スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

485系10両編成を求めて。

6月も下旬になってようやく6月のお話が出来ます・・・。
といっても、今回は小ネタですが。

20120602001.jpg

時は6月2日。この日は午後から都内で某薄い本に近いジャンルの打ち合わせが午後にあるということで、元々出かける予定だったのですが、午前中はフリーだったのでついでとばかりに常磐線を485系10連が走るというネタに乗っかるべく、バイト上がりからそのまま出撃。

ただバイト上がりの時間からだとあまりにも早過ぎるということで、時間潰しがてら流鉄の流山駅へ。まずは今年の元旦には既にデビューしていた5000系の「流星」編成。

20120602002.jpg

1番線には2000系「なの花」編成が休んでおりました。

20120602003.jpg

そして留置線には元旦の記事ではデビュー前だった「あかぎ」編成が。流鉄にこの真っ赤な車体がお目見えするのは久々のことですね。

20120602004.jpg

車庫の中には2000系「青空」編成が。なお、この「青空」編成は7月15日限りで引退となります。流鉄は今時の鉄道会社には珍しく自社のHPを持っていない会社なので、こういった車両の登場・引退情報は現地で仕入れなくてはならなかったりします。まさに地域密着。

20120602005.jpg

お目当ての5000系「あかぎ」編成を撮影出来たところで、5000系トップナンバーの「流馬」編成で幸谷駅へ戻ります。なお、あまり知られていないことですが、流鉄とJRの接続駅は馬橋だけかと思われがちですが、実はJR新松戸駅から流鉄幸谷駅への乗り換えも可能。武蔵野線沿線からアプローチする際は新松戸→幸谷乗り換えが1番便利です。
(ちなみに流鉄の駅別平均乗車人員でも幸谷駅は馬橋駅を抜きトップ)

さて、本題の485系10両編成を撮るべく藤代駅へ移動。

20120602006.jpg

まずはE653系「フレッシュひたち12号」を撮影。堂々の7+7の14両編成の姿は圧巻。JRの特急では特急「踊り子」に次ぐ長編成を組んでいた特急ですが、E657系の投入によってこの光景ももうじき見納め・・・になるんでしょうかね?

20120602007.jpg

そしてお目当ての485系K60編成6両+K40編成4両、計10両による集約臨時列車。通常はK60編成、もしくはK40編成単独で運用されることが多い勝田車両センターの波動用485系ですが、この修学旅行シーズンのみは両編成を連結して堂々の10連を魅せてくれます。

国鉄色ではないのがちょっぴり残念といえば残念ですが、現在では485系で10両を組む唯一の車両ですので文句は言ってられません。というか、国鉄色でなくても十分貫禄があります。

20120602008.jpg

そしてこの10連で見ておくべきところがこの連結面。かつては九州内の特急で見られた485系の連結シーンですが、その連結シーンも今となってはここだけのシーンです。

ちなみに右側のK60編成は北海道用の1500番台で前灯が4灯となっていますが、左側のK40編成はもと「ビバあいづ」用の1100番台。おでこの前灯と特急シンボルマークが無く、加えてタイフォンカバーもシャッター式ではありません。こういったところにも特徴があるのが勝田所属の485系の見所です。

・・・まぁ、K40編成のほうは原型に戻して欲しいというのがファン心理ではありますが、贅沢は言えません。

20120602009.jpg

最後尾のK40編成側からもう1枚。

なお、集約臨の時期が終わってしまった今頃では遅いかもしれませんが、この勝田所属の485系の10連ももしかすると今回の運転がラストになるかも・・・という噂がチラホラ聞こえてきていたりします。おそらく今年の12月改正ではE657系の増投入→651系の波動用としての活躍が開始されると思いますので、良いところ今年か来年が10連を組む最後のチャンスとなると思われます。

記録はやはり早め早めが重要ですね・・・。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/22(金) 07:12:09|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京急ファミリー鉄道フェスタ2012&東京ソラマチへ。

長い長い5月26日の話題を書き終えたところで、今度は翌5月27日のお話。
この日は毎年恒例の京急ファミリー鉄道フェスタが開催されるということでいっちょ久里浜まで行ってきました。前日の疲労…(というより、日焼け)でちょっとキツイ感じがしつつも、所詮電車移動だけなので非常にイージーモードです。

