スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特雪を追って。

随分前の記事で突如として旅行に行ってくるとか言っておきながら全然撮れなかった的なことを書きましたが、漸くこのルートの回収ができそうです。

えー、リアルタイム更新をご覧になった方は既に何の撮影のために旅行に行き、結果として何を撮れずじまいに終わったのか察しているかと思いますが・・・

今回の撮影目的は特雪でした。

特雪(トクユキ):
特殊排雪列車の略。除雪列車の一種であり、通常の除雪列車がラッセル車によるものに対して、ロータリー車によって運転される列車をこのように指す。現在、特雪が設定されている路線は信越本線の直江津~妙高高原間(そのうち主な除雪区間は新井~妙高高原間)のみ。


・・・ええ、この冬だけで意味もなく直江津周辺に3度も行きましたが全部、特雪目当てでした。お陰で随分とお金が吹っ飛びました。昨年の今頃ほどではありませんが、日帰りとしては結構な額っす。

で、今回はその計3回に渡る特雪追っかけのレポです。最も、今回の撮影が成功かと問われれば、限りなく失敗に近い成功という風に捉えていただければと思います。


まずは2月3日。

連日の大雪で信越山線は完全にマヒ状態、しかしこの日は寒波が一旦収まるということで、天候的には特雪が出る可能性が高い(特雪は原則、悪天候時には出しません。勿論、例外はかなりありますが)ということで、当初の2月1日から待って出撃。但し、信越山線が始発から運休ということでほくほく線回りで行く事に。

tokuyuki2012_001.jpg

というわけで、東京駅から上越新幹線で越後湯沢へ。乗車したのは200系の「たにがわ401号」。冬オンリーのガーラ湯沢行きということで、それ目当ての客が多かったです。自分もガーラ湯沢の下山コースは行ったことが無いので一度行ってみたいんですよね。

tokuyuki2012_002.jpg

越後湯沢からは「はくたか2号」に乗り継ぎ。前はJR西日本車、

tokuyuki2012_003.jpg

後ろは北越急行車。この特急「はくたか」も3年後に控える北陸新幹線開業でどうなることか。自分としては是非とも新幹線とバトルして欲しいのですが、おそらく北陸新幹線開業と同時に越後湯沢での乗り継ぎ割引設定が無くなる可能性が高いと思いますので、そうなると運賃・料金面で戦うのもなかなか・・・。

tokuyuki2012_004.jpg

お隣のホームに居たHK100形も撮影。冬季のみの餅焼き網も絶賛装備中。

tokuyuki2012_005.jpg

ちなみにこの日の上越線は北越急行からの乗り入れ列車以外は全面運休状態。これまでだとこういう事態には長岡のDE15や後述するDD14が出張ってきてせっせと除雪するのですが、近年の人件費削減&ENRによる除雪機関車置き換えの影響で除雪=線路閉鎖が決定してしまい、全然列車が来ないという事態も頻発しています。
JR北海道のDBRのようにENRにもATSを付けたほうが良いような気がするんですよね。出来るのであれば、ATSを取り付けて保線員による線路閉鎖運転とATSを稼動させた閉塞運転を選択出来るようにするとか。

tokuyuki2012_006.jpg

もっとも全く除雪されていないのかといえば、このように小型のモーターカーがせっせと除雪するわけですがなかなか・・・といったところ。

tokuyuki2012_007.jpg

さて本題の特雪はというと、越後湯沢出発の時点でどうやら庫から出ていないらしい・・・という情報を入手。こりゃ空振りか・・・と落ち込みつつも、上越市の親戚の家の除雪という名目で来ている以上、ここにきて引き返すわけもいかずガッツリ除雪してきました。新潟の雪は水分が多いので肩やら腰に来ます。

で、帰りの高田駅で除雪の光景を撮影。この日の信越本線も昼間は完全に麻痺っているので、せっせと保線や施設の方が除雪しておりました。お疲れ様です。

tokuyuki2012_008.jpg

直江津に戻っても特にやることが無いので留置されている205系を撮影。屋根の雪がヤバイ。下手したらクーラーとかが駄目になりそう。

tokuyuki2012_009.jpg

密かに国鉄色が来ないかな、なんて思いつつも特急「北越」を撮影。そういやこれも北陸新幹線の並行在来線問題でどうなることやら。新潟~北陸間の輸送って地味にあるので、新幹線で代替・・・というのも難しいような気がするけれど、新潟の485系の置き換え用に新車を持ってこないのって、おそらく新幹線が絡んでるからだと思うんですよね。何らかの変化があるのは確実ですかね。


