なお、この時の船小屋駅は無人駅で特急はおろか、快速すら停車しない駅でしたが、ダイヤ改正日以降は一転、新幹線が停車する大きな駅へ変化しました。規模としては東北新幹線の新青森駅並みに大きな変化があったと言えそうです。

0309043.jpg

駅構内はこんな感じ。普通列車しか止まらない駅であることから2面2線のシンプルな構造で、周囲には目立つ建物があまり見当たりません。なお、この写真は筑後船小屋方を向いて撮影していますが、筑後船小屋駅を見ることはなかなか難しく、いかに両駅が離れているかが分かるかと思います。

0309045.jpg

駅前はこんな感じ。九州新幹線の高架橋がそそり立っていますが、それ以外は周囲に住宅地がある程度で利用者もそれほど・・・といった感じに見えました。

0309046.jpg

駅名標。ダイヤ改正を以って消えるということからか、結構腐食が進んでおり、そこら辺が何とも言えない哀愁を感じさせます。

さて、この日最後の目的地である船小屋駅訪問ですが、この時自分はとんでもない光景を目にすることに。
それが以下の写真↓

0309047.jpg

・・・見事に線路横断です本当に(ry
三脚を担いでいる辺り明らかに同業者ですが、このオッサン、駅を撮影している他の同業者に挨拶した直後にこんなことをやるというから余計にタチが悪い。どうも人目を憚るつもりが無いようなので、こちらもご希望に沿ってバッチリ写させていただきました。

ちなみに顔写真の方も確保済みですが、そっちは流石にややこしいことになりそうなので公表は控えておきます。


第110ランナー
331M 鹿児島本線 普通(815系) 船小屋(16:02)→大牟田(16:28)


0309048.jpg

この日最後の目的地で、とんでもないオッサンが出現した事でやや気分を害しつつ、船小屋駅を離脱。本日の宿泊地である博多を目指すことにしますが、あえてここでは逆方向の列車に乗車し一旦、大牟田駅に戻ります。


第111ランナー
A162 西鉄天神大牟田線 特急(8000形) 大牟田(16:52)→西鉄福岡(天神)(17:52)


0309050.jpg

大牟田駅へ戻ってきた理由がコレ、西鉄特急への乗車です。実はこれまで何度か博多には来ているものの、一度も西鉄に乗車したことがなく、今回は鹿児島本線経由ではなく西鉄経由で博多へ戻ろう!と考えた次第なのです。というわけで、西鉄のエースである8000形も初めての撮影。色合い的には小田急ロマンスカーのHiSEを彷彿とさせますね。

0309049.jpg

ちなみにお隣のホームには7050形が停車中。ローカル運用を支える、西鉄における縁の下の力持ち的存在の車両で、2両編成と比較的短編成なのが特徴的。個人的には水色に赤い帯というのが非常に新鮮です。

0309051.jpg

さて、大牟田から乗車した特急は途中までは複線だったのが、突如として単線に変貌。西鉄初乗車の自分としては非常に驚くべきことでつい写真を撮ってしまいました。
しかもこの単線区間、比較的長い上に、途中通過駅では追い抜く列車に加え、対向列車も上手く処理しているというからさらに驚き。ダイヤ作成者は結構苦労しているんだろうなぁ。

見たところ、所々に複線化用の用地があったりすることから、用地買収がなかなか進まずに単線となっているみたいですね。

0309052.jpg

西鉄天神大牟田線にまさかの単線区間に驚きつつ、あっという間に終点の西鉄福岡(天神)駅に到着。よくよく考えると駅名の後ろに別名として括弧書きが加わるパターンは多々ありますが、駅名自体に括弧書きがあるのはなかなか珍しいパターンだと思ったり。

さて、すぐさま地下鉄に乗って博多へ移動・・・というわけもなく、ちょっとばかり西鉄の車両を撮影。まずは5000形の特急。西鉄特急って8000形の専売特許なんじゃなくて、他の形式も運用に就いたりするんですね。

0309053.jpg

そして6500形。先ほどの5000形と瓜二つな顔つきですが、側面の扉の数が前者は3ドアなのに対しこちらは4ドアといった違いがあるみたいです。また6500形は西鉄初のVVVFインバータ車なのだとか。個人的にはVVVFインバータを搭載しているような顔つきには見えないのですが・・・。

