スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

両国発、新聞輸送専用列車最終運行を撮りに行く。

どうも。バイトが忙しく、さらに中古で某シミュレーションゲームとか買っちゃったもので、完全に放置プレイになってました。サーセン。

さて、放置気味な上に、最近は時系列がてんでバラバラになりつつある日記ですが、今回も勿論、時系列完全無視な展開となります。

話は奈々さんの横アリ公演前日の3月12日に遡ります。

3月12日といえば鉄道ファンならピンと来る2010年3月13日ダイヤ改正の前日。一部のニュースでは寝台特急「北陸」廃止や急行「能登」定期運用終了の様子などが大々的に流されたので、これについては一般の方でも少しは耳にしているのではないかと思います。

ですが、このブログを読んでいる方なら周知の通り、寝台特急「北陸」や急行「能登」の上野発車時刻は23時過ぎ。翌日にライブが控えている身にとっては、横アリで徹夜するなら話は別にしても、とてもじゃないけど行けません。翌13日の上野到着の撮影なぞ持ってのほか(上野に急行「能登」が着く時間には既に横アリを一周してしまうほどの物販待ちの人間がいました)。

とりあえず目玉の「北陸」「能登」は撮れない…。何か無いだろうか…と考えて思いついたのが、両国発の新聞輸送列車の撮影でした。

そもそも新聞輸送列車って何?と一般の方は思うかもしれませんが、文字通り新聞を輸送する列車のことです。普通、新聞には朝刊と夕刊がありますが、この新聞輸送列車は夕刊を運びます。というのも、朝刊を運搬する時間帯は所謂夜中なわけですが、夕刊の場合は午後、それも都心から郊外へ向かう車が多くなる時間帯となります。で、朝刊の運搬の際は道路輸送で何ら問題ないわけですが、夕刊となると車の台数も増えるため渋滞が発生、時間通りの配達に支障をきたす事になってしまいます。

そこで出番となるのが鉄道。夕刊の時だけ鉄道を使った新聞を輸送するというのは随分昔から行われていました。かつては、この役割を荷物電車という電車が行っていましたが、現在では定期運行する普通列車の1両を新聞輸送専用車として貸しきって輸送するという方法が多くなっています。

で、話を元に戻して両国発の新聞輸送列車について。この列車、何が珍しいというと、既に総武快速線から引退した113系が堂々と都内を走る列車である、ということ。総武快速線を走るという点では幕張車両センターからの出入庫で、稲毛とかではバンバン見られるわけですが、都内となるとこの列車のみの存在となってしまいます。というか、この新聞輸送列車が都内を走る113系最後の定期列車ということになります。

やろうと思えばE217系に換えられるんじゃね?と思えるわけですが、この新聞輸送列車は千葉で分割するため15両編成フルで両国駅へ入るのは不可能、さらに分割した先の運用も不可能ということで、総武快速線がE217系で統一されたあとも長らく113系で運行されてきた列車でした。

その後、房総各線には京浜東北からのお下がり、209系が投入されます。これによって近いうちに113系の新聞輸送列車も置き換えられるのか…と思いきやまさかの輸送列車廃止。この輸送列車は見方を変えれば貸切列車、ゆえにコストがバカにならないらしく、さらにアクアラインの開通などで千葉県内の道路事情も改善したため、今年のダイヤ改正でお役御免となったわけです。


以上、長ったらしい解説終わり。

というわけで、ダイヤ改正前日らしく「北陸」「能登」は撮らないけど、新聞輸送列車というこんなマニアックな代物を撮ってきました。

両国発、新聞輸送列車最終運行1

と言っても、この新聞輸送列車、目的である新聞がなければ話にならんので、両国駅に新聞を下ろす段階から見てました。大体、この新聞の下ろし作業が始まったのが12時半過ぎ。新聞輸送列車こと、荷2331Mとなる車両は当然まだ来ておりません。

両国発、新聞輸送列車最終運行2

新聞のホームへの下ろし作業は15分ほどで終了し、終了とほぼ同時に荷2331Mとなる113系8両が到着。時間にして12時50分頃。
この頃にはホームには同業者がそこそこ集まった上、さらに別の意味で同業のマスコミもいるという状況。おそらくマスコミは同業を惜しむ、というよりこっちの世界の晒しを行うために来たんだと思いますが、まぁ若干非があるとはいえ、正直あまり良い気持ちはしません。

そして3番線では列車への新聞の積み込みがすぐに行われています。ちなみに通常では3番線に立ち入る事は出来ないのですが、この日に限ってはJR側の好意によって通常使われない3番線ホームの開放が行われる事になっておりました。

ということで、いざ両国駅3番線へ。

両国発、新聞輸送列車最終運行3

まずは新聞輸送列車の先頭から。ちなみに行先は回送のまま。もう少し粋な表示がないものかと思うのですが、粋な表示が思いつかないから困る。
正直なところ、回送だとかなんだ取っても普通の千葉ではごくありふれた(と言っても置き換えで段々と姿を消していますが)113系なわけですが、場所が普段入れない両国駅3番線ということで、ありふれた電車もちょっと特別に見えてきます。不思議。

両国発、新聞輸送列車最終運行4

勿論、この列車の主役はマニアでもマスコミでもなく新聞。ということで、ドア付近に積まれた新聞も撮影しておきます。
束ごとに置かれている場所が異なるのは、この先で下ろされる場合に備えて、きちんと考えて配置したものなんでしょうね。整然と新聞一面!というのを連想していましたが、実際は効率を考えて積まれているんですなぁ。

両国発、新聞輸送列車最終運行5

ついでに普段入れない両国駅3番線ホームも撮影。
このホーム、東京駅に乗り入れる以前には多くの房総方面への優等列車が発着していた場所の名残なんですが、つい最近になってかつての雰囲気を残すように整備されたようです。
ただ残念なのはこのホームを発着する列車がこの日をもって無くなってしまうんですよね…。何かもっとちゃんとした形で定期的に活用されるといいんですが。

両国発、新聞輸送列車最終運行6

最後にバックの江戸東京博物館と絡めて。
両国といえば国技館という方が多いかと思いますが、国技館以上に存在感があります、江戸博。

さてここまで来たんだから、都内を走る最後の113系の姿も撮影したいと思い亀戸駅へ。

両国発、新聞輸送列車最終運行7

かつての働き場所だった総武快速線を走る113系荷2331M列車。
普段、やたら銀色の電車が走る中で本家本元のスカ色の電車が走る中で、この新聞輸送列車が来るのを見ると一瞬リバイバル!?と驚かされたものですが、そんな些細な驚きもこれで最後。
自分もたまーに最寄り駅でバスとかを待っていて、偶然この新聞輸送列車を見かけるといつかちゃんと記録したいな、と思っていましたが何だかんだで最終日になってようやく記録する事になってしまいました。

両国発、新聞輸送列車最終運行8

グリーン車が連結されていないなど、違う点もいくつかあるのですが、こうやって総武快速線を113系が疾走するのを見ると、かつて113系が総武快速線の第一線で活躍していた時の事を思い出してしまいます。

都内を走る最後の113系の定期列車もこれで消滅。
今回のダイヤ改正で取り上げられた寝台特急「北陸」廃止や急行「能登」の定期運転終了もそうですが、こんな影の薄い列車からも一つの時代が終わったように感じた瞬間でもありました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/22(月) 06:26:57|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 その1 | ホーム | 「NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010」横浜公演まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/867-0d0b4ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。