スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(2月23日)

旅行2日目(2月23日)

0223001.jpg

まだ、前日の疲れが残っているような気がするものの、頭痛は無くなりだいぶ楽に。この日は一般人が行ける日本の最北端である宗谷岬へ行く予定ですが、その前に撮っておきたいものがあるので、昨日に引き続き稚内駅へ。外は夜の間に気温が氷点下に下がったようでカチカチの氷結状態に。これはこれで危険ですが、凍っている場所をキチンと見分けられればこっちの方が断然、歩きやすいです。

写真はこの時の稚内駅のホーム。現在は突き当りを左に曲がるようになっていますが、新駅舎が使用されるようになると真っ直ぐ改札へ進むような形になります。


第4ランナー
4326D 宗谷本線 普通(キハ54形) 稚内(6:24)→南稚内(6:28)


0223002.jpg

この日の最初のランナーは宗谷本線の上り始発列車である名寄行き。・・・と言っても、隣の南稚内駅までの乗車ですけど(汗)ちなみに、この列車は翌日にも乗車することになります。
ちなみに稚内~南稚内間は自分1人の貸切状態でした(笑)

0223003.jpg

南稚内駅に到着後、まずは旧稚内運転区から出庫する52D 特急「スーパー宗谷2号」の送り込み回送列車を撮影。旧稚内運転区は稚内駅に直結していないので一旦、南稚内駅に出てから稚内駅へと向かうことになります。

0223004.jpg

特急「スーパー宗谷2号」が来るまでの待ち時間、ポイント近くをブラブラしてたら民家の窓にこんなのが。このうち「仁宇布」「北見枝幸」「浜頓別」は、自分は文献でしか知らない駅。ちなみに、仁宇布駅は美幸線の、北見枝幸駅は興浜北線の、浜頓別は天北線・興浜北線の駅。現在は全て廃線となっています。
・・・住民の方はおそらく自分と同じ世界の人と推測。

0223005.jpg

そして稚内駅からは52D 特急「スーパー宗谷2号」が通過。雪が少ないのは残念ではありますが、朝日が当たって非常に美しい。

特急「スーパー宗谷2号」を撮影した後は、再度南稚内駅へ。入場券を購入して、構内へ入ります。

0223006.jpg

南稚内駅へやって来た目的は・・・というか、今回の旅を冬に、出発を稚内にした真の理由はコレ。冬季のみ運転される宗谷本線の定期排雪列車雪372レ。冬の時期に毎日運転される排雪列車、つまり除雪列車で、日中にガッツリ撮影出来るのはここ、宗谷本線だけ。しかも、今期は日中に上るスジなので、光線状態も良好だったり。(ただ、雪が少ないので何とも・・・)

ちなみにこの日の雪372レはDE15 2515が使用されていました。やはり、この赤いラッセルヘッドはいつ見ても惚れ惚れしてしまいます。

0223007.jpg

稚内行きの4321Dとの並び。宗谷本線の縁の下の力持ちな並び。うーん、良いなぁ。

0223008.jpg

排雪列車は翌日にも堪能するので、今日はこの辺にして南稚内駅を出ます。ちなみに南稚内駅は元々は稚内駅として開業した駅であり、かつては天北線も分岐していた駅。そのため、駅舎も稚内駅に勝らずとも劣らず立派です。


第5ランナー
宗谷バス 大岬線 南駅前(8:17)→宗谷岬(9:00)


0223009.jpg

さて、ここでようやく本日の目的地である最北端、宗谷岬へ移動。南稚内駅近く(と言ってもバス停が4ヶ所くらいあってちょっと迷います)の南駅前バス停から宗谷バスに乗車。昨日はハイブリッド車でしたが、これはおそらく天然ガスの車両かな?どっちにしろ、我が地元には無い代物です。
ちなみに、行先は宗谷岬になっていますが、実際はその先の大岬小学校まで行きます。降り過ごしたりしないよう注意。

0223010.jpg

市街地を抜けると車窓には本日の目的地、宗谷岬が遠くに見えます。岬と言っても、そこまで突き出ている感じの場所じゃないんでちょっと分かりづらいですが。。。

そしてバスに揺られること約50分・・・。

0223011.jpg

最北端、宗谷岬に到着!

