スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NANA MIZUKI LIVE UNION 2012 SESSION 14 千葉・QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)

前回の記事の予告通り、今回は先日終了したNANA MIZUKI LIVE UNION 2012のツアーファイナル、SESSION 14のQVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)公演のレポでございます。

live_union_chiba2.jpg

千葉県民としては久々の地元公演&LIVE UNIVERSE以来の野外公演ということで非常にワクワクしていましたがその反面、この日の週間予報、そして直近予報共に千葉には傘マーク。ご本人もブログで雨のことを非常に心配しておられましたが当日はというと・・・

見事な快晴!!

午前中にはフェイトちゃんがサンダーレイジを打ち込んだり雷が鳴ったりとドキッとする場面があったものの、ライブ開始時には太陽も出てめちゃめちゃ暑くなる始末。
いやー、晴れ女の異名は伊達じゃないですね(物販は辛いですが)

ちなみにこの日は昨年の東京ドーム公演、LIVE CASTLE -QUEEN'S NIGHT-以来となる、黒鉄重工のロクマルサンさんとご一緒させて頂きました。いつもいつも有り難うございます。

それでは名古屋公演と同じようにセットリストと絡めてレポを。

1、『POP MASTER』
1曲目は勿論、この公演通してトップバッターを務めた「POP MASTER」。密かに野外、そしてスタジアムの千葉公演に何らかのサプライズがあるだろう・・・と思っていたらやってくれましたよ、ウォーターキャノン!
これまでも奈々さんのライブでは噴水など水を使った演出は度々行ってきましたが、基本的にあれはアリーナの一部でしか水の恩恵を受けないのですが、今回は会場の各所にウォーターキャノンを仕込んでいただけあって、自分が観ていたフィールドウィングシートというアリーナの脇の座席でも盛大に水を被りました。いやー、これが雨だったら全く意味がない演出だっただけに晴れて本当に良かったです。

2、『時空サファイア』
3、『Love Brick』

ツアー公演共通のオープニッグ2曲。やはりというか、「Love Brick」のコールは盛り上がりますね。名古屋公演の時にはやや薄めに感じたコールも結構聞こえましたし(まあ、それ以上にギター厚めな影響でかき消されがちでしたが)。
あとロッテの本拠地でCalbee協賛のライブなのに明治「果汁グミ」のCM曲「時空サファイア」を歌うとか、どうも色々な大人の事情を感じてしまうのは俺だけですかね・・・?

その後は最初のMC。奈々さん自身やはり天候をかなり心配していたこと、そして見事に晴れ渡った事を述べていました。前日物販でグッズのポンチョをわざわざ買ってしまった俺涙目。でも晴れてくれるに越した事は無いですね。

4、『76th Star』
超久々の「76th Star」がここで登場。名古屋で待ち構えていて来なかったことから、千葉では是非とも聴きたい!と思っていただけに非常に嬉しかったです。サビでのハンドクラップはやはりクセになります。

5、『SUPER GENERATION』
てっきり「フリースタイル」や「恋してる・・・」辺りが来るかなと思ったらまさかのスパジェネ。今回のツアー公演では基本的にスパジェネはアンコールでパワゲと交互、稀に重ねてくるという組み方をしていたので、ここでスパジェネ登場は意外でしたね。そしてこの時点でアンコールのパワゲがほぼ確定に。

この後は名古屋と同様、「恋のロックンロール」合わせてチェリボメンバー紹介。ツアーファイナルということでメンバーへの質問は「LIVE UNIONの思い出」。ファイアーのリハ遅刻謝罪に始まり、チョーさんの娘さんが初めてライブに来ていること、ゆたぽん皆勤賞など色々な思い出(じゃないものも有りましたが)が飛び出しました。そしてトリのりゅーたんはこの日がお誕生日とのこと。おめでとうございます。今後も素晴らしい演奏とMC(笑)を魅せてください。

6、『METRO BAROQUE』
メンバー紹介の後は「METRO BAROQUE」。いつもはサイリウムはUO以外は長時間用で良いかなと思っていたのですが、この日の「METRO BAROQUE」を観るとURにしたほうが良いかな・・・と思うくらい綺麗に赤く染まっていました。問題は赤曲がどの程度来るか予想がつかないんですよね。

7、『Bring it on!』
そして名古屋で聴きそびれたブリオンキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!「ミュステリオン」や「Trickster」も良い曲ですがやはり、ライブで一番盛り上がるバリバリなロック曲といえばブリオンだと思います。あと奈々さんメガホン装備もブリオン定番装備となりつつありますね。4年前のFORMULAの印象がやはり強い1曲です。