続いて2月23日編。

2月15日に山線の終日運休が解除、それ以降寒波も緩んで今年の特雪シーズンも終わりかと思われた矢先、2月23日・24日と計画運休が発表。もともと24日に新潟方面に行く予定があったものの、23日に出られるとマズイ!ということで急遽、出撃しました。

tokuyuki2012_010.jpg

この日は既に信越本線が開通しているで長野回りで行く事に。長野からは普通「妙高号」で二本木へと向かいます。これも恐らく北陸新幹線開業でトドメを刺されるのではないでしょうか。普通「妙高号」はいつでも撮れるから良いものの、快速「妙高号」は直江津で撮ったっきりなので、もう一回くらい長野側で押さえておきたい限り。

tokuyuki2012_011.jpg

二本木到着後、まずは妙高高原止まりとなった「妙高4号」を撮影。側面の行先表示に「妙高号」の妙高高原表示は無いので白幕というのは知っていましたが、前面のヘッドマークも通常の「妙高号」表示ではなく「普通」表示。これはこれで貴重かも。

で、この日も2時間以上粘るものの、特雪出動は無し。どうやら妙高高原~黒姫間の排モによる除雪のための運休だったのだそう。特雪撮影に空振りは付き物と理解はしているのですが、2回連続でやられると財布的にも精神的にもキツイ。

tokuyuki2012_012.jpg

仕方ないので二本木での「妙高号」同士の交換で自分を慰めてみる。


そして運命の2月24日。

この日は元々は臨時急行「能登」がラスト運転になる可能性が高いということで、それならば「きたぐに」撮影と絡めて新潟~金沢~上野という経路で出かけるかと計画を立てていたのですが、まさかの特雪運転の可能性浮上。正直、「きたぐに」撮影どころではありません。

tokuyuki2012_013.jpg

「ムーンライトえちご」無き今、新潟へ夜行で行く手段は上写真の池袋~新潟線の高速バス。ということでこれに乗車し、一路新潟へ。それにしても、以前青森に行った際に乗車した弘南バスの「津軽号」の設備があまりにアレすぎて、普通の高速バスだと3列シートでもちょっと残念な感じがしてしまいます。

tokuyuki2012_014.jpg

さて、新潟に到着後は直江津へ・・・といきたいところですが、そこそこ時間がある(といっても、新潟周辺で撮影していたら間に合わない)というやりにくい状況だったので、何とか帯織駅付近で急行「きたぐに」を撮影。時間が無い上に、ポイントが微妙すぎて限りなく微妙な出来に。

tokuyuki2012_015.jpg

お隣の見附駅で快速「くびき野」を。これも新幹線開業でどうなるか・・・といったところですが、新井くらいまでなら乗り入れそうですね。もしくは直江津止まりにするか。最も、485系の寿命という問題もあるわけで何とも。

tokuyuki2012_016.jpg

そして特急「北越2号」で直江津までワープ。何だかんだであんまり特急「北越」に乗ることは無いのですが、意外にも新潟~長岡、長岡~直江津といった区間利用があった気がします。

tokuyuki2012_017.jpg

直江津に到着すると真っ青な475系が。真っ青にしたは良いものの、よくよく考えるとこの車両もあと3年でどうなるか。むしろ、真っ青にする意味があったのか。

tokuyuki2012_018.jpg

そして前日のように「妙高号」を撮影していると・・・ノソノソと庫からDD14が出現!これで本日の特雪が運転されるということはほぼ確実となりました。まさに三度目の正直。

tokuyuki2012_019.jpg

反対側からは快速「くびき野」充当中のT18編成が。DD14は出発線への移動中ということで、かろうじて国鉄色とDD14をファインダーに納めることができました。

tokuyuki2012_020.jpg

出発線待機中のDD14背合重連。日本で唯一現役のDD14にして、冬の王者。いやはや生で見ると感動ですよ。もうこれだけで大満足。ちなみに手前側(直江津方)がDD14 332号機、奥側(長野方)がDD14 327号機。後述しますが、両者で微妙に形態が異なっています。