20120527001.jpg

今年の車両展示の全景。旧1000形がいなくなって随分と顔つきが揃ってきてしまいましたね。少々、寂しいです。

20120527002.jpg

まずは左の3形式。新1000形SUS車、2000形、800形。ちゃっかり新1000形が他社種別のアクセス特急表示なのは相変わらず。

20120527003.jpg

右側4形式は600形ブルスカ編成、2100形ブルスカ編成、新1000形、1500形という様相。7編成並べてそのうち4編成が同じ顔つきとか、撮る側としてはちょっと残念な気がしないでもないですが、ブルスカ編成がアクセントに入っていると随分と面白くなりますな。

20120527004.jpg

で、おそらく今年のファミリー鉄道フェスタで1番注目されたのが真ん中にいらっしゃる800形でしょう。新1000形の6両編成増備でおそらく来年か再来年くらいまでの寿命と思われます。引退前に登場時の快特塗装に復刻してくれないかしら…。ラッピングでも良いんで。

20120527005.jpg

公式の展示車両ではないようですが、車両展示会場の脇にはデト15・16が。文庫の留置線とかに行くと結構、見かける顔つきですが、意外にもあまり撮影する機会がないんですよね…。

20120527006.jpg

車両展示会場以外だと、前面貫通路を開いた状態で新1000形が展示。ロングシートWing号かよ!という突っ込みはしないお約束。

20120527007.jpg

方向幕実演の脇ではブルーリボン賞受賞ヘッドマークを掲げた2000形が。そういや2000形はブルーリボン賞を獲得していたんですよね。先生、すっかり忘れていました。

20120527008.jpg

で、恒例の方向幕実演。今回は新1000形が担当。てっきり800形を持ってくるかなと思っていたのですが。

あと、今年は場所取りを失敗してクソ画像を量産する結果になってしまいましたが、いくつか面白いものをピックアップ。まずは1H 特急 金沢文庫。結構見られるっちゃ見られるんですが、個人的にあまり見てないということで。

20120527009.jpg

88T 普通 三崎口。普通と三崎口の組み合わせもレアといえばレアですが、運番が都営車のT表示ということで。

20120527010.jpg

13A 快速 成田空港。相変わらず京急さんは他社の種別もお構いなしに出してきます。というか、新1000形のアルミ車は停車駅予告装置が無いので原則、高砂以東に行かないはずなんですが。

20120527011.jpg

38D エアポート快特 京急川崎←→小島新田。もう何をツッコめばいいのやら。

20120527012.jpg

17T エアポート急行 浅草橋。京急車の浅草橋行って・・・。しかもエア急だし、運番はTだし。。。

20120527013.jpg

トドメは種別・行先ともにWing号。大事なことなので2度言いました(キリッ

さて、恒例の方向幕実演はこの辺で終了。担当の方曰く、幕の車両が減少してきて近い将来なくなるかも…みたいなことを仰っていましたが、LEDに統一されても続けていってほしいなぁ…と思っていたりします。

20120527014.jpg

検修庫内にも800形。空港線に乗り入れていた時代が懐かしい幕ですな…。

20120527015.jpg

京急600形と都営5300形が入場中。600形がワイパーカバーを外していると、登場時の姿を思い起こさせますね。

20120527016.jpg

そして解体線にはなんと旧1000形最後の2両とその奥には2000形が。ラストランから2年が経つ今でもこうして旧1000形が見れるとは思いませんでした。おそらく今年のファミリー鉄道フェスタ1番の収穫でしょう。

20120527017.jpg

同じく解体線で解体真っ只中の800形。先代の4ドア車700形のように何処かへ譲渡されるというのは無さそうですね…。

さて、京急ファミリー鉄道フェスタを見た後は来た道を引き返し、次の目的地へ…

20120527018.jpg

行く前に、京成小岩で69Kに充当中の3050形を撮影。3050形というと、日中はアク特運用が主体ですが、ここ最近は本線の快速運用の代走をこなしているらしいです。明るい時間帯に本線で3050形を見るというのはなかなか無いだけに、こういう機会にしっかり確保。

skytree_1.jpg

京成小岩で3050形を撮影した後はさらに引き返して押上へ。
この日の目的は自分の誕生日に開業した東京スカイツリー!

