スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恒例となりつつありますが・・・

どうも、青森まで日帰りで行ってきた人間です。
速報としてちょこちょこ画像をアップしていましたが、まあ何というかネタを出しに出しまくった感じでした。

さて、個人的には昨日のこの青森の模様もレポしたのですが、いかんせん写真の枚数が多いため、次回にお預けということにさせて頂きまして、今回は来週に迫った「NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011」、つまり奈々さん初の東京ドームライブのセトリ予想を行いたいと思います。恒例っちゃ恒例になりつつありますね。

ちなみに今回のライブの特徴は以下の3点。


1、水樹奈々初の東京ドームライブである。
・・・ええ、そのまんまですね。
とは言いつつも、自叙伝「深愛」にも書かれていたように、奈々さんの憧れの舞台であったことも事実。そういった意味では、おそらく過去最長のライブになるのではないでしょうか。

2、両日でライブタイトルが異なる。
ご存知の通り、今回の東京ドームライブは2日間なわけですが、1日目の12/3は「QUEEN'S NIGHT」、2日目の12/4は「KING'S NIGHT」とサブタイトルが異なっています。
これまで、2008年のLIVE FIGHTERや2010年のLIVE GAMESにおいてもこのようなパターンは存在し、両日共にセトリがガラッと変わるという演出が行われましたが、これまでと今回において1番異なる点はその分け方。
これまでは「BLUE SIDE」「RED SIDE」、「RED STAGE」「BLUE STAGE」と色、それも赤・青で分けてきたのですが、今回は「QUEEN'S NIGHT」と「KING'S NIGHT」、女王と王で分けてきています。
つまり、これまでとは違った分け方でセトリを組んでくるのでは・・・ということも大いに考えられるわけですね。

3、ベストアルバム「THE MUSEUMⅡ」発売直後のライブである。
去る11月23日に奈々さん2枚目のベストアルバム「THE MUSEUMⅡ」が発売されました。2007年の「LIVE MUSEUM」も同様の流れでベストアルバム→ライブというのがありましたが、今回も限りなくそれに近いわけです。
ということは、ベストアルバム収録曲からのセトリ入りというのは大いに考えられるのでは、ということは簡単に想像出来るかと思います


・・・と、こんな感じで今回の「LIVE CASTLE」の要点を纏めたところで、セトリ予想をしていきましょう。


確率80%以上
○ベストアルバム「THE MUSEUMⅡ」収録曲
themuseum_2.jpg

先述したとおり、ベストアルバム発売直後のライブ→ベストアルバム曲はセトリ入りするのでは、という意味で確率は80%以上。特に新曲の「ROMANCERS’ NEO」、既存曲のアレンジ版「迷宮バタフライ―diverse―」「SUPER GENERATION ―MUSEUM STYLE―」は中でも高確率にセトリに入ってくるのでは、ということも予想されます。
特に「SUPER GENERATION ―MUSEUM STYLE―」は、どうやらアルパの上松さんのスケジュールが空いているっぽいので生演奏で来るんじゃないかと期待してみたり。

○ベストアルバム「THE MUSEUM」収録曲
鉄板曲のエタブレ、パワゲは確率80%であることは勿論なのですが、例えば1stシングル「想い」の発売記念日にライブの日程が近いとか、そういう事情も含めて、前作のベストアルバムの方も確率80%にしてみました。
・・・完全に下手な鉄砲、数撃ちゃあたる状態なのは気にしない。


確率70%以上
○「7COLORS」「Stay Gold」
シングル「純潔パラドックス」の未歌唱曲。どちらも本来であれば確率80%以上にするところなのですが、そういうところに縛られない可能性もあるのでここの位置。
とはいえ、入る確率は79.9999999・・・%くらいの位置です。

○「Tears' Night」「through the night」
サブタイトルに「Night」という文字があったので。
と、テキトーすぎる理由じゃまずいのでいくつか根拠を。

まず「Tears's Night」は2007年の「LIVE MUSEUM」でトップバッターを務めた経験があることから、今回も十分入れるのでは、と。

次に「through the night」ですが、本来は確率70%未満にするところなのですが、前回の「LIVE JOURNEY」でダンス曲の定番「still in the groove」をやってしまっていること、「through the night」は奈々さんの初期のダンス曲である事、という理由でここの位置に。

まあ、もっともらしいことを言っていますが、ぶっちゃけた事を言っちゃうと、最初に述べた理由が一番の決め手だったりします。テキトーすぎる。


確率70%未満
○「You have a dream」「Dear Dream」「夢の続き」
奈々さんの夢の舞台ということで「夢」っぽい曲を。
ここまで来ると、どんなあり得ない予想をしても文句を言われないと思うので、こんなこじつけもありかなー、なんて。

○川の流れのように
ご存知、美空ひばりさんの名曲。
絶対にあり得ないだろ!と突っ込まれそうですが、奈々さんが東京ドームライブを目指したきっかけが美空ひばりさんである事、今年のHIBARI 7Daysで奈々さんが実際に歌っていること、ライブで何度か演歌を歌っていること、といった理由から、企画曲としては十分セトリ入り出来るんじゃないでしょうか。

○王子様とあまいほし
シスプリのキャラソン。
「LIVE CASTLE」→城→王子様、という短絡的思考からこの結果に。
うん、見事なくらいのこじつけなんだ。ゴメン。


と、こんな感じで確率予想を出したところで、大学の授業の合間に作った自分の予想セトリを公開。
ピタリ賞だと100万円!・・・は出ません(笑)
なお「もしくは」と書いたところは両日で曲が変わることを指します。


1、Justice to Believe(MUSEUM STYLE)
2、Tears' Night もしくは SCARLET KNIGHT
3、Stay Gold

最初の1曲は何が良いかとかなり悩みましたが、あえてのジャスビリで。それもMUSEUM STYLEで「LIVE MUSEUM」の剣戟の続きが来るんじゃないかと。歌詞的にも「LIVE CASTLE」には合っているんじゃないかと思いますし。

4、Silent Bible もしくは 夢幻
5、Promise on Christmas
6、cherish

この辺は冬らしくしっとりめの曲で。5の「Promise on Christmas」は12月ということでクリスマスを意識して入れてみました。クリスマス中止は撤回されたんだよ!

