スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 STATION 12 さいたまスーパーアリーナ


livejourney_1.jpg

どうも。
例の旅行記の執筆後、更新が途絶えてしまいましたね・・・。

まぁ、テストやら何やらでめちゃめちゃ忙しかったりしたわけですが、そんな忙しい中で行ってきた「NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 STATION 12 さいたまスーパーアリーナ」公演のライブレポでございます。どうも、遅くなってしまい申し訳ありませんorz

さて、いつもであれば某研究所のU所長さんを拉致るところですが、今回のライブでは当ブログと相互リンクして頂いている黒鉄重工のロクマルサンさんを拉致、ご同行して頂き行って参りました。

それではセトリと共にさいたま公演を振り返ってみましょう。


livejourney_3.jpg

1、『SCARLET KNIGHT』
1曲目は勿論、アニメ「DOG DAYS」主題歌である「SCARLET KNIGHT」。曲タイトル、CDジャケの時点でこれはジャスビリ以来の「赤曲」な印象バリバリでしたが、その例に違わず参戦者は赤リウム持込が結構多かったですね。
そういや新曲のシングルA面曲がセトリの1曲目に登場するのは、2008年のLIVE FIGHTER以来ですか。しかも1曲目から燃え上がるような、そんな印象の曲が来るのは個人的には結構新鮮でした。

2、『ETERNAL BLAZE』
まさかの2曲目エタブレ投入キタコレ!
事前セトリで分かってはいたのですが、個人的にはエタブレは後半曲な印象なので、ここまで前半に来られると最初から全開で行けます。というか、エタブレが前半に来るのはLIVE FEVERの7曲目がこれまでの最高だったはずですが、そのうちエタブレが初っ端に来る時代というのもあるのかもしれませんな。初っ端でも十分盛り上がれます。

3、『十字架のスプレッド』
何故かライブよりもテレビでのお披露目が早かった「十字架のスプレッド」。思えば、MJでの公開が今年の1月で、オケライブで来るんじゃね?と予想はしたものの来ず、CD発売から1年以上お預けを食らっていますからね・・・。個人的には千代丸曲はそこそこの位置でツボってくれます。

そしてMCはツアータイトルがめちゃめちゃ長いということについてしばしば。何せ正式名称は「アニメロミックス Presents NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 supported by JOYSOUND × UGA カルビーポテリッチ」ですからね・・・。あと、この間ポテリッチのバターぽいのを食べましたが、懐かしきギザギザポテトな印象っす。

4、『still in the groove』
そして久々の登場となる「still in the groove」。セトリに入るのはかれこれ、LIVE DIAMOND以来ですか。ついこの間までダンス曲といえばスティルだったんですが、ギミゲとかテカショとか出ていますから、影が薄くなっちゃったんだろうな・・・。
ちなみに自分はテカショを期待していましたが、名古屋でやられているので残念無念のセトリ入りせず・・・。

5、『HIGH-STEPPER』
既にCSのLIVE JOURNEY番組で出ていたのですが、新曲の「HIGH-STEPPER」はダンス曲でした。これを聞くとふいに、昔のサトームセンのCM(ヒョウが踊っているやつ)を思い出してしまうのは自分だけですかね・・・。

6、『Polaris』
そして意外にも「Polaris」もダンス曲でした。個人的にはアコースティック曲かなーなんて思っていたのですが、こういうしっとり系でもしっかり踊れちゃう奈々さんスゲェ。

そしてここでバックバンド紹介。DIAMOND以降、映像と音楽繋ぎで行われるバックバンド紹介ですが、今回のチェリボは駅員さん風な衣装ということで、鉄道と絡めたムービーに仕上がっておりました。そしてその映像に使われていたのがロクマルサンさん御用達の大井川鐵道。これはもうあれだ、俺ら歓喜としか。

ちなみにりゅーたんは女をはべらし、トムくんはウサギを付属物に・・・は相変わらずですが、ドラムスのアベサマは何と撮り鉄風にしっかりカメラを構えていたのが非常に印象的でした。さすがというかなんというか、アベサマのカメラの構えっぷりには惚れ惚れしてしまいますね。やっぱプロだわ(ちなみにアベサマはプロ級のカメラマンでもあります)。

