スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイヤ改正で時刻表も改正?

一昨日のアスペクト比の話に続いて、またまた旅行のレポから脱線したお話です。

今回は鉄道ファンどころか、一般人でも一度は使ったことがあるであろう、時刻表のお話。最近はネットで乗り継ぎ検索とかがありとても便利ですが(実際、自分も長期の旅行の計画は乗り継ぎ検索のソフトを使っています)、駅で切符を買う場面や、旅先では携帯時刻表を使う(自分は旅先では常にでかい時刻表を持ち歩いていますが)という方がいると思います。

自分も毎月とはいきませんが、出かける際やダイヤ改正直後などには逐一新しい時刻表を購入し、特に目的が無くてもパラパラ見てることが多いです。

で、話は全く変わりますが、先日JR各社では3月13日にダイヤ改正を行いました。このブログの記事でもいくつかそれ関連の話題が出ているので、このブログを読んでいる方の殆どは知っていることかと思います。

このダイヤ改正の際、自分も勿論新しく時刻表を購入しておりました。この間の三連休には房総に行く予定を立てていたのでダイヤ改正に対応しないといけませんから。

当然のように新しく購入した交通新聞社発行のJR時刻表3月号。それをわけも無くパラパラめくっていると何だか違和感を感じるのです。何というか言葉にならない違和感「何か今までとちょっと違うぞ…」と。

最初はイマイチその違和感の理由が分からなかったのですが、高崎線で臨時格下げされた急行「能登」の時刻を追っていたときすぐにこの違和感の正体に気付きました。

路線の順序が違う…

それはどういうことかというと、ダイヤ改正前の時刻が載っている同じく交通新聞社発行のJR時刻表2月号では、P547からP564までが中央本線の東京~松本間の時刻が載っており、間に3ページ小海線、大糸線の時刻を挟んで、P568からP577に高崎線・上越線の上野~水上間の時刻、そして吾妻線・両毛線の時刻を挟んで、P582からP591まで上越線・信越本線の水上・直江津~新潟間の時刻が載っています。

ややこしいので要約すれば

中央東線→小海線・大糸線→高崎・上越線(上野~水上)→吾妻線・両毛線→上越・信越本線(水上・直江津~新潟)

という順序になっていたわけです。ダイヤ改正以前までは。

そしてダイヤ改正以後、JR時刻表3月号ではどうなったか。

P549から中央本線の東京~松本間が始まるという、ここまでは良いのですがここからがおかしくなります。大きい分類でいけば、改正前は中央東線が終わったら次は高崎・上越線の上野~水上間が始まるところが、何故か上越・信越本線の水上・直江津~新潟間の時刻になっており、そしてそれらが終わった後に高崎・上越線の上野~水上間の時刻になっているのです。

つまり、上越線系統の時刻が載る順が改正前とは逆になっている、ということ。

更に細かいところを見ていくと、改正前中央東線が終わった後に来たのは小海線、大糸線でしたが、改正後は小海線が中央東線の時刻の下の欄に組み入れられ、かつて小海線の時刻が載っていた場所は飯山線の時刻になっておりました。
また吾妻線・両毛線の位置も、ダイヤ改正以前は上野~水上間と水上~新潟間の間に挟まれるような形で載っていましたが、ダイヤ改正以後は水上~新潟間と上野~水上間に挟まれる形で載っており、さらに吾妻線・両毛線の時刻の前には信越本線・しなの鉄道の(高崎~横川・軽井沢~長野・直江津)が入っています。

ややこしいので要約すると

中央東線&小海線飯山線・大糸線→上越・信越本線(水上・直江津~新潟)→信越本線・しなの鉄道(高崎~横川・軽井沢~長野・直江津)→吾妻線・両毛線→高崎・上越線(上野~水上)

という順になったわけです。
(分かりやすいように順序が変わったり、新しく路線が入った部分をオレンジにしておきます)

この順序変更にはダイヤ改正に伴って何かしらの事情によって起きたものだと思いますが、個人的には不便です。そう思う点は2つ。

まず1つ目は時刻表を引き慣れている人にとっては、ある程度時刻表の路線の順が頭に思い浮かべられている(と自分は思います)ことによる引きづらさ。具体的にどういうことかというと、上野~水上の次は水上~新潟、つまり起点から終点に行くにつれ、もっと分かりやすく言えば同じ路線であれば東京が遠ざかるにつれ、載っているページも後になる(勿論、中央本線のような例外もありますが)といった感じ。
それがある日を境に、この順が逆になるわけです。正直、路線のイメージと時刻表の順序が違ってきて、引きづらくなります(実際、引きづらいです)。

そしてもう1つが路線の関連性。
改正後、中央東線の後に飯山線が載っていましたが、改正前は

上越・信越本線(水上・直江津~新潟)、信越本線・しなの鉄道(高崎~横川・軽井沢~長野・直江津)、飯山線

の順に載っていました。
飯山線は信越本線の長野(実際は豊野ですが運行系統上、長野としておきます)と上越線の越後川口を結ぶ路線ですから、上越線の近くであり信越本線のすぐ後に載っているということで、これらと関連しているんだな、というのがイメージできました。

ところが改正後はどう見ても関連性が薄い中央東線と大糸線に挟まれる形に。中央東線はおまけ程度に篠ノ井線を省略する形で長野の時刻が載っていますが、大糸線に至っては長野駅と関連性は皆無。一応、大糸線の後に上越線の水上~新潟間の時刻が載っていますが、正直改正前に比べ他の路線との関連性が薄くなったように思えてしまうのです。

以上の点から、個人的には改正後時刻表が妙に使いづらくなったな、と感じてしまったのです。勿論、この他にも順序変更が行われ、上とは逆により使いやすくなった部分があるのかもしれませんが、個人的には現状の順序は使いにくいと感じております。

これについて発行元の交通新聞社にクレームをつけるつもりはさらさら無いのですが、どうしてこのような順序変更が生じてしまったのかという点については少しばかり知りたい限り。知っておられる方が居ましたら、コメントなりメールなりくれると凄く嬉しいです。

以上、ダイヤ改正と同時に改正された時刻表のお話でした。

JR時刻表 2010年 03月号 [雑誌]JR時刻表 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/25)
不明

商品詳細を見る

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/26(金) 06:57:30|
  2. 鉄ヲタ学生の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 その4 | ホーム | 北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/872-d84edfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。