7、7COLORS
8、COSMIC LOVE もしくは DISCOTHEQUE
9、アノネ~まみむめ☆もがちょ~

8のコズラブとちゅるぱやを両日片方ずつとするのはちょっとためらったのですが、両方ともベストアルバム収録ということで・・・。9はあえて東京ドームでのモンキーダンスを。ええ、完全にネタです。

10、Gimmick Game
11、through the night
12、Dancing in the velvet moon もしくは Faith

ダンス曲ゾーン。LIVE DIAMOND以来の3連荘ダンス曲に加え、両日ともにセトリを変えるという難易度アップを狙いました。奈々さんには申し訳ない反面、奈々さんならやりかねないなと。

13、真冬の観覧車 もしくは 王子様とあまいほし
14、夢の続き もしくは 永遠の歌姫
15、Nostalgia もしくは 川の流れのように

そして当てる気が全く感じられないゾーン(笑)
アコースティックコーナーで来るのであれば左、企画曲で来るのであれば右と予想したはいいものの、どっちをやるのかは全く予想がつかない→だったら両方やれば良いじゃない→どうしてこうなった。

16、POP MASTER
17、Dear Dream もしくは You have a dream
18、POWER GATE
19、Brand New Tops もしくは BE READY!

アコースティック後は盛り上がりたいよね!ということで、明るい曲を。19の2曲はタオル曲として予想しましたが、東京ドームでのタオル曲はちょっとグダりそうな、そんな気がします。

20、純潔パラドックス
21、悦楽カメリア
22、MASSIVE WONDERS もしくは SECRET AMBITION
23、Don't be long もしくは Pray
24、innocent starter もしくは PHANTOM MINDS

純パラから悦楽までは良いとして、そこから完全に趣味丸出し。まさかのなのは3連発&両日セトリ替えと、まーあり得ない設定ですな。もしやったら興奮で死んじゃうかもね。

25、深愛
26、想い

最後はしっとりと〆。「深愛」と「想い」の組み合わせもそう悪くは無いと思いますし。

そしてアンコール。

27、ROMANCERS’ NEO
28、迷宮バタフライ―diverse―

無理矢理入れた感がしないでもないですが、ロマネオのギターソロでアンコールが始まるのは悪くないと思うんだ。

29、Synchrogazer
30、ETERNAL BLAZE

ここで来年1月からのアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」OPテーマで新曲の「Synchrogazer」を解禁。そしてエタブレで会場全員がUO切れで阿鼻叫喚で終了。うん、我ながら悪くない感じですね。

31、SUPER GENERATION ―MUSEUM STYLE―

そしてWアンコールで上松さんを召還、スパジェネを皆で歌いつつ大団円。ありそうですね。うん、ありそうだ。


と、ワタクシの妄想セトリは終了。
見るからにあり得ねえだろ!というツッコミどころ満載ですが、これで良いのです。おそらく

本番はもっとあり得ないこと続きでしょうから。

あと、いつものことですが、これらの予想が外れても当ブログでは責任を負いかねますので、その点はご了承下さい。

それでは参加者の皆様、12月3,4日の東京ドームでお会いしましょう!
スポンサーサイト

テーマ:水樹奈々 - ジャンル:音楽

  1. 2011/11/27(日) 04:58:31|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1分ごとがリバイバル




青森車両センターにて。
もう説明は不要でしょう。
  1. 2011/11/26(土) 13:09:18|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森にて


485系T18編成が「はつかり」幕で居りますよ~。
いやはや懐かしいというべきか、新鮮というべきか。
  1. 2011/11/26(土) 10:14:07|
  2. 鉄ヲタ学生の携帯からの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝田って意外に遠かったんですね。先生、感覚が麻痺していました。

9月・10月の反動というべきか、ここのところ鉄道イベントに行きまくりんぐな人間です。
というわけで、先週の土曜は勝田車両センターの公開に行ってきました。

ちなみに今回は久々に黒鉄重工のロクマルサンさんとご一緒の小旅行でした。
(実を言うと、前々からロクマルサンさんにお渡ししたいものがあったついでにどうですか?的な流れで前日に決定した次第)

なお、規模としては明らかに小旅行なのですが、行く前までは「勝田?半日くらいで行けるんじゃね?」とタカをくくっていたり。

20111112001.jpg

当日は10時に上野駅に集合ということだったので、その前にブルーリボン賞受賞記念ステッカー掲出中のAE形を関屋で撮影。いつ見てもカッコイイなあ。

そして上野でロクマルサンさんと合流後、常磐線でひたすら北上。
この時点で勝田が意外に遠い事に気がつきます。片道2時間、運賃は2000円オーバー。いつぞやの水上ほどではありませんが、完全に日帰り旅行の規模ですね。

20111112002.jpg

途中の取手ではこんなのを見かけたので撮影。つい、反応してしまいます(笑)

20111112003.jpg

高浜では特急「スーパーひたち19号」の通過待ちがあったので撮影。まだ651系が常磐線の主役ですが、置き換えられる時は一気に置き換えられてしまうであろうと推測されるので、普通に見かけるうちに記録記録。

そして長躯2時間、12時半頃に勝田に到着。

20111112004.jpg

勝田車両センターへの移動途中、日立製作所水戸事業所への引き込み線跡を発見。
かつては勝田駅前から職員輸送列車が運転されていたみたいですが、今となっては常磐線とも線路が繋がっていないのでここを通る車両は無いはずですが、踏切部分にも線路がしっかり残っていました。

