スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(3月2日)

旅行7日目(3月2日)

2月28日、3月1日と2日間のインターバルを挟んで、この旅行もいよいよ後半戦。と言っても、前半戦は6日間なのに対し、後半戦は13日間と前半の倍以上ということで、前半戦はむしろ前哨戦、ここからが本番と言っても過言ではないかもしれません。
勿論、連続13日間の旅行というのも自分にとっては未知の領域です。


第37ランナー
405C 中央・総武緩行線 各駅停車(E231系) 本八幡(4:39)→御茶ノ水(5:02)


0302001.jpg

この日の最初のランナーは中央・総武緩行線の都心方面への始発電車である405C。これまでも度々お世話になっている電車です。というのもこの電車、秋葉原乗り換えて東京方面へ行くと東海道本線の始発の静岡行きに、上野へ行くと始発の水戸行き、宇都宮行き、高崎行きに乗り継げるという、北と南に行く幹線の鈍行の始発列車への接続の良さが売り。遠出する際には欠かせない電車になっています。


第38ランナー
469T 中央線 各駅停車(E233系) 御茶ノ水(5:03)→八王子(6:06)


0302002.jpg

御茶ノ水からは1分の乗り継ぎで中央線のE233系に乗り換え。普段は中央快速線でお馴染みのE233系ですが、早朝は各駅停車として緩行線を走行して昼間は止まらない駅にもこまめに停車していきます。昼間の姿とはギャップがあって首都圏在住ながら、結構面白い光景だなぁ、なんて思ったり。


第39ランナー
429M 中央本線 普通(115系) 八王子(6:29)→松本(10:25)※到着8分延


0302003.jpg

八王子からは始発の松本行きに乗車。ここまでは通勤電車だったので旅行気分を味わう・・・というのにはやや不適格でしたが、115系が出てくるといよいよ旅に戻ってきたという感じがします。
ちなみにこの列車、八王子~松本間を約4時間かけて走るという、なかなかの長距離普通列車。さすがに昨年夏の2429Dに敵うものではありませんが、東京都から長野県まで普通列車1本で行けるというのはよくよく考えると凄いことなんじゃないかな、と思います。

0302004.jpg

八王子を出て2駅目の高尾ではE257系を使用した中央ライナーが停車中。中央ライナー自体は何度か撮ったことがあるのですが、青梅ライナーは撮ったことが一度も無いんですよねぇ。出来れば青梅線内で撮影してみたいところです。

さて、高尾から甲府くらいまでは比較的見慣れた風景で(18きっぷやホリデーパスで手軽に行ける範囲なので…)軽くスルー。前日もバイトだったりと疲労が来ているので、この辺で少し眠っておきます。

0302005.jpg

中央本線で風景が変わってくるのは韮崎を過ぎた辺りから。この辺からは車窓に南アルプスの山々が姿を現します。写真は長坂~小淵沢間で撮影したもの。甲斐駒ケ岳を中心とした山々が非常に美しいです。ここまでも度々、雪を被った山を撮影してきましたが、やはり日本アルプスの美しさは山脈としては別格だと思います。

そんな南アルプスの山々に目を奪われていると、途中の信濃境~富士見間を走行中にこの列車が鹿を跳ねてしまいました。幸い、12分遅れで発車しただけで済みましたが、動物との衝突は機器を壊してしまうこともあるので怖い怖い・・・。


第40ランナー
1227M 篠ノ井線 普通(115系) 松本(10:56)→長野(12:20)※発車2分延


0302006.jpg

松本からは篠ノ井線で一路、長野へ。本当は松本電鉄の車両や大糸線のE127系などを撮影したかったのですが、時間が合わず両者ともいませんでした。残念。

0302007.jpg

途中の明科では後続の1005M 特急「しなの5号」の待避。先の429Mでも塩尻で特急「しなの3号」に先行されましたし、なかなかの特急街道ぶりです。逆に言えば、素直に塩尻から特急に乗れば1時間以上早く長野に着けることにもなるわけですが、急ぐ旅ではないですし、ゆっくりまったり行くのも良いものです。