西鉄の車両の撮影も少しばかりしたところで、やや迷いつつ福岡市営地下鉄の天神駅へ向かいます。


第112ランナー
654C 福岡市営地下鉄空港線(103系) 天神(18:31)→博多(18:37)


0309054.jpg

本日の最終ランナーは筑肥線から乗り入れてきた103系で〆。思えば、JR西日本の103系は何だかんだで徐々に寿命を迎えつつありますが、ここ福岡の103系はまだまだ・・・というかさりげなくホームドア路線にも乗り入れてなお頑張っていますね。103系とホームドア、凄い組み合わせだ(笑)

と、そんなこんなで旅行14日目は終了。この日の宿である博多ターミナルホテルへ向かい、2日ぶりの布団にありつけたのでした・・・。

←13日目(3月8日)へ
→15日目(3月10日)へ
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/27(月) 02:15:56|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

蒼く澄んだ瞳に浮かぶ 名前もない星空に・・・

どうも、ご無沙汰しておりました。ここのところ、副業(?分かる人には分かるネタ)がめちゃめちゃ忙しかった上に、大学ではレジュメ作成やらレポートやらで、完全に放置状態でした。旅行記はどう考えても6月中に終わる気配がしません。

さてさて、しばらく鉄ネタからは遠ざかっていましたが、ようやく時間が出来た(と言っても束の間で終わりそうな気がします)ということに加え、今日は午後からの授業のみということで、ちょっくら京葉線の201系の廃車回送の追っかけをしていました。

ちなみに先日まで引退HMを掲出していましたが、実はこちらも既に確保済み。おそらくこのブログで取り上げる暇は無いような、そんな気がしますが。

20110623001.jpg

というわけで、7時ちょい過ぎに稲毛海岸駅へ到着。練習がてらE233系を撮影・・・というか、気がつけばやってくるのはE233系ばかり。209系はおろか、205系すらやってくればラッキー状態。まぁ新習志野を越えてくる列車しか来ないわけで致し方ない事情もありますが、それでもE233系率はいつの間にやらここまで・・・という感じです。

20110623002.jpg

廃回前にやって来た255系。経年的にはまだまだ行ける感じですが、やや供給過剰な感じもしないでもないので、もしかするとこれも消えちゃう運命にあるのかしら・・・?

20110623003.jpg

そしてやって来た廃車回送こと回9271M。実はこれまでの廃車回送が全て火曜日に設定されており撮影できずじまい(火曜は大学がフルタイム)だったのですが、今回は幸運にも木曜ということで、最初で最後の廃車回送を撮ることが出来ますた。

20110623004.jpg

後撃ち。
個人的には201系といえば、中央線というより総武線や京葉線という土地柄の人間なのでこっちの方が馴染み深かったのですが、どちらもあっという間に引退しちゃったなぁと。
青い201系が登場した時は小学生ながらかなり興奮したものですが(何せ関西でしか見られなかった色でしたからね)、気付けば本家関西の青い201系が消滅した後も随分と頑張っていました。かれこれ10年以上ですかね。

さて、回9271Mは誉田で折り返して新宿へ向かうのですが、新港信号場で停車時間があるので、新宿方面へ先回り。と言っても何処で撮影すべきかは全く決めておらず、成り行きで西荻窪へ。

20110623005.jpg

まずはE257系の「あずさ」。
どーでもいい話ですが、自分が小学校時代にリアルあずにゃんと同じクラスだったのは秘密。

20110623006.jpg

そして京葉線同様E233系天国に来たということで、こちらのE233系も撮影。

20110623007.jpg

そしてやってきた回9573M。オレンジ色の201系は随分前に居なくなりましたが、真の意味でこれが中央線を走る最後の201系となったのは皮肉かそれとも奇跡か。

中央線を走る青い201系を撮影したところで、再度移動し八王子へ。

20110623008.jpg

八王子では10分ほど停車するのでここでも撮影。やはりというか、考える事は皆一緒ということで、平日ながら結構な数の人出でしたね。。。

20110623009.jpg

E257系「かいじ」と並ぶ201系。
さらに頑張る方はこれに乗車してさらに西で撮影するみたいですが、自分は大学があるので見るだけ・・・。

20110623010.jpg

廃車回送ということで行先幕は取り外されていましたが、貼り付けられた紙には「201系 おつかれさま」の文字がささやかながら添えてありました。

蒼く澄んだ(201系の)瞳に浮かぶ 名前もない星空に・・・

2011年6月23日、JR東日本から201系が消えた日。これまで本当にお疲れ様でした。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/23(木) 23:27:11|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして帰ります