20111112005.jpg

と、そんなこんなで20分ほど歩いて勝田車両センターに到着。ドーム型の屋根というのは車両基地に珍しい・・・とか思う以前に、ここまでの道のりにコンビニや飲食店がロクにないことに2人絶望(笑)
いや、一応コンビニはあったんですけどね・・・正直、個人商店にしか見えず・・・ええ。

20111112006.jpg

さて、今回の勝田車両センターの公開の一番の目玉は常磐線特急系列が一同に会するという点。それに加え、新車のE657系はこの日が初の一般公開とあって、かなり注目を集めておりました。

20111112007.jpg

サイドから。
こうやって見てみると意外にE657系の前面は出っ張っていない・・・というか、651系とE653系を足して2で割ったようなそんな形状をしていますね。

20111112008.jpg

そして現役&新型「ひたち」系列の脇にポツンと居座っていたのは団体用の485系K40編成・・・の先頭だけ。まるで廃車前の様相ですな・・・。

工場外での撮影をしたところで工場内へ。

20111112009.jpg

中ではE653系の側面表示が面白いことに。この間のTXまつりを思い出させる表示ですな。

20111112010.jpg

そして忘れてはいけないのがお座敷電車「リゾートエクスプレスゆう」。
最近だと2008年の正月に「常磐初日の出号」に乗ってからは縁遠くなっていますね。今年は久々に初日の出列車とかに乗ろうかしら。

と、そんなこんなで勝田車両センターを見学。
内容以前に、昼食に飢えている我々は何としても食事にありつきたいということで、一旦水戸へ出ることに。

20111112011.jpg

なお、帰り道にもう一度先ほどの引込み線を撮影。
日立製作所の引込み線跡はこんな感じに常磐線と並行しているのですが、柵とかは無い状態。但し、途中に草が茂っていたりと、場所によっては自然に還りつつある感じでした。

20111112012.jpg

何とか、水戸で昼食にありつけたところで、とりあえず関東鉄道竜ヶ崎線にでも行きますか、という結論に。
ホームへ降りてみると田端のお召し機EF81 81が停まっておりました。まだ81の貨物ってあるんですね・・・。

で、関東鉄道竜ヶ崎線を目指すために常磐線を南下していたところ、途中のひたち野うしく駅で思わぬ車両を発見。予定変更して途中下車をします。

20111112013.jpg

それがこれ。
試運転の最中だったE657系。行きの神立でE657系試運転とすれ違ったので「遭えるといいね」的な話をしていたのですが、まさか帰りに遭えるとは思わず。

で、ここまでくると「走行写真も撮りたいよね」ということで、お隣の荒川沖駅へ。

20111112014.jpg

荒川沖の側線では駅ねこが。尻尾が短くてウチの猫とそっくりなのが何とも。

20111112015.jpg

そして目的のE657系@荒川沖
光量不足で結構苦しめられましたが、何とかそこそこのものが撮れました。
それにしても、ヘッドライトの配置がアレなせいか、夜に出会うと結構怖いです。

なお、これにてこの日の予定は終了。上野でロクマルサンさんとお別れしてお開きとなりました。
ロクマルサンさんには久々ながら、ハードスケジュールにお付き合いいただき、ありがとうございました。


ちなみにロクマルサンさんとは翌週もお会いすることになっていたり。。。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/19(土) 23:25:10|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都営が本気を出しすぎた都営フェスタ

さてさて、ようやく11月5日に開催された「都営交通100周年記念フェスタ in 浅草線」、つまり都営フェスタの模様です。何だかんだでイベントから1週間が経過してしまいましたね。

で、今年の都営フェスタ、発表前から「今年は100周年だし何かあるんじゃね?」という雰囲気はありましたが、何といいますか、俺らの予想を斜め上どころか、遥か上空を行ってしまったという感じでしたね。

というわけで、色々と混雑が予想されるため少し早めに西馬込駅へ向かいました。
で、いつも通り例の陸橋から会場の様子を・・・と見てみると。

20111105001.jpg

いた。

今年の展示のおそらく一番の目玉となったであろう、京成AE100形と京急2100形が遠目でもはっきりと分かるくらいの存在感を見せつけつつ、そこに居座っておりました。

10月25日に発表された追加情報で騒然となった両形式の展示決定でしたが、いざ目の当たりにすると物凄い存在感ですな・・・。

さて、今年の都営フェスタは既に色々とオカシイですが、これだけに留まらないのがミソ。
その「これだけに留まらない」部分を見るために、再度西馬込駅ホームへ戻ります。

20111105002.jpg

それがコレ。

大江戸線用車両を馬込車両検修場まで牽引するために作られたE5000形電気機関車の展示運転。

この機関車の使用目的が目的なので、実際に動くのは終車後の真夜中。当然ながら走っているところは殆ど見たことが無いとされてきたのですが、何と今回の都営フェスタに合わせて、在籍する2両を西馬込~泉岳寺間で運転させる・・・という、夢のような企画が行われました。

なお、そのうち1両には「都営交通100周年記念HM」を掲出させるというからまさに本気。東京都交通局の全力全開とも言えるでしょう。

20111105003.jpg

しかも嬉しいのは1両にHMを掲出ということは、もう1両の装飾は無いという事、つまり撮影する分には一粒で二度美味しいというから凄い。

実際、E5001+E5002の編成にはこのようにヘッドマーク無しで運転され、無事に走行シーンを撮影することが出来ました。・・・それにしてもこの車両、車体は大江戸線の車両限界に合わせつつ、床面高さは浅草線に合わせているので、ホームから見るとめちゃめちゃ小さく見えます。

警備に当たっていた都営の方も「車体の屋根が低いので絶対に触らないで下さい!」と注意していたほどですが、その注意もこれを見ると納得が出来ます。普通の大人だと、身長がこの車両を追い抜いてしまいますからね。