20120527019.jpg

…の、ふもとにある東京ソラマチ。スカイツリーのチケットは持っていないので登れません。一応、開業日が自分の誕生日と同じということで近いうちに登りたいのですが…。

ちなみに東京ソラマチ、飲食店系がかなり充実しており、自分の好きな祇園辻利が入っていました。ここの抹茶アイスが個人的には1番美味しいです。

20120527020.jpg

そしてソラマチに来た1番の目的がこれ。「コニカミノルタプラネタリウム 天空」。
実は自分の地元にはプラネタリウムが少なく、個人的には作品が充実していると思っているコニカミノルタプラネタリウムも池袋の「満天」しかないということでなかなか足を運べない状況にあったのですが、ソラマチにプラネタリウムが誕生するということで是非とも行きたかったのです。

20120527021.jpg

ちなみにこの日観た作品は「星空は時を越えて」(右)とヒーリングプラネタリウム「スターフォレスト」(左)の2作品。ヒーリングプラネタリウムは「満天」で以前に体験したことがあったこともあって想像通りの癒し空間を体感できたのですが、前者の「星空は時を越えて」はスカイツリー開業と絡めて作った作品ということでちょっと想像できませんでした。

若干、ネタバレですが内容としては星空の解説はもちろんなのですが、江戸と天文学・星空の関係を少しファンタジックな世界で演出している作品。星空の歴史を垣間見るような作品で、個人的には非常に満足な作品でした。

skytree_2.jpg

最後に夜のスカイツリーを。
日によってこの照明の色が変わるようで、この日は青っぽく光っていました。

一応、自分の誕生日と開業日が一緒の建物なので、近いうちにスカイツリー本体にも登りたいですね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/18(月) 17:20:36|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東武熊谷線廃線跡を歩く~これが本編

5月26日の話の続きです。
前々回の記事で、おおみや鉄道ふれあいフェアの後の予告をちょっとだけ出しましたが、お分かりになられましたでしょうか?

答えはというと、タイトルにもある通りあれは東武熊谷線の廃線跡です。
東武熊谷線は、かつて高崎線の熊谷駅から出ていた路線で、熊谷~上熊谷間は秩父鉄道と並走、そこから北上して利根川近くの妻沼という場所を結んでいた全長10キロの短い路線です。

計画としては今の東武小泉線と結ばれる予定でしたが、利根川を渡ることなく、伊勢崎線系統にも東上線系統にも属さない独特な路線になってしまい、今から約30年前の1983年に廃止となってしまいました。

廃止から約30年経つこの東武熊谷線ですが、今も廃線跡は色濃く残っており、首都圏で手軽に廃線跡ウォーキングが出来るということで、自分としては前々から行きたいなと考えていたのでした。

20120526017.jpg

というわけで、まずは大宮から北上して熊谷へ。乗車した車両はJR東日本の東海道区間から引退してしまった211系でした。房総地区の211系も配給輸送されたみたいですし、この湘南色の211系も関東からはもうじき見納めでしょうか。

20120526018.jpg

熊谷からは4月末以来に秩父鉄道に乗車。ちなみに写真は乗車した車両では無いですが、この羽生方面の電車が停まっているホームは、かつては東武熊谷線が使っていました。

20120526019.jpg

ところで秩父鉄道ホームの乗り換え案内の看板、よく見ると方面が「上野・高崎・渋川・長野方面」となっています。新幹線は別に記載されていることから、おそらくこれは長野新幹線開業以前から使われているんでしょうかね。今となっては渋川方面も臨時のみですし、なかなか年季が入っているものと見受けます。

20120526020.jpg

駅を出発すると緑色のデキが停車していました。おそらく以前のパレオ用の12系に合わせた塗装だと思うのですが、こちらも茶色に塗り替えたりするのかな?