会津若松で鶴ヶ城を見て七日町から快速「AIZU尾瀬エクスプレス」で帰ります。

日帰りで会津旅行、十分アリです。
  1. 2011/06/05(日) 15:08:30|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予定変更でさらにデジャヴ


当初の予定では会津下郷のキハ8500を撮影する予定でしたが、なんと譲渡のため移設。予定変更して湯野上温泉から大急ぎで大内宿に行ってきました。

高遠そば食べたかった・・・。
  1. 2011/06/05(日) 12:35:33|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジャヴ感が(ry


鬼怒川温泉で快速「AIZUマウントエクスプレス」に乗車。
いつ見てもかっこいい素晴らしい車両です。
  1. 2011/06/05(日) 10:02:24|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行き先は同じ?


下今市で253系特急「日光」を撮影後、東武鬼怒川線でさらに北上。

デジャヴ感がハンパないですな。。。
  1. 2011/06/05(日) 09:46:16|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまた何処かへ・・・


今日は久々にお出掛け。ご一緒するのは所長さん、ロクマルサンさん。

で、1ヶ月半くらい前に見たような行き先ですね・・・。
  1. 2011/06/05(日) 07:11:25|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(3月8日)

旅行13日目(3月8日)

博多から乗車した特急「ドリームにちりん」はまず1時間ほど小倉まで鹿児島本線を走破、そして小倉で方向を変えて日豊本線に入り宮崎に向かいます。
自分としてはてっきり博多入線時から逆向き座席で入ってくるのかと思っていましたが、乗車時間が1時間ということからか順方向で入線してきて、小倉で席を転換する・・・という流れのよう。
昼行特急ならいざ知らず、夜行でもわざわざ席を転換させるということから考えて、博多~小倉間の区間利用がそれなりにあるということなんでしょう。

0308001.jpg

そんなこんなで博多を出発して日付が変わった1時30分、大分駅に到着。ここで特急「ドリームにちりん」は2時間近く停車し時間を調整します。イギリスかどっかの夜行列車で、走行距離が短いため駅で停車して夜を明かす・・・なんてものがあるらしいですが、「ドリームにちりん」もそれに近い感じでしょうか。

夜の大分駅で撮影した後は再び座席に戻り、気付けば眠りに落ちてしまい気がつくと宮崎到着直前。出来れば徹夜でグリーン車を堪能・・・なんて当初は考えていましたが、記憶が無いまま別の意味で堪能して終わってしまいました。


第91ランナー
8580M 宮崎空港線・日南線 普通(783系) 宮崎空港(6:43)→南宮崎(6:48)


0308002.jpg

終点の宮崎空港駅に到着後、特急「ドリームにちりん」として走ってきた783系は普通列車の南宮崎行きとしてすぐさま折り返し。南宮崎への入庫を兼ねた列車を営業列車として活用しているもので、この8580Mと対になるような存在の8581Mという南宮崎→宮崎空港間の列車も存在。なお、この列車は夜に乗車します。

ちなみに8580M・8581Mともに3月11日までの運転となっていましたが、時刻変更はあるものの今も残存しているみたいです。所謂、毎日運転の臨時列車というやつですね。

0308003.jpg

南宮崎では5002M 特急「にちりん2号」を撮影。3日後、再び宮崎に来る際にはこの列車に乗車することになります。


第92ランナー
1922D 日豊本線 普通(キハ40系) 南宮崎(7:04)→宮崎(7:07)


0308004.jpg

さて、この後は宮崎~南宮崎間にかかる大淀川橋梁で色々撮影する予定ですが、特急「ドリームにちりん」車内であることに気がついてしまったため、南宮崎からお隣の宮崎まで1駅だけ移動。この移動自体には全く意味はありません。

0308005.jpg

宮崎駅へ移動した後はしばし撮影。まずは5081M 特急「ひゅうが1号」。宮崎からは6003M 特急「きりしま3号」に化ける列車ということで入線時にはすでに「きりしま」仕様に変わっています。と言っても、鹿児島中央方はK&Hで固定状態なので全く意味がないわけですが。