生でDD14を見たことに感動を覚えつつ、「妙高号」で二本木へと向かいます。

tokuyuki2012_021.jpg

特雪を抑えるならココ!と決めているポイントに到着後、まずは先ほど乗車した「妙高4号」の返しである「妙高3号」を撮影。そして1時間半ほど待っていると・・・

tokuyuki2012_022.jpg

来た!全然雪を飛ばしていないけれど、ウイングを広げながらゆっくりとDD14が登場!噂では段切りを広げるという話もあったのですが、残念ながら段切りは広げず、雪の中の試運転状態ですが、現役で唯一のDD14ということを考慮するとこれだけで十分来た甲斐がありました。

tokuyuki2012_023.jpg

そして上写真から1分以上かけてゆっくりと近づいてきました。先頭を務めるのはDD14 327号機。前方投雪型のロータリーヘッドを保持している形態で、国内で車籍を有しているDD14の中で前方投雪型のDD14はこの1両のみとなっています。見分けるポイントはロータリーヘッド上にある投雪口が1つしかないという点。

もともとDD14は後述する側方投雪型が主流だったのですが、沿線に住宅地が増えると雪を投げる場所が無くなってきたため、とりあえず線路内に投げ、雪が投げられるような場所において側方に投雪できる前方投雪型に改造されていった経緯があります。

tokuyuki2012_024.jpg

そして後ろを務めるのがDD14 332号機。先述した側方投雪型のロータリーヘッドを持つ形態であり、国内ではこれの他に青森車両センターに310号機が保留車ながら在籍し、保存されているDD14も全てこの側方投雪型となっています。
言い方を変えれば原型を保っているという感じですが、前方投雪型の327号機に比べ自由度が低い事から、今では327号機の後押し専用機となっている感じです。

さて、ここで撮影してもまだまだ追っかけられるのが特雪の醍醐味。終着の妙高高原駅へ先回りします。

tokuyuki2012_025.jpg

二本木での撮影から1時間以上経って、DD14の背合重連は妙高高原駅に到着。構内に入る前にロータリーヘッドを閉じます。そういや前灯の他に、ロータリーヘッド上に付いている補助灯も点けていますね。場合によっては補助灯は消灯ということも多いのでなかなかラッキーです。

tokuyuki2012_026.jpg

そろりそろりと妙高高原駅構内に進入。殆ど作業をしていないせいか、雪が全然付いていないのが残念な感じ。来年への課題といきたいところですが、果たして行く機会があるのか。

tokuyuki2012_027.jpg

後ろのDD14 327号機側も。DD53無き今、側方投雪を見れることは早々無いのですが、いつかこっちも名まで見てみたい限り。

tokuyuki2012_028.jpg

2両の連結部。DD14は除雪時の視認性を上げるため、運転台を片方に寄せたエンドキャブとなっているため、背合重連を組む際は運転台が無い側をこのようにして連結させます。

余談ですが、保存機などを撮る際によくこの運転台が無い側(2エンド側)を前にした写真を撮る方がいらっしゃいますが、よくよく考えると結構オカシイ感じなんですよね。これを蒸気機関車に例えると分かりやすいのですが、運転台の無い2エンドはいわば蒸気機関車ではテンダの部分、つまり後方を撮ってるわけで、要は石炭と水タンクを撮っているようなものなわけです。
どう撮ろうと自分は構わないと思っていますが、これをいかにも正面です!と紹介している方を見ると残念な感じに思えてしまいます。

ちなみにこの2エンドを先頭にして運転することは視認性の悪さから入換以外には殆どありません。そのため何らかのトラブルか何かで2エンドが先頭になりかねない時は転車台に乗せる必要が出てきます。

tokuyuki2012_029.jpg

DD14 332号機のロータリーヘッド。ちなみにウイングにある2つの棒のようなものは、内側の段切り翼を広げた際に固定するために使います。段切り全開は一度で良いから見てみたいですね・・・。

tokuyuki2012_030.jpg

と、そんなこんなで今回の特雪撮影は終了、直江津へ戻ります。撮影内容としては限りなく失敗に近い感じですが、DD14を生で見れただけでも大満足。おそらく今シーズンの運転は終了と思いますが、来シーズンも是非とも行ってみたい限り。

tokuyuki2012_031.jpg

直江津へ戻ると北越急行のHK100形「ゆめぞら」編成が止まっていました・・・が、こっち側は100番台の「ゆめぞら」編成に対して・・・

tokuyuki2012_032.jpg

反対側はもと「ほしぞら」編成こと、「ゆめぞらⅡ」編成。100番台が片運転台車なのでまるで気動車の増結みたいな編成ですね。

tokuyuki2012_033.jpg

さて、目的の特雪撮影を堪能したところでラストランになる可能性が非常に高い急行「能登」に乗るべく、特急「北越8号」で金沢へ。ちなみにこの「北越8号」は急行「能登」への送り込みも兼ねているので、「能登」運転時には必然的に国鉄色編成が入っていました。