20120526021.jpg

そして上越新幹線の高架をくぐり高崎線に寄り添うように走りだすと、その高崎線の複線(右側)と秩父鉄道の単線(左側)の間にしばらく使われていない線路が現れます。これがかつての東武熊谷線の線路で、実は熊谷~上熊谷(より少し先まで)の間にはなんと、約30年前の線路が今も残っている区間なのです。

計画としては東武熊谷線廃線後は秩父鉄道の複線化に使われる予定だったみたいですが、実際はそこまで需要が無かったんでしょう。今もこうやって線路だけが残っています。

20120526022.jpg

こうして上熊谷駅に到着。上熊谷駅もかつては東武熊谷線の駅で、こうして秩父鉄道と同じホームを共用していた名残が今も残っています。ちなみに上写真は奥が熊谷方。

20120526023.jpg

妻沼方はこんな感じ。上熊谷駅を出てすぐに秩父鉄道と別れるというわけではなく、まだ少し先まで並走しています。ちなみに写っている車両はここまで乗ってきた7500系。

20120526024.jpg

上熊谷駅の写真を撮っているとEF510が牽引する貨物列車が通過。北斗星色はよく見かけますが、カシオペア色が貨物を牽引する姿は初めて見ました。

20120526025.jpg

秩父鉄道の上熊谷駅の駅舎。小ぢんまりとしながらも、改札口がちゃんとあり、地方の小駅としては立派です。ちなみにこの上熊谷駅、駅舎内の運賃表は東武熊谷線時代のものが使われており、とうの昔に無くなった駅であるはずの「妻沼」の文字があったりします。
線路以外にもこういったところで廃線跡を楽しめるのが東武熊谷線のいいところです。

20120526026.jpg

ちなみに先ほどの秩父鉄道沿いの東武熊谷線の線路、踏切では見事にアスファルトで無くなっていますが、単純にアスファルトで埋めただけのようで、線路を剥がされているようではないみたいです。

20120526027.jpg

さて上熊谷からは廃線跡ウォークを開始。駅を出てしばらく線路沿いを歩いていきます。ここもまだレールが残っていますが、地元の住民の方が庭の延長線として活用状態に…。

20120526028.jpg

そこをもと東京都交通局の6000系が通過。もし東武熊谷線が今も残っていたら、思わぬ共演が実現していたかもしれませんね。

20120526029.jpg

このまま秩父鉄道沿いにずっと歩いていきたいところですが、東武熊谷線の廃線跡をトレースする場合は、上熊谷駅から2つ目の上写真の地点の踏切を渡ります。おそらく東武熊谷線の廃線跡トレースで一番重要な地点なのではないでしょうか?ここで渡り損ねると戻るのが大変になりますし。

なお、この2つ目の踏切の地点でレールは草の中へ。写真奥の石原方で秩父鉄道から分岐していたはずなのですが、目視するのは難しいです。

20120526030.jpg

この2つ目の踏切を渡った先にあるのが東武熊谷線の廃線跡を活用した遊歩道「かめのみち」。何故「かめ」なのかというと、開業当時の東武熊谷線に使われていた蒸気機関車の速度が遅くまるで「亀」のようだったため、「かめ号」と名付けられておりました。その名前がこの遊歩道にも名前として残っているわけです。

なお、「かめのみち」というだけあって至る所に「かめ」のモニュメントがあります。

20120526031.jpg

その他にもこのように意味もなく踏切のモニュメントがあったりします。ここに踏切があったのかは不明ですが。

20120526032.jpg

「かめ号」と名付けられた休憩所。一応、廃線前に走っていたキハ2000形を模してはいるみたいですが、似ているかというとかなり微妙。ちなみにドア上(?)にあるサボには「妻沼―熊谷」の文字がありますが、この「かめのみち」が妻沼まで続いているわけではなかったり。

20120526033.jpg

「かめのみち」自体は熊谷線跡地を使ってはいますが、このように曲がりくねっており、かつての熊谷線を味わうのはちょっと難しいですね。おそらく交差している道路付近に踏切があったと思うのですが…。

20120526034.jpg

「かめのみち」をしばらく歩いていると、上熊谷駅で別れた高崎線とぶつかります。東武熊谷線時代はここをオーバークロスで越えていましたが、今となっては築提が崩されており、「かめのみち」はここで分断されています。ちなみに奥にはチラッと高崎線のE231系が見えます。

20120526035.jpg

しかしこの高崎線のオーバークロス跡の地点の横に回ると、このように水路を跨ぐ東武熊谷線のアーチ橋が見えます。

20120526036.jpg

近くの踏切を渡り、高崎線の北側へ回り込んだところ。奥が熊谷方で木が生えているところが築提跡です。ここもかつて鉄道が走っていたことを把握するのはちょっと難しいですね。