20111105004.jpg

泉岳寺から戻ってきたHM付きのE5003+E5004。
よく見ると、電気機関車ながらヘッドライトの他に、前面上に急行灯がついているのが独特な感じですね。
走行音も機関車というよりは電車っぽい、軽快な感じがしました。

さて、都営フェスタのオープニングイベントとも言えるE5000形の運転を見たところで、再度馬込車両検修場へ戻ります。

20111105005.jpg

そして大変盛況だった車両撮影会の全体がコレ。
噂によると、普段の倍以上の人出だそうで、開場前に並んだのに午前中の撮影会の整理券を貰えない方もいらっしゃったようで、午後の整理券も配布後20分ほどで全部無くなったとか。

なお、上写真は自分の撮影会集合前に保守車両展示の場所から撮影したもので、撮影会に参加できなかった方がめちゃめちゃ群がっていました。

・・・「都営フェスタ」と銘打っているはずなのに、都営の車両の存在感が薄いのは気のせいですかね?

20111105006.jpg

ごめん、気のせいじゃなかった。

何というか、都営以外の展示車両の存在感がデカすぎる。
イベント名を「都営(に乗り入れてくる車両)フェスタ」にした方が的を射ている感じ。

20111105007.jpg

その中で一番の存在感を放っていたのが冒頭にも紹介した左端の2形式。もと「スカイライナー」用、現ニート「シティライナー」用車両の京成AE100形と京急2100形でしょう。

両形式とも、基本的に・・・というか、よっぽどのことが無い限り都営線内には乗り入れない形式であり、2100形は泉岳寺まで、AE100形に至っては新車搬入時以来都営線内を走行する事は無く、今回の展示の際の回送がAE100形にとって約20年ぶりの都営線内乗り入れだったわけです。

要約すると、本来であれば絶っっっっっっ対に出会うはずの無かった2形式の並びが今回の都営フェスタで実現したわけです。おまけに京急2100形は「Wing 西馬込」などという、好き勝手な表示を出してしまったおかげでお隣に展示された都営5300形の存在感の無さといったら・・・。20111105008.jpg

そして中央に展示された北総9000形・芝山3600形・北総7260形。
これだけの並びもなかなか無いですが、注目するべきはこれらが出している表示。9000形の「普通 三崎口」に始まり、3600形の「(飛)快特 羽田」、7260形の「通勤特急 新逗子」など、どう考えてもあり得ない行先です本当に(ry

こいつらのせいで、都営5300形が出していたそこそこ珍しい「(飛)快特 川崎」表示も全く注目されません。これは同情せざるを得ない。

20111105009.jpg

そして一番右端にいたのが12-000形と先ほども紹介したE5000形の大江戸線メンバー。せっかく出張して日の目を見たのに、いざ蓋を開けてみたらこんな状況と、色々と散々な感じです。ご愁傷さまとしか言えません。

20111105010.jpg

とは言っても、最後の足掻きとばかりにE5000形が側面にこんなのを貼り出していたのには注目が集まっていました。ただ、これってこの日しか見ることが出来ませんよね?という突っ込みはしちゃいけないお約束なんですね分かります。

20111105011.jpg

そして運転台見学用の5300形も、展示された奴の敵は取ってやると言わんばかりに珍表示を連発させていました。トップナンバー編成の「特急 浅草橋」までは良いとして、最終編成の「回送 品川」とかツッコミどころが多すぎて何が何やら。

20111105012.jpg

なお、東京都交通局という団体は他の会社の車両だろうと、手加減することなく好き勝手やってしまうようで、バックグラウンドではこんなことになっていました。「快速 千葉中央」や「特急 金町」がアレすぎて、「普通 東中山」が別の意味で普通に見えてきてしまいます。ふしぎ!

20111105013.jpg

勿論、初入線の2100形にも容赦はしません。というか、2100形にも「快速」幕は入っているんですね。一生使うことは無さそうですが。

20111105015.jpg

そして運転台見学の方はというと、5327編成が「通特 高砂」と、一瞬まともになりかけたと思ったら・・・

20111105014.jpg

「試運転 蒲田」と、見事に悪化(良い意味で)した表示を出したりと、敵討ちに精を出しておりました。

と、色々と本気を出しすぎた今回の都営フェスタ。
ここまで出し惜しみ無いネタを出されると、次回はどのようなネタで攻めてくるのか楽しみで仕方ないですね。

・・・京成も宗吾でこんなイベントやってくれないかなぁ。
そうしたらAE形と・・・ぐふふ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/11(金) 19:30:16|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネタは不意打ちでやってくる

物語は唐突に・・・じゃなくて、ネタは唐突にやってくるものです。ええ。
本当は去る11月5日の都営フェスタの模様を書く予定だったのですが、予定を変更して本日あった出来事を。

実は本日、この間書いた専攻の実習の再調査(都合が悪い役所があったので)で日帰りで岐阜へ行ってまいりました。本当は宿泊したかったのですが、お金が無い以前に体調が芳しくないので、日帰りで役所訪問だけのために行ったわけです。

これだけ書くとまあ、何と無駄なことを・・・と思われますね。というか、自分も効率悪いな・・・と思っておりました。行く前までは。

20111110001.jpg

とは言いつつも、お役所とのお約束があるので始発ののぞみで名古屋へと向かいます。
で、東京駅では京浜東北線ホームからこんなのを撮影。

ベストアルバム「THE MUSEUM Ⅱ」発売まで気付けば2週間を切っていますし、念願の東京ドーム2Daysまで1ヶ月を切ってしまいました。ドームライブが決定したのが今年の7月のことですから、時が経つのは何と早いことか。楽しみで仕方ありませんね。