0302008.jpg

そして忘れてはならないのが日本三大車窓の1つである姨捨付近からの善光寺平への眺め。残念ながら曇ってしまいましたが、晴れてるとさぞかし美しい光景が広がるんでしょうね。・・・それにしても雪が少ないなぁ。

0302009.jpg

姨捨駅で3524M 快速「みすず」との行き違いの合間に駅名標と車両を絡めて。


第41ランナー
529レ 長野電鉄長野線 普通(3500系) 長野(12:29)→村山(12:50)


0302010.jpg

さて、長野からは例の切符の経路から外れて長野電鉄に乗車。目的は須坂駅に留置されている2000系ですが、その前に1000系「ゆけむり」や2100系「スノーモンキー」を撮影や行きたい場所もあるので、少し手前の村山駅までの乗車です。ちなみに長野には幾度となく来ていますが、長野電鉄は初乗車だったり。

それにしても長野駅の9分乗り換えもなかなかきつかったです。最後の方に出てくる新大阪駅7分ダッシュも半端無かったでしたが、長野駅でJRから長野電鉄の地下ホームへ荷物を担いで行き、1日乗車券を購入…と9分ではちょっときつい感じでした。。。

0302011.jpg

村山駅で下車した後は道路沿いに西に歩き、まずは長野電鉄8500系を撮影。田園都市線で今も見かける、もと東急8500系ですが、これは先頭車化改造車。運行番号表示機が無くなっております。

0302012.jpg

先ほどと同じ8500系ですが、こちらは原型を留めている方。先ほどの車両とは車号の書かれている位置が異なっています。

0302013.jpg

既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この撮影場所は鉄道道路併用橋として有名な村山橋。長野電鉄の隣に走っている道路は国道406号線。日本のダボスとしても有名なスキーリゾートである菅平高原へ通じる道路で、最終的には群馬県まで結んでいます。

ちなみにこの鉄道道路併用橋、代表的なものとしては瀬戸大橋などが有名ですが、国道と同一平面上に鉄道が走っているタイプはここだけ。道路と同一平面上にあるという条件であれば、大阪の城東貨物線やレインボーブリッジがありますが、前者は歩行者のみ、後者は走っているゆりかもめが新交通システムというやや特殊な部類であることから、鉄道道路併用橋として一般的な仕様はここでしか見られないのです。

0302014.jpg

村山橋を渡る8500系。残念ながら新橋に架け替えられてからは高い柵が設置され、写真撮影はちょっと難しくなってしまいましたが迫力は十分。

0302015.jpg

そしてやってきた1000系 A特急「ゆけむり」。もとは小田急のロマンスカーの10000形でしたが、編成が短くして長野の地でも頑張っています。それにしても、よくぞ地方私鉄が整備の手間がかかる連接車のロマンスカーの導入に踏み切ったもんだ…。

0302016.jpg

反対側からは2100系 B特急「スノーモンキー」。こちらはもとJR253系の「成田エクスプレス」用車両。昨年の成田スカイアクセス開業と同時に引退した車両で、東急車輛から長野へ回送される際には「日光」「きぬがわ」用の253系1000番台と同時に出てきて驚かされたのも記憶に新しいです。

それにしても、東急出場時はあんなにボロボロだったのが嘘のように綺麗になっていますなぁ。

0302017.jpg

さて、この辺で村山橋での撮影は終えて、再度村山駅へ。なかなか趣きのある駅舎だったので撮影。

0302018.jpg

反対側からはもと営団日比谷線用の3000系である3500系が到着。営団に東急に小田急にJR…ある意味、車両の見本市状態ですな。。。


第42ランナー
533レ 長野電鉄長野線 普通(8500系) 村山(14:12)→須坂(14:17)


0302019.jpg

村山橋での撮影も済んだところで8500系で須坂へ移動。と言っても、目的の2000系はまだです。


第43ランナー
417レ 長野電鉄屋代線 普通(3500系) 須坂(14:24)→屋代(15:01)


0302020.jpg

須坂から乗り継いだのは来年3月31日限りで廃止となる長野電鉄屋代線。前々から廃止の噂はちらほら出ており、実際この旅行から帰ってきた10日後には国交省への廃止届が提出されてしまいました。というわけで、お名残乗車が多くない今のうちにちゃんと乗っておこうという魂胆でございます。

