スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまた会津へ winter ver.

前回書いたとおり今回は12月25日、クリスマスのお話です。
この日は今年最後の旅行、そして高校時代の仲間と一緒にクリスマス旅行ということで、前々から計画されていたものです。

で、今年は自分が旅行業取扱管理者の資格を取ったからなのか

「じゃ、ウナギに計画と添乗頼むわ」

という流れに。おいおい、計画は良いけど添乗はツアコンの仕事だぞ・・・(汗)と多少のツッコミは入れつつ、計画を練り始めたのが11月初めくらい。で、今回の行先ですが・・・

またまた会津です(今年3回目)

お前どんだけ会津好きやねん!と逆ツッコミがありそうですが、今回は何と冬の会津!
これまで春夏秋と会津には行っていますが、冬の会津は今まで行ったことがなかったので、計画を立てた本人としても非常に楽しみな旅行になっております。

20111225001.jpg

会津ときたら勿論、出発は東武。いつものように快速会津田島行きに乗車します。6050系のボックスシートはグループ旅行ではぴったりですよね!

さて、浅草を出発して2時間半ほどで新藤原に到着、ここまでは車窓に雪は無く前日の二の舞になるかも・・・と心配していたのですが・・・

20111225002.jpg

湯西川温泉ではうっすらとしていたのが・・・

20111225003.jpg

上三依塩原温泉口を過ぎるとこんな感じに・・・

20111225004.jpg

県境の秘境駅、男鹿高原ではここまで真っ白に。
この時点で計画は大成功。見事なホワイトクリスマス確定です!

20111225005.jpg

そして福島県に突入して会津荒海駅では対向列車と交換。
正直、東武の電車がこんな雪の中を走っているとか、ちょっと想像できませんでしたね。

20111225006.jpg

第一の計画を達成させたところで、今日の最初の目的地へ行くために会津田島で会津鉄道のAT-550形に乗り換え、更に北上します。

heturi_1.jpg

会津田島で乗り換えてから約20分、最初の目的地である塔のへつりに到着。
塔のへつりとは南会津を流れる大川沿いの奇岩群で、長年の侵食と風化によって出来たもの。ちなみに「へつり」とは会津弁で「川に迫った険しい断崖」という意味。

heturi_2.jpg

塔のへつりには夏に何度か来ているのですが、冬に来るのは初めて。
夏だと緑が非常に美しい場所なのですが冬は一変、荒々しさと寂寥とした感じが滲み出るような、そんな景観に。へつっていますねえ。

heturi_3.jpg

しかも雪が岩の削られた場所に層状になって積もることから、侵食の進んだ段階がよく分かります。

20111225007.jpg

一瞬、洞窟で撮影したような感じですが、実際は吊橋で行った先にある舞台岩の中で。上からの岩の迫り具合が凄いです。

20111225008.jpg

いやはや、こういうモノクロームな風景は夏じゃ見れないな・・・ということで

20111225009.jpg

モノクロにしてみた。
白と黒の世界、これがまさに冬!って感じがします。

20111225010.jpg

冬の渓谷も夏とは違った美しさがありますねえ。

20111225011.jpg

さて、存分に会津の自然を味わったところで、次なる目的地へ。

ちなみにこの塔のへつり駅、会津鉄道では会津田島駅・湯野上温泉駅と並び、東北の駅百選選定駅。こういうのって1路線1駅程度が基準なんですが、会津鉄道では3駅が選定、そして塔のへつり駅と湯野上温泉駅は隣り合っていることから、お隣同士が東北の駅百選選定駅ということになります。

20111225012.jpg

で、乗車するのは会津に来るたびにお世話になる快速「AIZUマウントエクスプレス」。赤い車体の列車は雪が降ろうと頑張って走り続けています。

20111225013.jpg

しかもこの日はクリスマスということで、アテンダントさんもクリスマスモード!か、かわええ・・・と女性陣の冷たい視線を受けつつキッチリ撮影。クリスマス中止とか、何処の都市伝説ですかね。