tokuyuki2012_034.jpg

金沢では一応、「日本海」を撮影。人がやけに多いなと思ったらローピン機が入ってたわけで、「能登」乗車or撮影組が早く来ていたと見受けられます。

tokuyuki2012_035.jpg

七尾線の415系の輪島塗色を撮影しようと思ったらこんなラッピングが。長谷川等伯にちなんだ「とうはくん」ラッピング編成だとか。そもそも歴史に疎い自分は長谷川等伯がどんな人なのかサッパリだったんですが、とりあえず芸術家というのは良く分かった。

tokuyuki2012_036.jpg

最近塗り替えられた413系の真っ青編成。これも新幹線開業時にどうなるのか分からないんだから、わざわざ塗り替える必要があったのかしら・・・。どうせ新幹線開業時には521系がのさばるうになる=475系・413系置き換えが何となく見えてみますし。

tokuyuki2012_037.jpg

そして本日の当初の目的だった急行「能登」。JRより発表があった春の臨時列車に「能登」の運転に関する記述が無くなっている=この日がラストランというのは濃厚だったのですが、注目度は低いようでギャラリーはそんなに多くなかったですね。急行「能登」が「ムーンライトえちご」のように18きっぷシーズンに需要が伸びる列車でない以上、一番の書き入れ時であるGWの設定が無くなったというのはほぼ廃止が決定し哀しい・・・と思いきや、個人的には「ムーンライトえちご」にK編成が戻ってくるということで大歓迎。さすがに183系のグレードダウンはちょっとね・・・。

tokuyuki2012_038.jpg

側面幕。思えば、金沢から「能登」に乗るのははじめてかもしれんね。

tokuyuki2012_039.jpg

で、ラストランは順調に行く・・・と思いきや、後続の特急「サンダーバード」の遅れの影響で富山で接続待ちをすることに。意外な撮影チャンスが生まれました。

tokuyuki2012_040.jpg

とはいえ、上越線内で遅れを取り戻し、上野には定時で到着。僅かな期間ではありましたが、485系新潟車の「能登」での活躍を労いたいと思います。お疲れ様でした。

というわけで、これにて特雪を追っかけた2月の旅行は終了。もっとも、効率の良い方はもっと上手に特雪撮影に行かれるのでしょうが、地元民ではない自分にとってはこれが限界でした。

来シーズンも撮影出来るのであれば、もっと効率良く特雪を撮りに行きたいですね。。。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/27(月) 17:55:08|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<東海道が熱かった3日間 | ホーム | これがラストラン?>>

コメント

特雪撮影、お疲れ様でした。
こうやってみると沿線在住の人以外は撮影するのにお金と時間がかかって大変そうですね。

DD14の解説も面白かったです。とすると、裏辺研究所のDD14の解説(http://www.uraken.net/rail/alltrain/dd14.html)の写真も、1番上に出ている写真はちょっとおかしいということになるのですか?
  1. 2012/03/07(水) 13:40:11 |
  2. URL |
  3. 水谷 #37sjkqqg
  4. [ 編集]

>水谷さん
コメント返しが遅くなってしまい申し訳ありません。

特雪撮影はそもそも、少し前までは沿線住民しか知らないようなネタですから、沿線外からの撮影は普通に考えて時間とお金、そして労力を費やす必要があるのは必然っちゃ必然なんですよね。
まあ、だからこそ、生で見たくなるんですが(笑)

裏辺研究所さんの解説については、既に自分とは全く関係ない事ですので正誤の件についてはコメントのしようがないのですが、とりあえずGoogleの画像検索で「DD14」と検索してどのような撮り方が多く出てくるかで何となく分かるかと思います。
  1. 2012/03/11(日) 01:52:48 |
  2. URL |
  3. ヤツメウナギ #Q3GCKOb2
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/03/29(木) 20:57:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

動画に475系の写真をつかってもよろしいですか?
なるべくはやく返答お願いします。
  1. 2012/04/07(土) 11:48:07 |
  2. URL |
  3. モハ774-3 #-
  4. [ 編集]

>モハ774-3さん
コメントありがとうございます~。
写真使用についてはこんな下手な写真で宜しければ、どうぞお使い下さい~。

もしネット上で公開することがあるのでしたら、いつでも宜しいので公開先のURLを教えていただけると嬉しいです。
  1. 2012/04/08(日) 00:56:14 |
  2. URL |
  3. ヤツメウナギ #Q3GCKOb2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1312-36d08328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。