スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと名古屋まで行って夕飯食べてきた

例の旅行記の執筆真っ只中ではありますが、22日の夜からちょっとばかし夕飯を食べに名古屋に行ってきました。
夕飯を食べに行くのが主目的だったのですが、後半は若干鉄分アリです。

詳しくは例の旅行記で記しますが、前々回の名古屋訪問で前々から行きたかった喫茶「マウンテン」で甘口抹茶小倉スパを食べたというのはご存知かと思います(詳しくはカレンダーの3月13日をクリック)。

で、喫茶マウンテンで登頂証明のスタンプを頂いたわけですが、喫茶「マウンテン」の甘口四天王は他に3品残っているわけで、そのうちの「甘口イチゴスパ」は冬春の期間限定商品。今を逃すと来シーズンまで食べられなくなる・・・というわけで、18きっぷの余った分を使ってまたもや名古屋の山に登頂しに行ったわけです。

20110325001.jpg

22日の夜、急遽「ムーンライトながら」の指定券を確保し、早めに小田原駅に到着。すると、箱根登山のホームには引退寸前となる5000形が。10両運転はバイトで行けませんでしたが、ここで出会ったのも何かの縁ということで撮影。

夜行のながらに乗って名古屋へ。時間が早かったので寒さしのぎにちょっとだけ美濃赤坂まで行ってきました。

20110325002.jpg

実は美濃赤坂支線に乗るのは初めてだったり。BARギコの縁もあって名古屋近辺には頻繁に行きますが、まだまだ行ってない場所・乗ってない路線が沢山あります。

20110325003.jpg

ちょっとした寄り道をした後、いざ「マウンテン」へ。その際に乗った新快速がまさかの国鉄色編成。鉄分控えめで・・・と思っていましたが、なかなか運が良いです。

さて、約1週間ぶりに再び「マウンテン」へ。夕食・・・というより朝食になってしまいましたが、早速甘口イチゴスパ・・・と、あえてイカスミジュースを注文。

20110325004.jpg

まずやってきたのはイカスミジュース。撮影者の腕がアレなのでコーヒーやコーラによく似ていますが、実際はグレーと黒の液体が混じった感じ。その辺が尚更、イカスミっぽさを出しておりゲテモノな匂いがプンプンします。

20110325005.jpg

そして「マウンテン」の甘口四天王の1つ「甘口イチゴスパ」。相変わらず湯気がモワっと出てくるくらいHOTで、麺も普通のゲッティ屋の2倍くらいの量。しかも時々イチゴのヘタが混じるという、味も去ることながら見た目もアレな存在。

20110325006.jpg

この日の朝食。

「アナタ、朝ごはんできたわよ~」って居間に座ってこれを出されたら即座に夫婦関係が壊れそうな、そんな感じのするコンビ。絶対に出会っちゃいけない、そんな存在。

20110325007.jpg

とは言いつつも、見事に完食。イカスミは見た目がアレですが、実際はフルーティで非常に美味しいです。人を見た目で判断しちゃいけません。
で、イチゴはというと・・・正直なところ、抹茶よりもキツイかも・・・というのが個人的な感想。抹茶小倉はフルーツに加え、あんこもしっかりどければサポート役になれますが、イチゴの場合、大量のクリームはサポート役としては不適格。キウイとイチゴだけが唯一の助けになります。

まぁどっちにしろ、好き好んで食べるような味ではない事は確か。口の中のギトギトな甘さがしばらく残って、ちょっと気持ち悪くなります。

出る時に女将さんに例のスタンプカードを見せて押してもらう。
「朝っぱらからご苦労だーねぇ~」

ゲテモノ好きが集まるマウンテンでも平日の朝っぱらからイチゴを食べる馬鹿はあんまりいないみたいです。

20110325008.jpg

目的のイチゴスパを食べきったところで、腹ごなしも兼ねてリニア・鉄道館へ。ヘッドライトが点灯した最速の並びを再撮影。

さて、この日の夕飯ですが、「マウンテン」で食べる事は決めていたものの、出来ればまともなメニューも食べたい・・・。しかしここまで来てまともなのはツマラン・・・。しかししかし、甘口ばかり食べるのは体にアレだしつまらない・・・ということで。

20110325009.jpg

ドン!

「マウンテン」名物のなべスパ。鍋焼きうどんのパスタバージョンだと思うのですが、煮込んでいる鍋が明らかにカレーやシチューを家族で食べるように作られた鍋。そこに白菜・ニンジン・インゲン1割と大量のパスタ9割勿論、これが1人前です。

しかも鍋の汁に味はない(おそらく普通の水)ので、付属のタレで食べていくわけですが、この量のパスタを延々と食べていくとタレも薄まってきて味がしなくなる、というより飽きてきます。七味とかそういう調味料があれば、変化がつくのですがそんなものもありません。

さすがの自分もこの光景に「こりゃ完全にマミった・・・(マミる:「魔法少女まどか☆マギカの登場人物「巴マミ」みたいになっちゃうこと)」と思いつつも登頂開始。傍ではマスターの恋愛観が店員さんに語られているのが耳に入ってきますが、こっちは恋愛どころじゃねぇ。