20120526037.jpg

しばらく歩くと国道17号とぶつかります。手前の横切る道が国道17号、東武熊谷線は奥の木々の方が熊谷方となっており、空き地を通過し写真手前側に繋がっていたもの思われます。

20120526038.jpg

国道17号と交差してしばらく歩くと、これまでのように道の両側に生えていた街路樹は無くなり急に視界が広がると間もなく「かめのみち」が終了。よく見ると右側の境界の柵は鉄道でよく見かけるアレですな。

20120526039.jpg

そして「かめのみち」が終了すると…

20120526040.jpg

東武熊谷線廃線跡は建設中の道路に変貌。歩道部分は既に完成済みの道路ですが、車道部分は2車線の幅がありながらダートのまま。おそらく国道17号と妻沼方面を繋ぐ道路にする予定だったと思いますが、現状はこんな感じ。おそらく10年くらいはこのままらしいので、整備されるのはいつになるのやら。

20120526041.jpg

未整備道路を歩くと少し遠くに国道17号熊谷バイパスの高架が見えてきますが、この付近にあったのが大幡駅。開業当時は交換駅でしたが、晩年は交換設備は無くなり単式ホーム1面1線の配線でした。
現在はというと、気持ち少し広くなったかなという程度で、駅があったとされる痕跡はパッと見た感じでは分かりません。強いて言えば、鉄道用地に立てられている柵が右側にチラッとあることで分かるくらいでしょうか。

20120526042.jpg

国道17号熊谷バイパスの高架下から熊谷方を。
この写真の右側にも鉄道用地に立てられることの多い格子状の柵が見えますね。

20120526043.jpg

国道17号熊谷バイパスをくぐると、ここまであった歩道らしきものが消滅。とうとうただのダート道になってしまいました。強いて言えば未だに2車線分は確保されているということでしょうか。

20120526044.jpg

しばらく歩くとこんな看板が。
「この道路は農耕車のみ通行可能です」・・・完全に農道じゃないっすか。

20120526045.jpg

一応、工事中という扱いみたいですが写真のように普通に犬の散歩やらチャリで通過していく方が多い辺り、完全にこの辺りの生活道路のようです。まぁ、妻沼から熊谷への最短ルートみたいなものですから、自転車で走る分には便利なんでしょうね。

20120526046.jpg

しばらく行くともう周囲は完全に畑や田んぼに。昼間は良いですが、夜は街灯が無いですから、この道をチャリで走る気にはなれませんね…。

20120526047.jpg

そんな農道兼生活道路を歩いていると短い区間ですが道路が狭くなります。前々回の予告で使用した写真ですが、この部分こそ熊谷~上熊谷付近以外で東武熊谷線跡を色濃く残す場所。この細い道の部分は分かる人には分かりますが土盛りの軌道跡。
レールは剥がされてしまっていますが、それ以外は往時のままかと思われます。

20120526048.jpg

短い熊谷線の遺構を通過すると県道341号線とぶつかります。

20120526049.jpg

県道341号線側から。斜め左手前から斜め右奥に伸びていたのが熊谷線で、ここから先は普通の舗装道路に変化します。

20120526050.jpg

周囲の風景は農地と住宅地を繰り返す郊外の様相となり、道路も普通の道路と歩いている分にはやや苦痛になりますが、実はこの区間でも熊谷線の痕跡は残っています。

20120526052.jpg

例えばこの橋。一見普通の橋に見えますが、橋の名前をよく見ると「とうぶはし」、つまり「東武橋」というわけで名前の由来が東武熊谷線から来てるわけですね。

20120526053.jpg

そしてこの道路を歩いていて至る所に見つかるのが敷地区域標。「東武」の文字から分かるようにここにはかつて東武鉄道の敷地があったことを示しています。

また歩いているとよく分かるのは少し古めの家を見ていくと、この道路に面した玄関がないということ。こういうところからもここには道路以前になにか別のものがあったのでは…と推測できるわけです。

20120526054.jpg

そんな中を延々と歩いてようやく終点の妻沼駅に到着。奥が熊谷方です。大幡駅以上に妻沼駅は痕跡がサッパリ残っていないため、上写真の商業施設を目印にするのが良いと思います。

20120526055.jpg

前写真の右横に広がっているこの空き地が妻沼駅跡。コンクリートの基礎だけが残っていますが、それ以外は完全な更地で駅舎と、併設されていた車両基地は幻のものとなってしまっています。