MCではりゅーたん48歳のお祝い、そして何とこのQVCマリンフィールド公演のためにチーム水樹がヘリをチャーター、空撮を実施しているとのこと。これまでだとLIVE DIAMONDで映像で空撮演出はありましたが、ライブでの空撮撮影は初めて。勿論、撮影していることからお分かりのように映像化決定だそうです。

8、『ROMANCERS' NEO』
9、『天空のカナリア』

MCの後は「ROMANCERS' NEO」と「天空のカナリア」。ツアー公演ではこの間に皆大好きエタブレが挟まっていましたが、野外・空撮実施ということでUOが映える後半に移されました。自分はここでエタブレが来ないという辺りで禁断の3コンボを予感し始めたのですが・・・

10、『chronicle of sky』
11、『PARTY!PARTY!』

チームヨーダ紹介の後は「クロスカ」と「PARTY!PARTY!」という名古屋で聴いたダンス曲2曲。「クロスカ」は勿論、大好きなダンス曲なので変えろとは言いませんが変更されるかな、という予感はしたものの、ツアーでやった残りのダンス曲がマリンという大会場ではちょっと盛り上がり足りないかもしれない「SCOOP SCOPE」と燃料多目な「ちゅるぱや」だったので、来るのであればクロスカかなぁという予感はしていました。このときまでは。

12、『DISCOTIQUE』
まさかのちゅるぱやキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
ここで3曲連続ダンス曲&〆にちゅるぱやとか俺歓喜すぎるwwwwというか、「もしかすると来るかもしれない」と思って入れておいたUPが見事に役立ってくれました。あと千葉マリン全体での「ちゅーるちゅるちゅるぱーやっぱー!」コールマジ最高。

そしてMCではアニメ「トリコ」のEDを担当する事を発表。そしてトムくんがノイズを出現させる次の曲をフライングさせてしまうミス勃発(笑)。まさかトムくんがフィーネでソロモンの杖の持ち主だったとは・・・。

13、『絶刀・天羽々斬』
というわけで急いでシンフォギアを纏ってノイズ殲滅、もとい「絶刀・天羽々斬」へ。

個人的には、というか多くの方がここで高山みなみさん召還→「逆光のフリューゲル」という流れを予想していましたが、残念ながらそれは叶いませんでしたね・・・。前日になってもみなみさんのブログに動きが無かったので何となく予感はしていたんですが、シンフォギア第1話のライブシーンと千葉マリンのシチュが全く同じだったので期待していたのは事実。全体的に素晴らしかったLIVE UNIONでしたが、ここでも何らかのサプライズが欲しかったなぁというのが個人的には惜しかった点だと思います。

14、『Brand New Tops』
MCでシンフォギアの話(出来れば続編をやりたい)を挟んでタオル曲の「Brand New Tops」へ。正直なところ、MCでタオル講座をやって欲しいというのが切実なところですが、LIVE DIAMONDの時に比べれば大分、振りが楽になったので良しとしたいところです。といっても、スタジアムでタオル曲はなかなか難しいところがありますが・・・。
あと、ここからギターにアニキ参戦。イタルビッチ、ケニー、シュウちゃんそしてアニキと、所謂クアトロギター状態へ。トリプルギターでも十分豪華なんですが、クアトロまで来るとなかなか普通のライブでもお目にかかれません。

そしてタオル曲の後は映像繋ぎ。名古屋で観た映像と同じかなと思いきや、後半の繋ぎで船の演出が加わった感じでした。これが後の演出の布石になるわけですが・・・

15、『Synchrogazer』
映像繋ぎの後は恒例のフライングでの「Synchrogazer」。アリーナ公演でもフライングを実施していましたが野外、それもスタジアム公演でのバックスクリーンからバックネットまでの長距離フライングは凄かったです。奈々さん曰く最長フライングだそうで、飛んだ距離は120mとのこと。これも雨が降った場合は中止になる可能性があったそうです。

16、『NEXT ARCADIA』
最長距離フライングで降りた場所には、先の映像繋ぎで登場した帆船「UNION STAR号」が!そしてこの「UNION STAR号」に乗り込んだ後は「NEXT ARCADIA号」に乗りながら我々の前を通過!いやー、これはアリーナ公演までは無かった演出でしたので興奮モノでしたね!あとネクアルは戦闘機に続き、何かと乗り物に縁のある歌だなーと思ったり。

MCでは勿論、最長距離フライングと「UNION STAR号」のお話。奈々さん曰くこの「UNION STAR号は」全長12mあるそうで、本当はアリーナ公演からやりたかったけれど、作ってから会場に入らないことが発覚。泣く泣く、この「UNION STAR号」はこの千葉マリン限定の演出となってしまったそうです。とりあえずあれだ、作る前に気付いてください。

そして話は劇場版「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の話題へ。前日には千葉マリンの近所であるシネプレックス幕張で最終絶叫上映が行われたとのことで、三嶋Pが観に行っていたとのこと。そして「なのは」の話題が出たということは・・・?