7、『Young Alive!』
そして個人的にはノリ曲の「Young Alive!」。今回のライブではステージから伸びる花道がU字状でして、そのUの中に我が席であるアリーナBが作られたことから、この「Young Alive!」と後の「DISCOTHEQUE」の花道周回では奈々さんの姿がよく見れて最高でした。

当初は「アリーナB15か・・・端っこくさいな・・・」とガッカリしていましたが、これまででおそらくトップクラスの神席でした。いやはや、めちゃめちゃ嬉しかったですね~。

8、『DISCOTHEQUE』
ちゅるぱやキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
かれこれ何度もちゅるぱやを生で聴いていますが、ここまで近い席でのちゅるぱやは初めてで、そりゃ興奮するなと言う方が無理な話。ロクマルサンさんと共にめちゃめちゃ叫びまくっていました。

と、ここでMC。
福岡転倒事件や新潟転落事件の話混ぜつつ、話は矢吹さんのアッー!な話に。見かけからして胡散臭いとは思っていましたが、男子の風呂場を盗撮するくらい胡散臭い方でした。うん、いい加減自重して下さい。

9、『STORIES』
そしてアコースティックコーナーでまずは「STORIES」。
仙台杜の都大学女子駅伝のテーマ曲となった歌だけに、今回のライブでは特別な思い入れがあることからセトリ入りしたとのこと。自分も震災の後、何度か「STORIES」を聴きましたが、やっぱり胸に来るものがあるね。

10、『アルビレオ』
続いて「アルビレオ」もアコで。砂漠っぽい印象が、これまたアコギとよく合うわけで・・・。

11、『suddenly ~巡り合えて~』
名阪のアリーナモードで「JET PARK」が来てたのでこれを見込んでいましたが、まさかのサダンリでした。これもよくよく考えれば久々の曲でして、独特のコール打ちを堪能出来た感じです。

12、『New Sensation』
これまでの流れだと、ここでちょっと古い曲が来る流れだったのですが、さいたまではまさかのアンコール曲であるニューセンがここに登場。サダンリからの繋げは個人的には好きな繋げ方です。

13、『Love's Wonderland』
そしてちょっと古い曲から「Love's Wonderland」。ここまでこのゾーンには「空と心と・・・」「supersonic girl」「NANA色のように」が来ていましたが、アリーナモードでは「Love's Wonderland」に固定されていましたので、コールもしっかり出来たのには満足。

そしてMCではケニーさんとりゅーたんが回ってコールに応える形に。ケニーさん、どう見ても53歳には見えないっす・・・。

14、『Level Hi!』
恒例のタオル曲は「Level Hi!」。思えば、3年前のLIVE FORMULAのタオル曲も「Level Hi!」でしたから、それに合わせたんですかね?個人的には懐かしい選曲で、振りも過去に何度もやっているので完璧、大満足な一曲でした。

15、『囚われのBabel』
タオル曲の後はリミッター解除モードへ突入。まずは「IMPACT EXCITER」未解禁曲の最後の1曲である「囚われのBabel」。ここまで前情報無しでいましたが、なるほどバベルはUO曲なのかと思った次第。トランスっぽいテンポの速さで打つのはなかなか大変でしたが。

16、『残光のガイア』
名古屋・大阪とやってるし「ガイア」は来ないかも・・・と心配していましたが、杞憂に終わり期待通り「残光のガイア」投入。やっぱりこの曲もUO曲というのは既定路線になったようで、全員で「いえええええええええええす!!!!!」と叫ぶのはいつ見ても壮観でございます。

そしてMCでアニメ「BLOOD-C」の話題を出した後は勿論・・・

17、『純潔パラドックス』
新曲、「純潔パラドックス」のご登場でございます。
これまで奈々さんの和ロックというと「悦楽カメリア」とかがありましたが、「悦楽カメリア」を陽とするのであれば、この「純潔パラドックス」は陰とも言える存在。CDも既に買ってありますのでこちらのレポは後々、再度いたしますがいやはや、CDを発売日前に生で聴けるというのはめちゃめちゃ興奮します。3年前のFORMULAでの「Dancing in the velvet moon」をつい、思い出してしまいますな。