そして偶然にもこの屋代線の車内で大学の同級生にばったり出くわしたり。話を聞いてるとどうやら鉄道研究サークルの一環で富山やら長野やらを旅行している最中なのだそう(ちなみに、当方は鉄道研究サークルとやらには入っておりません)。しかもどうやら、村山橋で撮影していた時にもニアミスしていたみたいで、彼らが撮影していたビデオにはバッチリ自分の姿が・・・。

例の切符を見せつつここまでの経過を報告したりしているうちに、電車はあっという間に終着の屋代駅に着いてしまいました。

0302021.jpg

屋代駅に到着後、まずは屋代線のホームを撮影。ホーロー製の駅名板が柱とマッチしており、なかなか良い味を出しています。

0302022.jpg

待合室。村山駅もそうでしたが、長野電鉄は至るところにこういう懐かしい雰囲気の施設が残っていますね。こういった良い雰囲気の駅もあと1年で消滅してしまうのはちょっと勿体無いと思いつつ、やはり維持管理等、経営が苦しい地方私鉄にとってはなかなか大変な問題であるとも実感します。

0302023.jpg

しなの鉄道への乗り換え口への通路ですが、しなの鉄道側はコンクリートなのに対し、長野電鉄側は床が板張り。これまで度々懐かしい雰囲気の駅舎を見てきた自分でしたが、板張りの跨線橋はなかなか見れない代物だと思います。

0302024.jpg

屋代線で一緒だった大学の同級生達はしなの鉄道で長野へ戻るのだそう。ちなみに自分は長電フリーきっぷでの乗車なので元を取らなくてはいけないことから、屋代線でもと来た道を引き返して長野へ向かいます。


第44ランナー
418レ 長野電鉄屋代線 普通(3500系) 屋代(15:13)→須坂(15:49)


0302025.jpg

というわけで、須坂からここまで乗ってきた車両でもと来た道を引き返します。勿論、今回は人目もはばからずに前面展望。

0302026.jpg

屋代線で一番大きい駅の松代駅。屋代線全体でもほぼ中間に位置するこの駅からは大量の中学生が乗車しました・・・が、大半は信濃川田駅で下車。それ以外は1両に2~3人程度と、廃止になるのも致し方ない感じの乗車率でした。並行道路も整備されていますし、既に廃止は時間の問題だったのでしょう。

0302027.jpg

再度、須坂駅へ戻ってきたところで、ようやくお目当ての2000系を撮影。まずは2000系のD編成。2000系でこの編成のみスカートが取り付けられているのが特徴です。

0302028.jpg

改札の外へ出て、新OSカーこと10系を撮影。2003年に引退済みですが、今もこうやって須坂駅の留置線に留置されており、撮影も余裕で可能です。2000系も引退後、10系のように1編成くらい保管されるのかしら?

0302029.jpg

ちなみに2000系A編成は10系と連結寸前の位置で留置。このような長野電鉄オリジナル車同士の顔合わせはいつまで続くのかしら?

0302030.jpg

そしてホームに戻って2000系A編成を。こちらは3月27日限りで引退、残るD編成も今年の夏ごろには引退となる予定です。おそらく何かしらの形で保存されるとは思いますが、これで長野電鉄のオリジナル車の時代は終焉を迎えることとなります。


第45ランナー
220レ 長野電鉄長野線 普通(3500系) 須坂(16:47)→長野(17:12)


0302031.jpg

2000系も撮影したところで本日の予定は完遂。長野駅へ戻るべく普通電車に乗車します。・・・本当は後続のB特急「ゆけむり」でも良かったのですが、さすがに寒くなってきまして。。。

そういえば驚きだったのが、途中の附属中学前から乗ってきた中学生の制服。男子は至って普通なのですが、女子の制服が何とスカートではなくズボン。おそらく寒さ対策だとは思うのですが、男としては女子中学生の生足が見たいのですが、それが完全に隠れてしまうズボンを履いていることにに愕然となってしまいました。長野、なんて恐ろしい子・・・。