なお、近いうちにセトリ予想も出すのでお楽しみに。

20111110002.jpg

名古屋へ到着後、約束の時間まで少々間があるので、前回撮り逃したネタを。

こちら、211系3両+313系2両+213系2両×3の、合計11両編成の回送列車。
首都圏では11両編成はかなりメジャーな存在ですが、名古屋でこの長さの編成は珍しい・・・以前に、3種の異形式連結が凄いというか何というか。211系と213系の連結は何とも思いませんが、間に313系が入ってるのを見ると、313系がいかにマルチプレイヤーなのかが分かりますね。

20111110003.jpg

そして尾張一宮では117系4連×2の快速を撮影。後ろに繋がってるのはリバイバルカラーです。
そこそこ117系は見かけるのですが、リバイバルは狙っているとなかなか目にすることが無いですなあ。

20111110004.jpg

ケツ撃ち。
さて、ここで本日のネタは終わり・・・かと思っていたのですが、やけに名古屋周辺に同業者が集まっていたので、Twitterで調べてみると何かしらの甲種輸送があるらしい・・・ということで自分も清洲駅で便乗することに。

20111110005.jpg

で、甲種を狙う前にやってきたのがコレ。DD51とEF66の重連貨物列車。これも名古屋へ来るたびにちょくちょく見かけるんですが、撮影したのは初めて。
埼玉の秩父鉄道では蒸気機関車と電気機関車の重連、「蒸電運転」が度々行われていますが、これは何というべきなんですかね?
というか、何故このような編成になっているのかしら?謎です。

20111110006.jpg

そして目的の甲種輸送がコレ。
先日の台風12号による浸水で新宮駅から動けなくなってしまった283系や381系を救援するためのクモヤ145形3両が、東海道本線・関西本線・紀勢本線経由で送り込まれるというもの。クモヤ145形の甲種輸送というのも珍しいですが、それ以上にJR東海管内でクモヤ145形を見かけるというのが珍しい。

20111110007.jpg

後撃ち。
ちなみに3両のクモヤ145形は全てパンタグラフが外された状態での輸送となりました。恐らく紀勢本線の建築限界関連・・・ですかね?

20111110008.jpg

予想外のネタを撮影したところで、いい加減役所へ。
ということで、この間のように養老線に乗車、最後に残った2つの役所を回り、色々と貴重な資料を提供して頂きました。

・・・本当は283系・381系が名古屋へ来るところも撮影したかったんですけど、時間帯が夜とかそれ以前にお金と体調ががが。

20111110009.jpg

ちなみに帰りは座って帰りたい(というより寝たい)ということで、「こだま」で帰ることに。
途中、豊橋での通過待ち中にはこんな車両が居たので撮影してしまいました。確か、レール運搬車・・・だったかな?


以上、本日撮れたてのネタでした。
次回は予定通り、都営フェスタの記事を書くと思います・・・たぶん。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/10(木) 22:35:54|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後のキハ35形を求めて、関東鉄道へ。

去る11月3日、この日は恒例の関東鉄道水海道車両基地公開に行ってまいりました。
かれこれ、もうこのイベントに参加するようになってから5年くらいが経ちますかね。地味ながらも、何だかんだで行ってしまうイベントでございます。

20111103001.jpg

まずは水海道駅にてキハ2100形を撮影。お馴染みだったこのKanac塗装も、どうやらキハ5000形に準じた塗装に順次塗り替えていくという事で、普通に見られる間に記録です。

・・・この色、つい最近までは千葉県でもお馴染みの色だったはずなんですが、最近はめっきり目にすることがなくなりましたねえ。

さて、いつものようにバスで水海道車両基地へ。

20111103002.jpg

今回のイベントの目玉は何と言っても、10月で引退したキハ350形最後の公開。
本当は9月から頻繁に行われていたさよならイベントに行きたかったところなのですが、例の資格試験のためあえなく断念。しかし、この日に最後の公開が行われるということで、何としても行っておきたかったのです。

このキハ350形、もともとは国鉄のキハ35系列の一員であるキハ35形で、今となっては最後のキハ35形稼動車ということでそこそこ有名でした・・・が、経年には勝てず今回の引退に至ったとのこと。これにてキハ35系列のキハ35形の営業車は全滅、残るは久留里線や関東鉄道で今も活躍しているキハ100形となったキハ30形が、最後のキハ35系列となりそうです。

20111103003.jpg

ちなみに取手方にはさよなら運転時に取り付けられたHMを掲出。さよなら運転を一切撮影出来なかった自分にっては非常に嬉しい演出でした。

20111103004.jpg

なお、下館方はというと、9月10日に行われた『ありがとう!!キハ350形レトロ列車乗車会』で掲出された「特急 しもだて」ヘッドマークを掲出。行先も下館表示と、現役であったかのような光景になっておりました。このヘッドマーク付きの姿が撮影出来たのは、先ほどのさよならHMが記録できた以上に嬉しかったですね。

20111103005.jpg

ヘッドマークのアップ。描かれているのはおそらく筑波山かな?

20111103006.jpg

ちなみに側面はラストラン時に掲出されたサボ風のシールが貼られたまま。これも良い記録です。

20111103007.jpg

なお、キハ350形以外だと構内ではDD502形・キハ0形・キハ2100形・キハ2100形の撮影会も開催。

20111103008.jpg

特になかなかお目にかかれないDD502形が久々に見れたのは良かったですね。
ただ、車体の傷みがかなり気になるところ。レストアなどして、もう一度本線を走行させてやりたいですのう。

20111103009.jpg

この他に、キハ100形首都圏色を使った構内乗車会も開催。
今となっては新守谷行きなんてなかなか見れないかも。

20111103010.jpg

なお、関鉄さんの粋なはからいで、キハ100形はキハ350形のお隣で構内を行ったり来たり。乗車会の最中ではこんな並びも見ることが出来ました。なお、分かりにくいですが、奥のキハ350形はエンジンがかかっています。これも関鉄さんに粋な演出。有難い限りです。