0308006.jpg

後ろは「ひゅうが」「きりしま」ともに異なるHMするのですが、到着時には既にこの状態。既に前知識として頭に入っているのですが、やはり幕回しくらいは見せて欲しいところ。

0308007.jpg

JR九州オンリーな形式である713系。顔は国鉄面ですが、塗装はめちゃめちゃ派手な仕様になっており、内装も485系の廃車発生品であるクロスシートを装備していたりと見かけによらずなかなかゴージャスな車両です。残念ながらこの旅行中では乗ることはありませんでしたが・・・。

0308008.jpg

そしてお目当てである3711M 「さわやかライナー1号」。首都圏でもお馴染みの通勤ライナー列車ですが、多さかで撮影した「はんわライナー」「やまとじライナー」と共にこのライナー列車も3月12日ダイヤ改正で消滅、それ以降は特急への格上げが行われています。

0308009.jpg

783系の「さわやかライナー」表示。今でも幕回しの時とかには見られるのかな?

0308010.jpg

西都城からやってきた3912M 「さわやかライナー」。宮崎止まりの列車で、宮崎からは5006M 特急「にちりん6号」に化けるためこちらも既に「にちりん」仕様となって宮崎へ入線します。

0308011.jpg

6002M 特急「きりしま2号」。「ひゅうが」から「きりしま」へ化ける列車は結構あるものの、「きりしま」から「ひゅうが」に化ける列車は実は1本も無いため、無駄に「きりしま」幕ばかり回収することになってしまいます。

0308012.jpg

そしてお目当ての3713M 「さわやかライナー3号」。こちらは485系で宮崎空港行きであることから宮崎駅でもHMをしっかり表示。列車名、使用する車両ともにダイヤ改正で消えるものなので、これはしっかり記録できて良かった限り。

0308013.jpg

485系の「さわやかライナー」表示。783系の方は幕回しで見れるかもしれませんが、こちらは運用自体が無くなってしまったので見納めに。

さて、485系の「さわやかライナー」を撮影できたところで、宮崎駅を離脱し大淀川橋梁へ移動。

0308014.jpg

まずは普通列車6520M。さきほど撮影した「さわやかライナー3号」が宮崎空港から折り返してきた列車で、宮崎~宮崎空港間を1往復した後、特急「にちりん10号」となって日豊本線を上っていく感じみたいです。

0308015.jpg

日南線に直通する1933D 南郷行き。結構粘っていたつもりでしたが、日南線色のキハ40系は見られなかったなぁ。

0308016.jpg

先ほどの6520Mの折り返しである6527M。短時間で同じ編成が何度も行き来します。

0308017.jpg

6005M 特急「きりしま5号」はなんと3両編成の国鉄色編成。飾り帯がない為やや締りがありませんが、赤い485系ばかりが来る中でこの編成が来るというのはなかなか新鮮な感じがします。

0308018.jpg

「さわやかライナー3号」から延々、宮崎~宮崎空港を往復してきた編成が、今度は5010M 特急「にちりん10号」として通過。

0308019.jpg

延岡行きの普通列車 732M。よくよく見ると713系のトップナンバー車。

0308020.jpg

5001M 特急「にちりん1号」は何故か「ひゅうが」幕で通過。故障ですかね・・・?

0308021.jpg

〆の5012M 特急「にちりん12号」はまさに幕回しの真っ最中で試運転表示で通過して行くという・・・。それにしても「普通」表示まで徹底してJR九州色で統一している九州の485系ですが、試運転は国鉄時代からのままなんですな。

0308022.jpg

大淀川橋梁での撮影を切り上げ、再度宮崎駅へ戻り、485系から撮影を開始。まずは5003M 特急「にちりん3号」。

0308023.jpg

そして今回の旅の大きな目的である485系5両編成の5005M 特急「にちりん5号」。「きりしま」「ひゅうが」運用時は鹿児島方の先頭のHMは相変わらずK&Hで固定状態ですが、「にちりん」運用時はきっちり絵入りの「にちりん」ヘッドマークを掲出してくれます。
大淀川で撮影した3連の国鉄色に比べ、引き締まった感じのデザインですし、タイフォンもしっかりと復元されていることから非常にかっこいいですな。