20120526056.jpg

さて、東武熊谷線廃線跡のトレースはここで終了ですが、ここまで来たら見ておきたいのがこの近くにある市立妻沼展示館に保存されているキハ2000形キハ2002。東武熊谷線で使われていた気動車で、3両が在籍していました。そのうち2両は廃車・解体されてしまいましたが、この2002だけはこの妻沼展示館に保存されています。

20120526057.jpg

ちなみに色は今でいう末期色に近いセイジクリーム1色に塗られています。この色を伝える東武の車両としても貴重な存在と言えます。

さて、これで東武熊谷線廃線跡のトレースは完了。本当はまだ続きがあったりするのですが、今回は時間切れということで帰還することに。

20120526058.jpg

ついでに国重要文化財に指定されている旧坂田医院診療所を外観だけ見学。1931(昭和6)年に建てられたもので、鉄筋コンクリート製のモダンスタイルの洋館になっています。

20120526059.jpg

妻沼仲町バス停から朝日自動車のバスに乗車し、利根川を渡って東武鉄道の太田駅へ。行きはJRでしたが帰りは東武で。

ホームに上がるとソラカラちゃんラッピングの200系が出発していきました。
東京スカイツリー、タワー自体には興味はあまり無いのですが、下にある施設は個人的にはかなり気になっています。先日もプラネタリウムを観に行きましたが、非常に綺麗でした。

20120526060.jpg

ちなみにお金の無い自分は鈍行で帰還したというのはここだけのお話。

以上、東武熊谷線廃線跡探訪でした。
自分もまだ完全にトレースしきれていないので、近々再訪問したいと考えています。
その時は続編も…。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/16(土) 20:12:00|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

27thシングル「TIME SPACE EP」発売!

随分と遅くなってしまいましたが…

time_space_ep.jpg

27thシングル「TIME SPACE EP」発売!

17thシングル「STARCAMP EP」以来のEP盤での発売ですね。というか、あれからもう10枚のシングルを積み重ねてきたのか…というのが正直な感想です。たまアリで「Dancing in the velvet moon」を聴いた記憶が今も鮮明ですからね。

ちなみに今回のシングルは「TIME SPACE」、つまり「時空」そして「愛」がテーマとなっており、曲もこのテーマに沿ったものが収録されています。

それではいつものように感想でも。

1、「METRO BAROQUE」
劇場版「BLOOD-C The Last Dark」の主題歌。劇場版主題歌はなのは1st以来ですが、今回はアニメ版以来の「BLOOD-C」の主題歌ということで非常にアダルティな曲。特にピアノが無双状態で、ちょっとジャズっぽいというのが特徴的。来週に控えたLIVE UNIONではトムくんの指捌きに期待したいところです。

2、「PARTY! PARTY!」
最近の奈々さんの曲としては「HIGH-STEPPER」や「午前0時のBaby Doll」に近い印象でしょうか。ガールズポップな印象で歌詞もSAYURIさんらしいっちゃSAYURIさんらしい、今どきの女子!っていう感じなんですが、だからこそ自分にはちょっとピンと来なかったりします。一応ダンス曲らしいので、こちらもライブで期待といったとこでしょうか。
個人的にはSAYURIさんにもそろそろエタブレやジャスビリみたいな熱く幻想的な歌詞を期待したいところなんですけどね。

3、「時空サファイア」
個人的には今回のシングルの中で1番のお気に入りがこの「時空サファイア」。作曲はファンマイの吉木さん、編曲が陶山さんという黄金コンビでストリングスがめちゃめちゃ美しい。28thシングル「BRIGHT STREAM」も作曲が吉木さんということで、かなり期待してしまいますな。

4、「ONE」
NHKの「あにまるワンだ~」主題歌ということで、歌詞からは生物多様性を意識したような印象が感じられる、そんな1曲。メロディは暖かい反面、ちょっと哀愁を感じさせる感じなのですが、歌詞が環境と愛をリンクさせたものだけに、包まれるようなそんな感じを抱きます。個人的にはアコースティックで聴きたい1曲。

と、そんなこんなでざっと27thシングルの感想を書いてみた次第。
8月には28thシングルで劇場版なのは2nd A's主題歌を収録した「BRIGHT STREAM」が発売されますし、夏のLIVEが非常に楽しみになってきますね~。

[27thシングル「TIME SPACE EP」発売!]の続きを読む

テーマ:水樹奈々 - ジャンル:音楽

  1. 2012/06/14(木) 15:25:22|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おおみや鉄道ふれあいフェアに行ってきた(※これはプロローグです!)