旅行2日目にして早速、日本の最北端に到達してちょっと言葉に出来ない感動を味わいます。あー、自分は今、日本のてっぺんに居るんだなぁ・・・と。
天気は良いのですが、残念ながら宗谷海峡を隔てた先にある樺太を望む事は出来ませんでした。

0223012.jpg

最北端の碑の近くには、樺太とユーラシア大陸間にある間宮海峡でお馴染みの間宮林蔵の銅像が。ここにあるということは、必然的にこの間宮さんは日本の最も北に立っている偉人さんということになりますかね。

0223013.jpg

宗谷岬の近くには弁天島という無人島が見えます。日本の最北というと、択捉島か宗谷岬があまりにも有名ですが、実はこの弁天島も最北の1つ。頭に「日本の実効支配が及ぶ」というのが付いてしまいますが、ここに行っても国際問題には発展しないので大丈夫です。ちなみに、最近では観光シーズンとなる夏を中心に、船でこの弁天島に上陸することが可能だとか。

宗谷岬からの景色を見たところで、ここで見つけた色々な日本最北端を。
下に行くほどくだらなくなっていきます。

0223014.jpg

まずは最北端の商店「柏屋」。残念ながら時間が早すぎて営業していなかったっぽいですが、店内では最北端到達証明書が買えます。無料じゃないところがミソ。

0223015.jpg

「柏屋」の道を挟んだ向かいにあるのは最北端の食堂、その名も「最北端」。稚内駅近くに旅館「さいはて」なんてのがありますが、それ以上にストレートなネーミング。
ただ、最北端過ぎたのかこちらも準備中。最北端もツライね。

0223016.jpg

宗谷岬の駐車場から少し先にあるのは、最北端のガソリンスタンド「安田石油」宗谷岬サービスステーション。流石にここには行列は出来てない・・・はず。たぶん。

0223017.jpg

自分が降りた「宗谷岬」バス停も勿論、最北端のバス停。最北端のバス停はバス待ちの間寒くならないよう、ちゃんと待合所がついてます。まぁ、北海道じゃかなり一般的な設備ですね。

0223018.jpg

さぁ、どんどんくだらなくなってきますよ。次に紹介するのは最北端の信号機・・・と最北端の標識。流石に交通量もアレなので信号機は押ボタン式ですが、ちゃんと青になってから渡りましょう。

最北端の標識は速度制限40km/hと駐車禁止。何処かの所長さんが観光地をたらふく回ったお陰か何かで、ある所員さんはスピード違反のキップを切られてしまったらしい・・・ということで、皆さんは制限速度を遵守しましょうね。一般道で100km/hとか出しちゃアカンよ!(特に西日本の方)あと、駐車場があるんだからこんなとこで路上駐車しないでよね!

0223019.jpg

次に紹介するのは最北端の公衆トイレ。最北端の石碑の傍にあります。お腹を壊しやすい何処かの所長さんもこれで安心だね!

0223020.jpg

審議の必要性が若干あるような気がしますが、最北端の国道標識。さりげなく旧字体。

0223021.jpg

トドメは最北端のマンホールの蓋。流石に無いか・・・と思っていたところ、雪の下に埋まっておりました。最北のマンホールは冬眠しちゃうんですね。

と、くだらない最北端シリーズはここまでにして、宗谷岬のまともな観光スポットへ。ここまで大量に紹介していますが、全てバスが戻ってくる間の30分間に撮影してるので、結構忙しいです。