それでも朝のイチゴスパの倍近い20分かけて・・・

20110325010.jpg

完食。

いやー、これはやばい。おそらく食べにくさという点ではマウンテン最強かと。大量の麺が鍋の水を吸うので、終わりが見えない地獄+飽きてくる地獄。不味いわけではありませんが、登頂は難しいかと思います。

20110325015.jpg

比較用に隣に自分のiPod touchを置いてみましたが・・・あんまし伝わりませんね。とりあえずまずは実物を見て下さい。甘口イチゴや甘口抹茶小倉ほど不味いというわけではないですが、味が変わらない+量が多い、その恐怖を存分に味わえるかと思います。

ちなみにお値段はこの量で700円。かなりリーズナブルですが、食べた後の苦しみはハンパないです。

というわけで、1日に2度、しかもゲテモノメニューを食べつくした23日でした。

さて、この夜はながらで浜松折り返しを宿にし、大阪へ。当初の予定ではこのまま帰る予定でしたが、381系や183系「こうのとり」、205系の新色を撮影したいがためにまたまた塚本駅へ。

20110325011.jpg

まずは205系新色。なかなか悪くないと思います。(鉄分控えめなのでコメント少な目です)

20110325012.jpg

381系特急「こうのとり4号」。

20110325013.jpg

183系特急「こうのとり6号」。

20110325014.jpg

そして新大阪駅で特急「こうのとり5号」を撮影してこの日の予定は終了。

事前に運休の情報も仕入れていたので、新快速3436Mで米原へ。踏み切り障害の影響で10分延だったのですが、車掌さんが米原から接続する大垣行き210Fが待っているという放送を流していたので一安心・・・だったのですが。

乗り換えた先の7番ホームには何も居ない・・・。最初は何が起こったのか分からずパニック状態だったのですが、とりあえず駅員さんに聞こうと新幹線乗り換え口へ。

自分「あの11時30分発の大垣行きがいないんですけど・・・」
駅員「自分は新幹線担当だから向こうの(正面口の)駅員に聞いて。)
自分「はぁ・・・(乗客を歩かせるのかよ・・・)」

で、正面口へ移動。

自分「あの11時30分発の大垣行きってどうなってますか?」
駅員「え、もう発車しちゃいましたよ?」
自分「え、さっきの新快速の車掌さんが接続取るって案内してましたけど?」
駅員「じゃあ分かんない。ホームにいる駅員に聞いて」
自分「(また歩かせるのかよ)」

そして再び7番ホームへ。しかし駅員なんて何処にもおらず、3436Mから乗り継ぐ他の客も混乱気味。5分ほどしてその混乱に気付いたのか、面倒くさそうに駅員登場。

自分「あの11時30分発の大垣行きは?」
駅員「もう発車したよ。」
自分「え、3436Mの車掌さんは接続取るって言ってましたけど?」
駅員「そんなの知らないよ。指令では接続は取らないって言ってたし。」
自分「でも、他のお客さんもこうやって接続取ると思ってここに来ているんですけど。」
駅員「そんなの知らないよ。そんなに行きたかったら特急か新幹線に乗ってください」
自分「ちょっと、そんなのは無いんじゃないですか?皆が皆、お金持っているわけじゃないですし、18きっぷの人だっているんですよ?」

駅員「18きっぷの人はそういうのを覚悟でやっているんでしょ?お金が無いのに文句を言わないで下さい。

あまりの反応に自分は怒りで唖然となってしまいました。
お金がある無しに関わらず、乗客という立場はみんな一緒でしょ?それを誤情報を流しておきながら、「お金が無いのなら文句を言うな」?正直、信じられない反応でした。
他の乗客もあまりの反応で怒り心頭。一気に駅員に詰め寄る始末。まさに一触即発の状態でした。

そこに登場したのが特急「しらさぎ6号」に乗務するであろうJR東海の車掌さん。

車掌さん「あの~、お困りでしたら今度の特急(しらさぎ6号)の大垣まででしたら自由席かデッキに乗車して良いですよ。」

JR東海の車掌さんの提案でその場の乗客は別の意味で騒然。

自分「あの、18きっぷでも乗車していいんですか?」
車掌さん「ええ、こっちが原因の手違いですから結構です。大垣からは豊橋行きの快速が接続していますので、大垣までですが大丈夫ですか?」
自分「ええ、大丈夫です。本当に助かります。ありがとうございます。」

このJR東海の車掌さんの粋な計らいで、何とか自分は首都圏まで戻ってくることが出来ました。ホント、この提案を出してくれたJR東海の車掌さんには感謝で言葉が出ないです。あの時、このような対応をして頂けなかったら、おそらく当日中に首都圏まで自分は戻って来れなかっただろうと思います。

本当にありがとうございました!

あの時のJR東海の車掌さんはマジで天使に見えた。

それにしてもJR西日本のあの対応はあまりにも酷すぎる。全ての駅員さんがああいう対応をするとは思っていませんが、何を考えてあの発言をしたのか正直、理解に苦しみます。

18きっぷユーザーだろうと何だろうと、正規の乗客であるのは確かなはず。それをああいう反応で返すとか、ちょっと信じられませんでした。

絶対に乗らないとは言いませんが、JR西日本には多少の不信感を覚えましたね。
  1. 2011/03/26(土) 09:40:39|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(2月24日) | ホーム | 地獄を制覇・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1220-b0fbf6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。