20111103011.jpg

で、関東鉄道も見たとあれば、ついでに同日開催となった「つくばエクスプレスまつり」にも行ってみたり。毎度のことながらこの会社、車両形式の少なさを行先表示でカバーするという、表示器好きには結構たまらない会社です。

20111103012.jpg

しかもヘッドマークを取り替えるのもお手軽ということで、ヘッドマーク撮影会もいつものように好調。・・・TX-2000系の増備車がこんなHMを取り付けるのはイベントならでは、といったところ。

20111103013.jpg

なお、イベント帰りに秋葉原に立ち寄ったところ、突如としてこんなのを見かけました。
欲しいけど、金銭的な問題以前に、オイラのPSP-1000がポータブル出来ないお体になってしまわれたので、はてさてどうしたものやら。。。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/09(水) 22:37:38|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

専攻の実習のついでに。(後編)

実習が終わった翌日の10月29日、この日は何と、「ついで」と言いつつ大阪まで足を伸ばします。大阪って名古屋から私鉄の特急で1本で行けるんだからめちゃめちゃ近いですよね!

20111030030.jpg

というわけで、名阪間の移動は勿論、近鉄の「アーバンライナー」。前展望をしようと先頭車両の指定席を取ってもらいましたが、結果としては終点の大阪難波まで爆睡で終わりました。。。やっぱり、前日に呑んだ上に翌朝5時起きが効いていますね・・・。

20111030031.jpg

難波からは関西ではお馴染みのスルっとKANSAI2Dayチケットを使って、まずは南海本線の粉浜駅へ。当初は住ノ江から送り込まれると予想していた12000系を狙うべくやってきましたが…ちょっと微妙な場所でしたね。

20111030032.jpg

50000系ラピート。我が地元のAE形もそうですが、この50000系も顔つきが非常に特徴的といいますか、よくぞこのような造型をしたなあというのが素直な感想の車両。デザインの良し悪しは置いといても、一発でラピートを想像させるこの姿は凄いな、との一言に尽きます。

20111030033.jpg

9000系の空港急行。デザイン的にはそろそろ置き換え?みたいな顔つきな気がしないでもないですが、6000系はおろか7000系列の置き換えもなかなか進んでいない状況を見るに、あと10年は余裕で居座りそうな印象。

20111030034.jpg

そしてその7000系列の一員である7100系の「サザン」。既に塩害で老体に鞭打って走っている状況であるのに、未だに特急「サザン」運用をこなしていたりするから凄いわけで。7000系列を置き換えるべく登場した8000系は12000系の顔を伺いつつの増備・・・といった感じのようなので、これの置き換えはいつになるのやら・・・。

とは思っていても、正直なところもう少し長生きして欲しいという思いもあったり。出来れば2005年のリバイバルカラーを、可能であれば10000系とセットで行って欲しいですねえ。

さて、このようにしばらく粉浜駅で撮影していたわけですが、来ると思っていた12000系は一向に来ない・・・。調べてみると、既に千代田に回送されており、千代田からの送り込みなんだそう。そりゃいつまで待っていても来ないわけだ(汗)

というわけで、電車まつりの会場である千代田工場へ。

20111030035.jpg

まずはお目当ての12000系。車体の構体はまんまE231系あたりからの流用なのですが、そうした割にはなかなか凝ったデザインに見えるのは気のせいでしょうか。前面の灯具の形状とかはそれなりに練った結果、決定したみたいですし。

「SOUTHERN Premium」と描かれたヘッドマークもなかなかイケてる気がします。

20111030036.jpg

屋外の展示車両全景。
個人的なお目当ては12000系だったのですが、やっぱりというか一番人気は50000系「ラピート」でしたね。何せ車内見学で1時間待ちという状況。普通に走っていて、お金さえ払えばすぐに乗れる車両にもかかわらずこの人気はある意味異常ですな。

20111030037.jpg

工場内では2000系が車掌体験用にせっせと親子を乗せていましたが、その合間にちょくちょく幕をいじくっていたようで、最初見たときはこんなだったのが・・・

20111030038.jpg

しばらくして戻ってきてみるとこんな状況に。前々から南海さんは幕いじりが好きだとは聞いていましたが、幕好きにとってこういうネタはなかなか面白いです。

20111030039.jpg

貫通路の扉が取り外されてしまって、一見しただけでは何系か分からない状況になっていた6200系。未だに8200系との区別ががが

20111030040.jpg

車両との綱引き用にも2000系を使用。2000系大活躍ですな。
・・・幕は相変わらずのお遊び状態。もしもし、こんな運用組んだら泉北さんに怒られちゃいますよ?

20111030041.jpg

そして個人的に一番ツボだったのがコレ。
車体吊り上げ実演用の1000系なのですが、幕表示が「淡路号-急行- 多奈川」。見事に往年の急行「淡路号」の再現となったわけですが、個人的には未だにこのような幕が残っていることに驚き。

20111030042.jpg

ちなみにこの1000系に近くにはこのような紙が貼られており、運がよければ希望の幕を出してくれたようです。自分は残念ながら出来ませんでしたが、出来れば水軒幕とかを見てみたかったですね~。

この辺で南海電車まつりの見学を終えて、再び南海本線へ移動。北助松駅で少々撮影します。

20111030043.jpg

まずは朝にも撮影した50000系「ラピート」。・・・実は乗車は未だに無いんですよね。スーパーシートとやらには是非とも乗ってみたいのですが。

20111030044.jpg

置き換え真っ最中であるはずの7000系。関東の大手私鉄では絶滅寸前の片開き扉通勤車ですが、関西では未だにこうして普通に見られるのが良いですなあ。

20111030045.jpg

大運転減少によって本線で運用される2000系。デカデカとした2扉車ステッカーが目を引きますね。使い勝手的には微妙な感じがしますが。

20111030046.jpg

そして8000系+12000系の特急「サザン」。関西の方にはこの8000系の座席は大不評みたいですが、ぶっちゃけた話、東京都交通局の10-300形の方が硬さは上な気がしますby地元民

20111030047.jpg

そして9000系。こうやって見ると、都営10-000形や京成3500形未更新車に似ているような気がしないでもない・・・?