0223022.jpg

で、宗谷岬のまともな観光スポットとはコレ。大岬旧海軍望楼。宗谷岬公園がある宗谷丘陵上にに立っているのですが、そこまでの階段が雪に覆われていてなかなか難儀でしたが、上って見てきました。

0223023.jpg

1874(明治7)年に樺太千島交換条約がロシアと締結されたあとも宗谷海峡では緊張状態が続き、そういった情勢の中、当時の日本海軍が1902(明治35)年に宗谷海峡を一望できるこの位置に建設したもので、船のブリッジを模したその形は当時の望楼としては異色の存在だったそうです。

0223024.jpg

後ろから見るとこんな感じ。そんなに大きくはないです。

0223025.jpg

旧海軍望楼の反対側には宗谷岬灯台。そんなに大きい灯台ではありませんが、国際海峡である宗谷海峡の航路を見守る重要な役目を担っています。勿論、これも日本最北の灯台。

0223026.jpg

宗谷丘陵から眺める宗谷岬の景色。うーん、来て良かったー!
これから南下を始める自分にとっては色々な思いがふつふつと湧いてきましたね。


第6ランナー
宗谷バス 大岬線 宗谷岬(9:34)→駅前ターミナル(10:28)


0223027.jpg

大急ぎで宗谷岬を堪能した後は、行きで乗ったバスに乗車して再び、稚内駅へ。行きでは市街地を過ぎると自分を含めた観光客オンリー状態でしたが、帰りは地元民の方が比較的多く乗車されてました。

ちなみに、今回自分はこの宗谷岬を訪問するために1日確保しましたが、飛行機で稚内へ来て、そのまま宗谷岬を訪問し、その日のうちに特急「スーパー宗谷」で南下を開始する・・・というのも、可能といえば可能です。

方法はANA571便→空港連絡バスまでの流れは同じですが、空港連絡バスを途中の声問という場所で降り、反対側から来る宗谷岬行きのバスに乗車、宗谷岬に14時半頃に到着し観光。15時頃に宗谷岬を発ち、駅前ターミナルに16時頃到着。16:51発の54D 特急「スーパー宗谷4号」に乗車して南下・・・という感じでしょうか(2011年3月現在)。これを使うと202レ 急行「はまなす」への乗車も可能ですので、その晩のうちに北海道脱出・・・というのも出来ます。

但し、飛行機やバスが遅れるなどすると乗り継ぎが上手く行かなくなりますので、確実に宗谷岬へ行きたいという方は稚内などで1泊されることをオススメします。


第7ランナー
4330D 宗谷本線 普通(キハ54形) 稚内(10:51)→抜海(11:06)


0223028.jpg

日本最北端の宗谷岬を訪問したところで、この日の後の予定はノープラン。さて、どうしたものかとバスの中で考えたところ、特急「サロベツ」の撮影の合間に、ドラマや映画の撮影でも使われた日本最北の木造駅舎で有名な抜海駅へ行くことに。

というわけで、朝に続き宗谷本線でほんの少しだけ南下します。

0223029.jpg

稚内を出発して15分、抜海駅に到着。
噂どおり、なかなか良い感じの駅舎です。旧駅舎時代の関東鉄道の騰波ノ江駅を思い出してしまいます。

0223030.jpg

内部はこんな感じ。ちょっと寂しい感じですが、ベンチもあり比較的綺麗な状態を保っています。無人駅なので駅員さんは居ませんが、事務室跡が保線要員の方の休憩所代わりに使われていることもあって、ちょくちょく手入れ等もされているのでしょう。海に近く、日本有数の地吹雪多発地帯の駅としては立派だと思います。

0223031.jpg

ホーム側からもう1枚。やはり冬であるのにもかかわらず、雪が少ないというのは残念ですが、本数が少ない宗谷本線で途中下車し、わざわざ訪問というのも難しいですし、貴重な記録になったと思います。


第8ランナー
4327D 宗谷本線 普通(キハ54形) 抜海(11:36)→南稚内(11:48)