0302032.jpg

長野駅に到着後、606M 快速「しなのサンセット2号」を撮影。今もなお急行型の169系で運転される列車で、この列車と朝の「しなのサンライズ号」は乗車整理券として特別料金も必要になる列車にも使われます。急行が絶滅しつつある今でも急行時代の名残を残しつつある列車ですね。


第46ランナー
355M 信越本線 普通(115系) 長野(18:39)→直江津(20:18)


0302033.jpg

再び例の切符のルートに戻り、長野からは直江津行きの普通列車に乗車。さすがに夕方のラッシュ時間帯ということもあって、長野出発時点での車内はかなり混んでいましたが、それも豊野まででそれ以降は1ボックスに1人くらいの閑散とした感じに。まぁこの時間に直江津に出る人間は少数派ということなんでしょう。

そして列車が妙高高原に近づく頃になると、長野での天気が嘘のように車窓は大雪に。山岳部分だけというのは頭で理解はしていますが、この旅行中一番多くの雪を見た気がします。しまいには窓の隙間から車内に雪が吹き込んでくる始末で、すきま風が寒いのなんの・・・。

しかし、その大雪も高田を過ぎる頃には小康状態になり、直江津に到着する頃にはすっかり止んでしまいました。やはり山と平地では天気が大分変わりますね。

0302034.jpg

直江津では北越急行のHK100形を撮影。車両更新と共に、車体の新塗装化が行われているということで、近い将来この現行塗装も見ることが出来なくなりますから、見つけたときに記録記録。


第47ランナー
1357M 信越本線 普通(115系) 直江津(21:20)→長岡(22:46)


0302035.jpg

直江津からは長岡行きの最終列車で長岡へ。例の切符の経路だと、直江津から北陸本線へ抜けるのですが、次のランナーへの待ち時間が非常に長くなってしまうので、別料金を払って一旦長岡に出てから北陸本線へ抜けるという作戦です。

ちなみに直江津は昨年の夏にも早朝に訪問済み。夜に駅前に出ると非常に寂しい駅です。寒いですし。コンビニも無いし。


第48ランナー
502M 急行「きたぐに」(583系) 長岡(23:56)→金沢(3:04)


0302036.jpg

この日の最終ランナー、もとい宿は昨年の夏にも直江津~新潟間で乗車した急行「きたぐに」。昨年の夏はオンシーズンに加え、直江津~新潟間という人が乗ってきそうな区間だったので奮発してグリーン車に乗車しましたが、今回は金沢までの利用ということで座席は自由席。シーズンも3月頭の平日ということもあり、1BOXに1人程度の乗車率だったことから普通に座れました。

0302037.jpg

「きたぐに」の行先表示。次の日には最終的には大阪に行くのですが、今回も「きたぐに」は全区間乗り通さず、金沢という時間的にかなり微妙な場所で下車します。まぁこれにはそれなりの理由があるわけですが・・・。

←6日目(2月27日)へ
→8日目(3月3日)へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/09(土) 01:50:40|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(3月3日) | ホーム | ダイヤ改正を五感で感じろ!日本列島縦断19日間(2月27日)>>

コメント

ヤツメウナギさんおはようございます。編集お疲れ様でした。
乗鉄旅後半戦ですね。この日は中央本線を北上されたのですか。
長野でJR線や長野電鉄撮影されていたのですね。パリ―エーションも
あって楽しいですね。しなの鉄道の169系久しぶりに撮影したいです。
直江津駅からは583系きたぐにで移動したのですか。
続編の撮影記楽しみにしています。
  1. 2011/04/09(土) 07:37:46 |
  2. URL |
  3. 国鉄車両好 #SZUKa6Yc
  4. [ 編集]

>国鉄車両好さん
毎度、コメントありがとうございます。

長野電鉄2000系は旅行の計画上、留置された状態でしか撮影出来なかったというのがちょっと残念でしたね~。
スケジュールとお金の都合さえ付けば、もう1回くらい行って走行してる姿も拝みたいところです。

・・・ついでに名古屋に出て再度、登山を・・・なんて。
  1. 2011/04/09(土) 20:23:04 |
  2. URL |
  3. ヤツメウナギ #Q3GCKOb2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1225-1726cdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。