18、『Bring it on!』
またまた3年前のFORMULAを思い出すブリオン。いやはや、3年前に来た身としては選曲が素晴らしすぎます。そして「ウォウウォウウォウウォウウォウウォウ!」のコールパートはいつ聴いても盛り上がります。

19、『ミュステリオン』
ブリオンの繋ぎで来るのは「ミュステリオン」。個人的には大阪でのマッシブに期待をしていたのですが、予想外れて「ミュステリオン」に。マッシブもたまアリで思い入れのある曲なんだけど・・・。と、少し残念ではありますが、ここでも既定通りヘドバンしまくりんぐ。お陰で若干、頭がクラクラしてました(汗)

20、『UNBREAKABLE』
新曲未解禁曲の「UNBREAKABLE」はここで登場。陶山さんのストリングスの入れ方はいつもたまりませんが、ギターとピアノ・ストリングスを混ぜ合わせて疾走感を出すという意味では、個人的にはかなりツボな曲です。一見すると、千代丸さんっぽい感じもしますし。
ライブでは2番のしんみりパートから徐々に加速していくのがたまりませぬ。。。

21、『Pray』
そしてラス曲は勿論、「Pray」。祈りという意味が込められたこの曲はいつ聴いても神々しい感じがしますが、今の時期だからでしょうか、心にグッとくるものがあります。

いつしか涙は明日を灯す 奇跡の太陽に
もう行こう 護るものがあるなら...


22、『ミラクル☆フライト』
アンコール1曲目は「ミラクル☆フライト」。そして奈々さんを乗せたNM 777号機牽引による「LIVE JOURNEY号」がステージ上に登場、ミラフラを歌いながら花道を一周という、なんという鉄ヲタ歓喜(2回目)な状況に。これは興奮せざるを得ない。

あれですね、次回のライブではこれが展示されるんですよね?

そしてMC
奈々さん「次回の仙台公演でライブは終わるけど・・・」
客「ええーっ・・・」
奈々さん「実は次のライブが決定しました!」
客「うぉぉぉぉぉぉぉー!」
俺(おそらく来年の初めか、カウントダウンかな)
奈々さん「日付は・・・12月3日、4日の二日間です!」
俺(ちょwww年内wwwそして2日間・・・?まさか・・・)
奈々さん「場所は・・・東京ドームです!!!!!」

客「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

そう、何と次回のライブは念願の東京ドーム2DAYS公演!
自叙伝「深愛」にも書かれていた、新宿コマ劇場に次ぐ奈々さんの憧れのステージが何と早々と決定してしまったわけでございます。いやはや、これはあまりにも嬉しすぎるサプライズ、そして12月が非常に楽しみで仕方がありません。
・・・それにしても三嶋P以下、スタッフチームはよくぞこんな大博打を仕掛けたもんだ・・・。

23、『POWER GATE』
嬉しいお知らせの後は恒例の「POWER GATE」。よくよく考えると、西武ドームでのパワゲも凄いものがありましたが、東京ドームでのパワゲとかどんな風になるんだ・・・?と今考えてもちょっと恐ろしいものがありますね・・・。

24、『POP MASTER』
ラストは会場全員での「POP MASTER」の合唱で〆。「Yes!」の部分とかはしっかりノれると、良い感じの掛け合いになって爽快感抜群、こりゃ高校生クイズでも聞きたい一曲ですな。そして何よりも、年末の東京ドームライブという、非常に大きな挑戦とも言えるライブの告知があった直後ですから、ノリっぷりもハンパないわけで。

そしてラストのお土産配布でも「POP MASTER」アカペラでお別れ。最高の夏の思い出でございました。

livejourney_2.jpg

次は東京ドームだ!

テーマ:水樹奈々 - ジャンル:音楽

  1. 2011/08/08(月) 18:55:59|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今度は大阪へ | ホーム | 朝っぱらからネタすぎる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1263-d9904155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。