この辺で北助松駅での撮影は終わりにして一旦、堺のスーパーホテルに荷物を置き、再びお出かけ。まずは難波駅へ向かいます。

20111030048.jpg

難波駅には偶然にも30000系の特急輪姦・・・じゃなくて「りんかん」がおりました。本当は夏の高野山行きでも機会があれば特急「こうや」などに乗りたかったのですが、残念ながら往復共に2000系になってしまったというのは秘密。

20111030049.jpg

そして「サザン44号」の折り返しの回送を撮影した後は・・・

20111030050.jpg

お目当ての12000系使用の特急「サザン43号」に乗車!
12000系自体は昼間の千代田工場でも撮影済みですが、乗車前に改めて撮影って感じです。

20111030051.jpg

なお、側面の行先表示は行先の他にこのような泉佐野で関西空港方面へ乗り換えられることをアピール。・・・但し、実際に関西空港行きの空港急行と接続しているのは岸和田だったりするんですけどね。

20111030052.jpg

なお、車内はこんな感じ。10000系に乗車していないので分かりませんが、何処となくJR東日本の特急のイメージに近いような気がしないでもないものの、荷棚の下の照明など南海っぽさがそこはかとなく散りばめられている感じ。

20111030053.jpg

そしてこの12000系の最も注目すべきポイントが天井部に取り付けられた「プラズマクラスターイオン発生装置」。目の付け所がシャープでしょ、でお馴染みのアレです。乗車した感想としては、まだ新車段階なのでこれの効果はあまり感じられませんでしたが、数年後にはこれを設置した効果が出てくるのではないかと思ったり。

と、12000系の車内の紹介はこんな感じ。肝心の乗り心地については、特急車としてはおそらく十分なはずなのですが、先頭部の運転室ドアの立て付けが悪いのか、運転士が乗務員窓を開けた際にガタガタ鳴るのが気になりましたね・・・。車内が静粛なだけにこのガタつき音がかなり気になりました。

20111030054.jpg

そんなことを言いつつ、終点の和歌山市に到着。和歌山線ホームには105系が居たのでつい撮影してしまいました。105系のこの顔つきはちょっと懐かしくなってしまいます。

20111030055.jpg

ちなみに帰りはそのまま8000系に乗るのではなく、1本見送って7100系の「サザン」に乗車。次回乗る際は相方の10000系の方にも乗っておきたいですね~。

20111030056.jpg

ちなみに翌日はというと、まずは森小路でノンストップ京阪特急を撮影することから開始。通常、京阪は昼間時にはヘッドライトは点灯しないのですが、これに限っては点灯していたのが印象的でした。

20111030057.jpg

そして京橋で旧3000系こと8000系8030番台を撮影し・・・

20111030058.jpg

梅田からは6300系「京とれいん」に乗車し・・・

20111030059.jpg

最終的には浜大津まで行き、こんなのを撮影して終了。
本当は「けいおん!」ラッピングを狙いたかったのですが、残念ながら時間が合わず、こちらは次回の課題となりそうです。


以上、実習のついでに巡った中京・関西めぐりの旅でした・・・。



え、実習レポート?そんなものは知らんがな(殴)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/05(土) 22:58:04|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

専攻の実習のついでに。(前編)

どうも。気付けば11月、就職?何それおいしいの?社会の歯車にはなりたくない、働いたら負け・・・と密かにつぶやかれる季節になりました。うう・・・大学3年間短すぎ。

さて、先週はウチの専攻の実習で火曜から金曜まで名古屋近辺で活動しておりました。そのついでに土日は関西に出没していたり。火曜から金曜(実際は木曜ですが)は実習のため役所巡りとか、アンケート調査とかを行っていましたが、ちょくちょく撮影も行っていたのは秘密。

20111030001.jpg

ちなみに火曜は専攻のゼミ全員で集合するのは調査後の夜ということで朝は好き勝手し放題。つーわけで、名古屋に到着後少しだけ撮影します。まずは117系の新快速。狙っているわけではありませんが、名古屋に来ると結構な頻度で見かけます。

20111030002.jpg

続いて大高で211系の新快速を狙うと思うも、実際は213系が関西本線運用から離脱したことによる211系の転配があった影響で313系になっておりました。ううー、ちゃんと調べていけばよかった。

20111030029.jpg

ま、それでも今となっては少なくなった300系が撮影出来たのでこれはこれで満足。

20111030003.jpg

さて、趣味の撮影はこの辺にして、この後は桑名へ行き自分の調査対象である養老鉄道へ。この日は桑名市役所・養老町役場・池田町役場と、立て続けに3個の役所を巡ります。合間を縫ってアンケート調査をする傍ら、駅舎の撮影もしたりしていたのですが、まあ何というか、交通費が馬鹿になりませんね。1日フリーきっぷは休日のみの発売なので、平日の調査は金銭面で結構大変です。

20111030004.jpg

2日目は初っ端からラビットカー塗装に遭遇!なかなか運が良いのですが、実はこの日も養老鉄道の本社へと行かなければならないので、お隣の西大垣駅で下車。ものの数分の乗車となりました。

20111030005.jpg

養老鉄道本社、そして大垣市役所を巡ったあとは、養老線の北限である揖斐駅へ。ここでレンタサイクルを借りて揖斐川町役場へ訪問。

20111030006.jpg

そのついでに今は無き名鉄揖斐線の廃線跡でも拝もうと、本揖斐駅跡へ行きましたが・・・まあ何というか、見事に区画整理され、駅舎があったであろう場所にはバスロータリーが設けられ、バス停名でしか廃線を偲ぶことは出来なくなっておりました。

20111030007.jpg

そして3日目。この日は海津市役所だけの訪問ということで、時間的余裕があることから名鉄経由で撮影しつつ、養老線へ。
まずは犬山駅で名古屋市交通局の7000形を確保。2本在籍しているのですが、運用がラッシュ時に1本運用と、なかなか撮影が難しい車両で、今回漸くまともに撮ることが出来ました。

20111030008.jpg

続いて鶴舞線用3000形の急行を撮影。後述するN3000形への置き換えが決定しているので、こちらも早めの記録。

20111030009.jpg

その後、各務原線経由で岐阜に出て大垣に行ったのですが、折り返しの列車が・・・ん?「新快速 天竜峡」行き!?