0308024.jpg

ちなみに大分方の先頭車は飾り帯の復元はされているものの、タイフォンは網のままなのでやや残念な感じ。故に人気があるのは鹿児島方の先頭車だったりします。


第93ランナー
1937D 快速「日南マリーン号」(キハ40系) 宮崎(12:23)→志布志(14:50)


0308025.jpg

今回の目的のブツである485系国鉄色5両編成の「にちりん」を撮影したところで、この日の目的の8割方を達成。あとは夜までやることが無いので日南線の乗り潰しへ向かいます。

乗車したのは日南線の快速である「日南マリーン号」。日南線といえば特急「海幸山幸」が走っている路線でお馴染みではありますが、この日は運転日ではない上に、特急「海幸山幸」は途中の南郷までしか行ってくれないので、ここは快速「日南マリーン号」で志布志へ向かいます。

0308026.jpg

ちなみにこの快速「日南マリーン号」のサボには快速の文字は一切無し。地元民しか乗らないため必要ないのか、サボを作るのが面倒だったのかは知りませんが、少々不親切な感じがしますね・・・。

0308027.jpg

そして日南線を走ること2時間半、大隈半島の中ほどに位置する終点の志布志駅に到着。かつてはこの駅から西都城を結ぶ志布志線と鹿屋を経由して国分まで結ぶ大隈線が出ていた一大ターミナルでしたが、現在は1面1線のホームと側線を持つ行き止まりの無人駅になっています。

0308028.jpg

かつての志布志機関区跡には志布志鉄道記念公園が整備されており、大隈線や志布志線を走っていた車両が保存されています。まずはC58 112号機。C58といえば秩父鉄道のパレオエクスプレスでもお馴染みですね。

0308029.jpg

そしてキハ52 130。最近では津山の扇形機関庫で静態保存されたり、いすみ鉄道が導入したりと保存が活発な形式ですが、それ以前はキハ52を保存するというのはなかなか耳にしなかったような気がします。そういう意味ではある意味貴重な保存例だったのかもしれません。


第94ランナー
1948D 日南線 普通(キハ40系) 志布志(15:51)→南郷(16:52)


0308030.jpg

志布志からは先ほど乗ってきた快速「日南マリーン号」の車両で折り返し。サボにはご親切に次の列車の行先まで書かれていましたが、次の列車と言っても志布志で1時間以上の待ち時間があるんだぜ。しかも、折り返しは何故か南宮崎まで行かずに油津止まりという・・・。

0308031.jpg

このまま終点の油津まで乗っても良いのですが、次の列車が南郷始発のため南郷駅で途中下車。特急「海幸山幸」の運転開始に伴い駅舎をリニューアルしたようで、シンプルな駅舎ながらどことなく洋風な南国ムードあふれるデザインに変化しています。

0308032.jpg

ちなみに駅舎内はこんな感じ。ややガランとした感じがしていますが、それでも特急停車駅(個人的には急行くらいが妥当だと思うんですけどね・・・)、簡易委託ながら駅員さんもおり手入れが行き届いた感じがします。

0308033.jpg

そうこうしていると宮崎からやってきた1945Dが到着。これが折り返しの宮崎行きの快速「日南マリーン号」となります。


第95ランナー
1950D 快速「日南マリーン号」(キハ40系) 南郷(17:29)→宮崎(18:59)


0308034.jpg

南郷からは行きと同じく快速「日南マリーン号」に乗車。残念ながらこちらも九州色のキハ40系で日南線色の黄色いキハ40はやって来ず・・・。

0308035.jpg

そしてサボも相変わらず「快速」の文字は一切無し。もともとのルーツは急行「佐多」にある、歴史的には結構古い列車なのにここまでやる気が無いのは何でですかね・・・?そのうち特急「海幸山幸」の陰に隠れてひっそりと消えそうな、そんな気さえします。


第96ランナー
750M 日豊本線 普通(817系) 宮崎(19:22)→高鍋(19:49)


0308036.jpg

日南線の乗り潰しを終えたところで、日豊本線の485系国鉄色の追っかけを再開。まずは例の長距離切符最終日で苦言を呈した817系に乗車して高鍋へ向かいます。あの時はかなり微妙だと書きましたが、今回は帰宅ラッシュの時間にぶつかったため転換クロスシートではなく補助席の方に着席。・・・補助席の方が座り心地が良いように感じるのは気のせいですかね?