17、『BRIGHT STREAM』
「BRIGHT STREAM」キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!!!!!
何というかこの曲を聴くと興奮というより、映画のシーンが走馬灯のように駆け巡って涙が出てきます。あと会場のオレンジも美しかった!

18、『Sacred Force』
で、まだまだ攻撃の手を休めないのが水樹奈々流。今度は挿入歌の「Sacred Force」を投入。名古屋で初解禁となったこの曲を聴いたとき、本当に鳥肌が立ちましたが、この千葉マリンで聞いた「Sacred Force」も本当に鳥肌モノ。まさに全力全開手加減無し。

19、『ETERNAL BLAZE』
そしてトドメとばかりにエタブレ投入。
ブラスト→セイクリ→エタブレとか、全力全開のレベルを超えて限界突破レベル。流石の闇の書の闇さんも泣いて逃げ出すくらいの高火力コンボです。そしてやはりというか、この時のウルトラオレンジで染まった光景が非常に美しかったです。これまでドームの屋根がオレンジ色になっているかも?と言われていましたが、今回は本当の野外。空から見たら本当に千葉マリンの部分だけオレンジに染まっていた事でしょう。

20、『Justice to Believe』
エタブレで〆?んなこたぁない。
というわけで、今度はジャスビリで会場を真っ赤に染め上げます。
もう止めて!観客のHPはゼロよ!
冗談抜きで次回はUR持参だなこりゃ。

21、『宝物』
そしてライブの〆はしっとりと「宝物」。
奈々さんのバラードはいつもウルッとしてしまうのですが、夏に聴くと物凄く哀愁というか、切なさよりも夏の思い出が脳裏に蘇ってきてしまってウルっとしてしまいますね・・・。

22、『FEALESS HERO』
アンコール1発目は恒例の「FEALESS HERO」から。アニメ自体も夏ということで曲も夏に合わせていることから、何というか野外ライブにピッタリの1曲だなぁと改めて思ったり。

「FEALESS HERO」を歌い上げた後は恒例の「シャッス」コール、そして千葉のゆるキャラ「チーバくん」を召還。浦安のネズミさんや千葉の鉄道会社のゆるくないパンダさんは無理だったようです。

23、『ONE』
チーバくんを召還して歌うのは「ONE」。一体感が凄い奈々さんのライブでしたが、このLIVE UNIONのツアーファイナルの「ONE」で改めて皆が1つになれた、そんな気がしました。

そしてチーバくんをお見送りした後、奈々さんから「星見えてる?」との問いかけが。会場の照明が落とされると空には夏の大三角であるベガ・アルタイル・デネブが見えました。
そう。夏、そして星空と来れば勿論・・・

24、『星空と月と花火の下』
アンコール3曲目はツアーファイナル限定サプライズ、夏にピッタリの1曲「星空と月と花火の下」。思えばこの曲が解禁されたのも同じ野外公演が行われたLIVE UNIVERSEから。そしてサプライズの一曲は2番のサビでクライマックスへ。なんと会場後ろから

本物の花火300発を打ち上げ。

まさに「星空と月と花火の下」。
あまりのシンクロ率の高さで、花火を見上げながら感動で涙が出てしまいました。
(ちなみに作曲した上松さんもこの曲で泣いていたそう)

25、『POWER GATE』
いやいや、こんな湿っぽい終わり方は水樹奈々のライブじゃない!
というわけで、アンコールラストは勿論「POWER GATE」。「UNION STAR号」も再度登場し、会場をぐるっと1周。会場の皆にも最高の笑顔の花火が咲きました。

そしてライブのプレゼントショットが終わった後、次回のライブ告知。なんと

たまアリでのオーケストラライブ第2弾決定!
勿論、指揮者の藤野さんにもしっかりオファーしてあるそうです。
次回のライブも本当に楽しみになってきました。

live_union_chiba1.jpg

というわけで、夏の祭典「NANA MIZUKI LIVE UNION 2012」ツアーはこれにて終了。
総括としては何よりもツアーファイナルでの、晴れ女・水樹奈々の力が本領発揮されたというのが強く印象に残ったライブでした。ウォーターキャノンもフライングも花火も雨が降ったら無くなっていた可能性が高い演出ですから、晴れ女パワーは侮れません。

最後に、お忙しい中お付き合いしていただいた黒鉄重工のロクマルサンさん有り難うございました。

テーマ:水樹奈々 - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/18(火) 04:28:50|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LIVE UNION SESSION 14への道のり。 | ホーム | LIVE UNION SESSION 8への道のり。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1338-6d7a0ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。