20111225014.jpg

アテンダントさんのサンタコスをものの5分で堪能し終え、お隣の湯野上温泉駅で下車。

20111225015.jpg

お馴染みの茅葺き屋根もしっかり雪化粧して、待合室の囲炉裏も本領発揮といったところ。

さて、ここからは会津でお馴染みの旅館のご主人さんと合流、自分が冬に最も行きたかった場所へ移動します。

20111225016.jpg

それがここ、大内宿。
今年の6月にロクマルサンさん達と1回訪問しているのですが、冬の風景の写真があまりにも美しく、これは是非とも行かなくては!ということで、今回の旅行の目玉として組み込んでみた次第。

summerouchi_1.jpg

ちなみに夏の大内宿はこんな感じ。
雪が無いのは勿論ですが、連なる家々の雪囲いが無く、加えて人の量が全然違うこともお分かりいただけるかと思います。

20111225018.jpg

夏と違って冬になると、所謂近代的な建物や設備も雪で覆い隠されるのが良いですね。
人の量も、昔は冬になるとこういう地域は人々も冬眠に入ると言われますから、風景としては昔を再現したといえるのではないでしょうか。

20111225017.jpg

大内宿北端にある子安観音のある高台から大内宿全体を。

summerouchi_2.jpg

こちらは夏Ver.
個人的にはやはり冬の、雪に覆われた大内宿が好きです。

20111225019.jpg

下郷町町並み展示館となっている復元された本陣。

summerouchi_3.jpg

こちらは夏Ver.
冬だと雪囲いで閉まっているかのような外観ですが、実際は左側から入ることが可能。昔は当然ながら本陣も冬眠に入っていたのではないでしょうか。

20111225020.jpg

さて、早朝に出発してから何も食べずじまいの一行は、昼食を食べるべく大内宿入り口にある三澤屋さんへ。あまりの空腹で既に突入を開始しようとしている方が2名いらっしゃいますがキニシナイ!

ちなみに三澤屋さんの名物はねぎで食べる蕎麦「高遠そば」が有名。夏のオンシーズンになると2時間待ちもザラですが、冬は昼食時でも待たずに席に案内されることが多く、待たされたとしてもそう長い時間待たされることはありません。こういう点でも冬の会津はおすすめです。

20111225021.jpg

一行はまず岩魚の塩焼きを。
水に恵まれた南会津は川魚が非常に美味しく、塩焼きでじっくり焼いたものは骨まで丸ごと頂けます。今度は山女も食べてみたいですな・・・。

20111225022.jpg

そして名物の高遠そば。
冒頭に紹介したとおり、器に添えられたねぎを箸代わりにして食べる蕎麦で、大根おろしが利いた出し汁で食べるのは格別。〆に箸代わりのねぎを食べる事で、口の中がさっぱりするのもGOOD。

ちなみに何故「高遠そば」というのかというと、この蕎麦が信州の高遠由来のものだから。高遠の殿様が会津に移ってきた際、その土地の百姓なども連れてきたことにより、会津でも蕎麦文化が誕生。それ故のそばなので「高遠そば」と呼ばれています。

20111225023.jpg

さて、大内宿を堪能した一行は湯野上温泉へ戻って、次なる目的地へ・・・といきたいところですが、今日のメンバーで一番の酒呑みが日本酒の「男山」を買いたいということで一旦、会津田島へ。参加者のニーズに応えるのもツアコンの仕事・・・なのか・・・?

20111225024.jpg

とか言いながらツアコンも会津田島で引退したキハ8500形を撮影。
出来れば走行シーンを冬に撮影したかったなぁ。

20111225025.jpg

田島の構内ではAT-400やAT-350も休んでいました。AT-400の雪が凄いですね・・・。

20111225026.jpg

参加者のお土産購入も済んだところで、本日最後の目的地である芦ノ牧温泉駅へ。

20111225027.jpg

目的は勿論、サンタコスのばす駅長!
これまで行く度行く度、お休み中だったばす駅長ですが、この日はストーブの前でどっしりと構えて駅長業務をこなしておりました。今日はサンタコスばかりで最高のクリスマスですね!

20111225028.jpg

なお、芦ノ牧温泉駅の構内ではクリスマスシーズンのイルミネーションも実施。あまり早く行くと見れないので、先ほどの田島でのお土産タイムは時間調整という意味合いもあったりしたのです。後付けの理由ですが。

20111225029.jpg

と、そんなこんなでこの日の会津クリスマス旅行は終了。
会津へは日帰りが信条の自分はこのまま浅草まで戻ります。

20111225030.jpg

ちなみに最後は時間的な都合もあり特急スペーシアを使用。午後割で特急料金が1000円と非常にリーズナブルな上に、リニューアル前の記録も出来たりと一石二鳥でした。

いやはや、今年の〆にふさわしい旅行になりましたね。
同行した方々、及びR館のご主人ありがとうございました!

テーマ:旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2011/12/31(土) 07:18:49|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年もありがとうございました。 | ホーム | ここ最近の近況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1300-63224cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。