随分と放置気味になってしまいましたね・・・。
ココのところ別方面の活動が忙しすぎて(&個人的な私用が多すぎて)全然自宅のPCに触れることが出来ません・・・。

さて、タイトルにある通り、先週末は恒例のおおみや鉄道ふれあいフェアに行ってきました。昨年は震災の影響とかで延期→スケジュールが合わず行けず・・・でしたから、2年ぶりです。

あ、ちなみにタイトルにも書きましたが

これはプロローグです。

よくある本編かと思ったら壮大な前フリだった・・・っていうやつです。

20120526001.jpg

というわけで、プロローグなこちらはさらっと行きます。
いつものようにまずはJR貨物ブースから。今年はM250系「スーパーレールカーゴ」が入場中ということで、北側の留置線には前後のM車が展示されていました。

そういやM250系の先頭の佐川のヘッドマークってステッカーでしたっけ?プレート式だったような気がするんですが・・・。

20120526002.jpg

工場内にはEF65 1091号機が運転台見学に使われていました。2000番台への改番が進んでいますし、JR貨物の1000番台を撮るのはこれが最後になるかもしれませんね。

20120526003.jpg

ちなみに開場1時間前くらいから並んでいたので、運転台見学も楽々と出来ました。少し後になると家族連れが多くなってくるので並ぶだけでも気が引けてしまいますし。

20120526004.jpg

ガラス越しに機器室も。機関車の車内はなかなか撮影できるものじゃないので、こういう時にしっかり記録。

20120526005.jpg

EF64 1035号機。台車が抜かれ、側面も補修の真っ最中のようですね。

20120526006.jpg

EH500-24号機。そういや青函区間用のEH800形の開発も決定しましたし、EH500も近い将来変革が予想されそうですね。

20120526007.jpg

見事なくらいにバラバラなDE10 1748号機。後継のHD300形も量産化が始まりましたし、大宮でDE10が見られるのももうじき無くなるかもしれませんね。

20120526008.jpg

そして2000番台に改番されたばかりのEF65 2092号機。

20120526009.jpg

側面には祝福のプレートも。祝福していいのかはちょっと悩ましいところですが。

20120526015.jpg

貨車の補修庫にはコキ100系・・・ではなく、M250系のT車が。T車はてっきり東京貨物ターミナル内で整備していると思っていたのですが、ここでもやっているんですね。

続いてJR東日本の大宮総合車両センターへ。

20120526010.jpg

今年の展示機はEF65 535・EF60 510・EF80 36の国鉄電機が展示。そろそろ301系とかキハ391とかを整備して展示して欲しいと思うのは自分だけですかね。

というか、いつもは見える位置に留置されていたこの車両群も今回は見えなかったような・・・。まさか・・・ね。

20120526011.jpg

青大将色のEF58 93号機も例年通り展示。

20120526012.jpg

試乗会コーナーではE657系が活躍。側面のLEDが「急行 ぶらり鎌倉」とかなっていたのがちょっと気になりましたが、まさか波動用の485系も置き換えちゃうのかな?

20120526013.jpg

休憩車両には埼京線の205系を使用。埼京線にもE233系の投入が発表されましたし、大宮でこうやって見られるのも今のうちですね。

20120526014.jpg

最後に方向幕実演でいくつかレアな幕を確保。近いうちに方向幕のコレクションをどこかで放出したいんですけれど、なかなか纏める時間が無いんですよね。

と、こんな感じで今年のJRおおみや鉄道ふれあいフェアの見学は終了。
かなりあっさり気味にお送りしましたが、実際1時間ちょいで見学を終了していますから、当日もあっさり気味だったわけです。

さて長いプロローグでしたが、次回かその次くらいに本編をお送りします。

20120526016.jpg

ちなみに本編で訪れた場所はこんな感じの場所。
多くの人はただの郊外の風景に見えるかもしれませんが、分かる人にはこれが何なのか分かるはずです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/07(木) 13:06:19|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。