スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

盛岡→東京 サイコロの旅 第一夜

<旅の前座はコチラ>

鉄ヲタ学生の徒然なる日々…×黒鉄重工
presents 残念な旅

あ、冒頭のコレはココからパクりました。サーセン

話は1月20日、たまアリでの奈々さんのライブ前のことである。
昨年、ロクマルサンさんが大阪から東京までサイコロの旅をやっていた話を私は羨んだ。ついでに「今度は一緒にやりません?」と振った。ロクマルサンさんは「まさか2ヶ月後にはやらないだろう…」(自分目線)と思いつつも頷いた。
しかし、そんな空気を読む気はない自分は2月上旬に「サイコロの旅が可能な日程を教えろ」と要求した。おそらく彼はここで「ああ、本気だ」と察したに違いない。しかしここで彼はある提案をしてきた。

「サイコロの目は私が決めますので、ウナギさんはサイコロを振る簡単なお仕事だけして下さい」
簡単なお仕事という言葉が大好きな自分は一も二も無く飛びついた。
行先が彼の有利なものになるとは露知らず。

そして3月14日、このためだけに盛岡まで来たロクマルサンさんをお迎えして旅が始まった。そう、行くあてもない旅が…

20130312014.jpg
<サイコロの旅とは>
ご存知、北海道発のバラエティ番組「水曜どうでしょう」の企画の1つ。レギュラー放送終了後も、手軽に行えることから「どうでしょう」ファンの間で度々行われる企画であり、もう何番煎じか分からない状態のモノである。ルールは以下の通り。

1:6つの選択肢が書かれたフリップに、その時点で乗車できる行先をリストアップ。
2:どれを選ぶかは運命のサイコロ(明治サイコロキャラメル)を使用。
3:出た目(行先)に従って移動。
4:目的地に着いたら1に戻る。

これを東京(山手線内)が出るまでひたすら繰り返します。当然、ロクマルサンさんの陰謀によって行先が東京と正反対のものをリストアップされ、それを自分が出してしまったとしてもサイコロの決定は絶対なのでそれに従います。

とは言っても、(予算の関係で)本家ほど酷い行先がリストアップされてないだけマシといったところですかね…?

というわけで、盛岡→東京 サイコロの旅 はじまります。

20130314001.jpg

3月14日午前7時、ロクマルサンさんと盛岡駅で合流。
記念すべき第一の選択です。

20130314002.jpg

1:北海道への第一歩 八戸
2:日本海側へ 大曲
3:魅惑の三陸 宮古
4:魅惑の三陸2 釜石
5:鶏めしを食べよう 大館
6:真っ直ぐ南下 一ノ関


…初っ端からコレですか。。。
南下する枠に4・6がありますが、釜石から先のことを考えると実質1枠。鬼です。

では、第一投を。

20130314003.jpg

1!

saikoro_01.jpg

1:北海道への第一歩 八戸

乗車時間:37分 乗車距離:96.6km
盛岡駅7時58分発の東北新幹線「はやて95号」に乗車。
初っ端から正反対である。しかも101kmにギリギリ届かないため学割も使えず。

20130314004.jpg

というわけで、せっかくIGRの改札に居たのに新幹線ホームへ。

20130314005.jpg

盛岡で分割する「こまち95号」を先頭に入線してきました。
そういや翌々日はダイヤ改正でE6系が運行開始するということで、上手く行けば乗れるかも、とか考えてました。正反対の方向に向かっているのに呑気です。

20130314006.jpg

「はやて95号」の車内。盛岡から先はガラガラなんじゃないかと思っていましたが、結構乗ってました。

20130314007.jpg

車内で八戸からの行先を練る人。
盛岡の選択肢で分かるように、ロクなことを考えてないです。ロクさんだけに。

そんなわけで30分ほどの乗車で八戸に到着。
第二の選択です。

20130314008.jpg

1:すぐに戻る 盛岡
2:スタンプ押したい 十和田市
3:青森より先へ 弘前
4:快速しもきた 大湊
5:時間がかかる 久慈
6:北海道目前 青森


南下する枠は2枠あるものの、久慈は実質どん詰まりな上に、前々日に自分は訪れている場所。
こうなれば5以外は何でも来いという感じです。

ちなみにスタンプとは、ロクマルサンさんがこの時に持ってきていた「全国鉄道むすめ巡り2nd」のことらしい。この方、サイコロのついでにちゃっかり集めようと画策しているらしい(実際、ちゃっかり八戸で押していた)。

この野望を潰すべく第2投。

20130314009.jpg

5!

saikoro_02.jpg

5:時間がかかる 久慈

乗車時間:1時間48分 乗車距離:64.9㎞
一番出してはいけない選択肢を早速出してしまった。もう完全に2日前のデジャヴである。

20130314010.jpg

そんなわけで八戸線ホームへ。なお、八戸線は久慈行きが10時16分までないということなので、9時06分の鮫行きで鮫駅まで行くことに。

20130314011.jpg

やって来た車両はごく普通なキハ40。

20130314012.jpg

どうやら三戸からやって来たらしい。しかし、見事なくらいこの車両の運用を表しているサボである。

20130314013.jpg

そんなこんなで20分ほどで鮫駅に到着。ここまでは八戸市内ということで、八戸線も当駅止まり・始発の列車が多数設定されています。

20130314014.jpg

勿論、駅前には鮫のモニュメント。シャークマンみたい。

20130314015.jpg

駅前の看板。
鮫に出会うことが既に事故だろと突っ込まざるを得ない。

駅でボーっとするのも何なので蕪島という、ウミネコがいっぱいやってくる場所に行くことに。

20130314016.jpg

駅から10分ほど歩くと蕪島が見えてきました。
が、時期が悪いのかウミネコはそれほど見えません。

20130314017.jpg

蕪島の上に立っている蕪嶋神社へのぼることに。

20130314018.jpg

神社の境内はこんな感じ。ウミネコの繁殖シーズンになると凄いんでしょうね…。

20130314019.jpg

蕪嶋神社というだけあって蕪。

ここでこの後の旅の運勢を占うべくおみくじを引いてみると、ロクマルサンさんが大吉なのに対し自分は小吉。どうやら願い事は叶わないらしい。ロクマルサンさんが「あー、こいつはダメだ」という顔をしたような気がしましたが、それは自分がよく分かっています。

20130314020.jpg

鮫駅からふたたび八戸線で南下。もうここから先は前々日のデジャヴ状態。

20130314021.jpg

1時間ほどで久慈駅に到着。この並びも前々日のデジャヴ。

20130314022.jpg

そしてロクマルサンさんはというと、意気揚々と三陸鉄道の久慈駅へスタンプを押しに向かいました。ちくしょう。

そして第三の選択へ。

20130314023.jpg

1:ふり出しに戻る 盛岡(宮古経由)
2:少し前進 花巻
3:もっと前進 一ノ関
4:来た道を戻る 八戸
5:路線バスで 二戸
6:いっそ日本海側へ 弘前


もうここまで来たらいい加減帰りたい。最低でも岩手を出たい。
しかし、ウナギはサイコロを振る簡単なお仕事すら出来ないと判断した我々は、新たな方策を練ることに。

←旅の前座へ
第二夜へ→

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/03/27(水) 00:18:35|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<盛岡→東京 サイコロの旅 第二夜 | ホーム | とある旅の前座>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/03/21(月) 18:57:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/1358-281e2895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。