0223032.jpg

30分の滞在で抜海駅を後にし再度、南稚内駅へ戻ります。今更ながら結構な物好きですね・・・。そしてちょっと慌てていたためか、ここでリアルタイム更新を忘れてしまいます。2日目にして何という失態・・・。

0223033.jpg

南稚内駅到着後、旧稚内運転所を跨ぐ歩道橋から、まずは51D 特急「スーパー宗谷1号」を撮影。

0223034.jpg

そして朝と同じポイントに戻って、出庫待ちをする特急「サロベツ」の送り込み回送を。

0223035.jpg

稚内で乗客を下ろした後、旧稚内運転所に入庫して整備を行うために、先ほど撮影したキハ261系が通過。

0223036.jpg

先ほどのキハ261系が南稚内駅に到着すると、今度は特急「サロベツ」の送り込み回送が稚内駅へ向かうべく、南稚内駅へ入線します。・・・ということは?

0223037.jpg

キハ261系「スーパー宗谷」とキハ183系「サロベツ」の並び!
キハ261系とキハ183系の並びはここ以外に豊富駅でも見ることが出来ますが、あちらは交換のため一瞬であるのに対し、こちらはポイントの切り替え等もあるのでそこそこ長い時間停車しています。・・・まぁ、両方とも回送なので、ありがたみは半分かもしれませんが(汗)
ちなみに、特急「サロベツ」同士のすれ違いは豊清水駅で見ることが可能です。

0223038.jpg

そして本命の62D 特急「サロベツ」。キハ183系もそろそろ引退・・・なんて気がしないでもないので、特急「サロベツ」の撮影も早めにしたほうが良いかもしれませんね。


第9ランナー
宗谷バス 富岡線 南駅前(14:51)→駅前ターミナル(15:04)


0223039.jpg

本命の特急「サロベツ」の撮影を終えたところで、本日の目的は全て達成。稚内行きの列車は17時近くまで無いのでバスで・・・と思ったところ、こちらも1時間待ちという・・・。1時間以上あれば歩けよ、と思うところですが、シャーベット道路を1時間歩くのはなかなか堪える上に、稚内駅まで地味に距離があり道もよくわからないので、仕方なくバスを待つことに。

宿に戻ってから「ノシャップに行って稚内温泉へ行き、稚内駅へ戻ってくるのも1つの手だったかも」なんて思いましたが、既に後の祭り。まぁ、ちゃんと戻ってこれたので良しとしましょう。

0223040.jpg

最後に下りの61D 特急「サロベツ」を夕飯の買い出しついでに撮影。辺りは既に真っ暗ですが、三脚なんで洒落たものは持ち合わせていないので、四苦八苦しつつも手持ちで撮影。これにて本日の活動は終了。翌日は例の切符で南下を開始するので、早めに休むことに。

それにしても、旅行2日目でこの分量。あと17日も残ってるわけですが大丈夫か・・・?

←1日目(2月22日)へ
→3日目(2月24日)へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/03/22(火) 05:30:47|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ちょっと夕食を食べに行ってきます | ホーム | ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(2月22日)>>

コメント

ヤツメウナギさんおはようございます。編集お疲れ様です。
稚内はまだ行った事が無いのですが1日居ても楽しそうですね。
撮影する場所の参考にしたいと思います(いつ行けるか解らないけどね)。
17日間の撮影報告楽しみにしています。
  1. 2011/03/22(火) 07:58:45 |
  2. URL |
  3. 国鉄車両好 #SZUKa6Yc
  4. [ 編集]

>国鉄車両好さん
コメントありがとうございます。

稚内は面白いと言えば面白いのですが、やはり車を使った方がより効率よく回れます。
ただ雪道はちょっと怖いんですよね~。
  1. 2011/03/24(木) 01:50:17 |
  2. URL |
  3. ヤツメウナギ #Q3GCKOb2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1209-ef7c7867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。