第97ランナー
5021M 特急「にちりん21号」(485系) 高鍋(20:03)→南宮崎(20:30)


0308037.jpg

高鍋で折り返して、昼頃に宮崎で撮影した485系国鉄色5両編成の特急「にちりん21号」に乗車。残念ながら高鍋の停車時間が短すぎる&駅構内が暗すぎるので、行先表示幕で勘弁。


第98ランナー
8581M 日南線・宮崎空港線 普通(485系) 南宮崎(20:40)→宮崎空港(20:46)


0308038.jpg

さて、南宮崎に到着した特急「にちりん21号」は即座に種別を普通列車の宮崎空港行きに変更。朝方、特急「ドリームにちりん」の折り返しに乗った8580Mの対となる、8581Mとして485系国鉄色がたった2駅だけの普通列車として運行します。

・・・正直なところ、この種別変更って意味があるんですかね?宮崎~宮崎空港間は特例として特急の普通車自由席には乗車券だけで乗れるわけですから、普通に「にちりん」のまま宮崎空港まで行っても問題無いような気がするのですが。

0308039.jpg

ちなみに、鹿児島方の前面表示はこの時に絵入りの「にちりん」マークからK&H表示に手回しで変えます。この後の運用では「きりしま」にも「ひゅうが」にもならないんですけどね。

0308040.jpg

側面の表示も律儀に宮崎空港オンリー表示に。ホント、不思議な運用だ(笑)


第99ランナー
3714M ホームライナー4号(485系) 宮崎空港(21:37)→南宮崎(21:41)


0308041.jpg

怒涛の485系ラッシュの最後を飾るのは延岡行きのホームライナー4号。かつてはホームライナー延岡という列車名だった気がしますが、今は単純にホームライナーという風になっています。
そういえばここまで特急・急行・快速・普通と、様々な種別の列車に乗ってきましたが、ライナー列車に乗るのは初めてですね。と言っても、宮崎空港~南宮崎間の乗車なのでライナー券は買ってないのですが。

0308042.jpg

改めて鹿児島方の先頭車も撮影。K&H幕なのがちょっと残念な気がしますが・・・

0308043.jpg

なんとここでは5086M 特急「ひゅうが6号」との並びを撮影することが可能。これも随分前の「ホームライナー延岡時代から見られた光景で、随分前の雑誌でこの構図での並びを見てからずっと撮りたいなぁと思っていましたが、何とか485系自体が消える前に撮ることが出来ました。


第100ランナー
5098M 特急「ドリームにちりん」(783系) 南宮崎(23:43)→博多(6:20)


0308044.jpg

さぁ、この旅行で乗り継いできたランナーもついに大台の第100ランナーに突入。そしてこの記念すべき100番目のランナーは勿論、特急「ドリームにちりん」。

タネ明かしをすると、この100番目に「ドリームにちりん」がやって来たのは偶然半分、故意半分といった結果によるもの。偶然の部分は前日に乗った長崎の路面電車の数で丁度いい感じに100付近まで調整されたということ、故意の部分は朝方に南宮崎~宮崎間で乗った1922Dで、わざと「ドリームにちりん」が100番目に来るようにしたということ。つまり、本来であればこの「ドリームにちりん」は99番目のランナーになる予定でした。

0308045.jpg

ちなみに前日にはゴージャスにグリーン車に乗った「ドリームにちりん」ですが、この日は自由席に乗車。先頭はかぶりつき目当ての人で混んでいましたが、中ほどの車両は平日ということもあってかなり空いており、座席を回転させて、グリーン車とは別の意味で足を伸ばしてゆっくり休むことが出来ました。

0308046.jpg

なお、到着時には幕回しを披露してくれたため、ダイヤ改正後に見られるであろう特急「有明」の吉塚行きの表示を見ることが出来ました。京成で言うなれば「東成田(芝山)」風味な感じ。

0308047.jpg

ダイヤ改正は3月12日ですが、「ドリームにちりん」の最終日は3月10日。この日を入れてあと3回でこの表示も見納めです。

←12日目(3月7日)へ
→14日目(3月9日)へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/03(金) 00:01:03|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。