20111030010.jpg

ちなみにこの日は薬膳列車の運行日ということで、大垣駅ではこんな並びも。
・・・それにしても、フレンチ薬膳が美味しそうだったなぁ。。。

20111030011.jpg

そして実習最終日は朝に解散ということで、調査という名目で名古屋観光。まずは友人がどうしても行きたいというので、恒例となった「喫茶 マウンテン」へ。
本当はいい加減にまともなメニューを食べたかったのですが、学会誌に写真を載せるから、面白いものを食べてくれというリクエストを受けてしまったので友人は甘口抹茶小倉を、自分は甘口バナナを食しました。

というか、実際はというと、友人が6口ほどでダウンしたので、奥の抹茶も自分が食べていたり。これまでは単独登頂でしたが、まさかのまさか、ここにきて遭難救助することになろうとは。友人Tよ、登山前の「俺、抹茶とかめちゃめちゃ好きなんだけど」という台詞はどうしたんだ!?

20111030012.jpg

バナナ&抹茶というあり得ない食べ合わせに食傷気味になりつつも、名古屋の山を後にし、鶴舞線の赤池へ。

20111030013.jpg

目的は勿論、名古屋市交通局の「レトロでんしゃ館」。実は夏の某OFFでここも候補としてはあったのですが、休日に行くと保存されている車両を見てはい終わり、という感じになるので面白くないな、という理由で却下した背景があったりします。
(そういや、夏のOFFの記事も書いてないなあ)

20111030014.jpg

まず注目すべきは初代東山線用の100形。初代銀座線とは違った意味での明るいレモンイエローの車体が印象的ですがこの車両、面白いことに車体はセミモノコック構造となっていたり。乗務員扉の部分を見ると分かりますが、車体側壁が内側に傾斜しているのがよく分かります。

路面電車や新幹線では実績のあるセミモノコック構造ですが、まさか地下鉄でも採用されているとは・・・驚きです。

20111030015.jpg

車内はこんな感じ。写真では分かりにくいですが、実際は車体が台形であることが車内に入るとより強烈に感じます。

20111030016.jpg

その他には名古屋市電の1400形や・・・

20111030017.jpg

連接車の3000形、

20111030018.jpg

無音電車と称され、後の東山線100形の開発に大きく貢献した2000形が展示されております。
この他にも、初期のシールド工法の模式図などなかなか感慨深い資料などがありましたね。

さて、本来であればレトロでんしゃ館の見学はここで終わるのですが、今回はまだまだ続きます。

20111030019.jpg

実は毎週月曜と金曜は事前予約の上で、隣接している名古屋市交通局日進工場の見学が出来るということで、実習最終日は見事に金曜ということもあり、予約の上で見学させていただきました。これが夏のOFFで、レトロでんしゃ館を外した理由です。

ちなみにこの時は偶然にも桜通線の6000形が入場中。普段は3000形の解説になるということですが、今回はこの6000形を例にして案内の方に解説していただきました。

20111030020.jpg

案内の方曰く、この6000形で注目すべきはこの中間車。当初製造された1・2次車の中間車はこのような感じですが・・・

20111030021.jpg

今池~野並間の延伸開業時に増備された中間車である3次車はこのように妻面に窓が設けられており、妻の処理もやや異なっているのが特徴。妻窓は車内での視認性を良くするためだそうですが、実際は前後の車両に妻窓が無いため微妙なんだそうです。

なお、名古屋の鉄道というと愛知に本拠地を置く日本車輌が一手に製造を引き受けている印象がありますが、名古屋市交通局の場合、所属している車両の製造は日車と日立が半々くらいの割合だそう。その理由として、名古屋市交通局は名古屋市の組織の一部のため、こういった車両なども入札で決定されるが故、とのこと。こう考えると、新車のN3000形は日立製というのも頷けます。

20111030022.jpg

そしてこれがその待望の鶴舞線の新車であるN3000形。検修庫のピット内でしたが、特別に見せていただきました。しかも普段では見られない貫通扉が開いた状態。
一気に投入されれば何ら珍しくなくなるN3000形ですが、こういう光景はなかなか見れませんね。貴重な光景を見せていただきました。

20111030023.jpg

最後に日進工場全景。今は3000形が主力で3050形がチラホラ・・・といった感じですが、将来的にはN3000形一色になるんだろうなあ。

20111030024.jpg

無事、日進工場の見学を終えたところでこの日の予定は終了。ちょうど赤池駅で3000形が停車し、幕回しを実施していたので少しばかり撮影。

20111030025.jpg

20111030026.jpg

ここで友人とはお別れ。そのままこの3000形に乗って去っていきました。

20111030027.jpg

かくいう自分は豊田線の乗りつぶしも兼ねて名鉄経由で名古屋へ。無駄に1000円以上払ってみたりします。

20111030028.jpg

この後、ホテルに荷物を置き、いつも通りに池下の季節料理 香味さんに向かうのですが、名駅前でなかなか面白いボンネットバスが居たので撮影。確か東濃鉄道って、今となっては鉄道路線をもたない会社でしたよね。


さて、これにて前編は終了。翌日は大阪へと向かいます。
  1. 2011/11/02(水) 04:02:36|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。