スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 その5

どうも。昨日は西武のイベントに行き、東武のイベントに行き、再度西武のイベントに行く、という要約して書いたら非常にバカっぽい行動をしていた人間です。
お陰で昨日今日と合わせて6時間しか寝てません。眠たくて仕方がないです。でも頑張ります。「俺、この記事書いたら結婚するんだ…」的なテンションで頑張りますとも。

さて、昨日休んでしまった言い訳はこの辺にしておいて、北陸旅行(2杯目)のレポです。本当はこんなのを後回しにして、昨日のレポなり一昨日のレポなりをしたいのですが、理想の目標は4月の頭に終わらせるですから、姿勢だけでも見せなくてはいけません。

というわけで旅行レポの続きをどうぞ。


キハ58系で大糸線を往復した我々はようやく、今回の北陸旅行のメインである糸魚川のレンガ車庫撮影イベントへ。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 糸魚川レンガ車庫撮影会1

まずはキハ52の3色並びとレンガ車庫を絡めて。
通常、レンガ車庫を眺めるというと前回のようにホームから眺めるパターンが多いのですが、今回は金沢方のいわば裏側での撮影会。
裏側だからといって何か変わるわけではありませんが、糸魚川のレンガ車庫をこっちから眺めるのは初めてなので結構新鮮な感じがします。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 糸魚川レンガ車庫撮影会2

斜め横からアンダー気味でもう1枚。
このうち右側の国鉄色のキハ52 115は津山駅構内にある旧津山機関区の扇形機関庫に保存されるそうで何より。そして残り2両のキハ52は臨時ながらも今年の8月22日まで使われるそう。夏辺りに見に行っても良いかな、と考えていたりいなかったりします。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 レンガ車庫内部

レンガ車庫の内部。どうやらこのイベント後じきに線路が外されて使われなくなってしまったそう。部分的に保存されるらしいですが、この薄暗くどこか古い香りがする内部はもう見られないみたいです。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 撮影会の傍にいたDD15

ついでに扇形機関庫の脇に留置されていたDD15形も撮影。2年くらい前の糸魚川での撮影会ではこれとDD16形も展示されていたみたいですが、今回は関係ないということで奥に置かれておりました。個人的にはこれらもキハ52形に並ぶくらい貴重な車両なので出来れば展示して欲しかった…。

さて、これらを撮影していると撮影会終了時間となり糸魚川駅へ。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 683系特急「はくたか」@糸魚川

糸魚川からは特急「はくたか10号」で富山へ。来たのは行きに「はくたか7号」として乗った683系。どうやら我々が大糸線や糸魚川のレンガ車庫を撮影している間に越後湯沢まで往復していたみたいです。
会わないときはとことん会わないものですが、会うときは何故か往復で会うもんですよね…。

「はくたか10号」の車内で糸魚川で購入した駅弁を食べていると、ものの1時間ちょいで富山に到着。北越急行内でも飛ばしますが、北陸本線でも「はくたか」は速いですね…。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 高山本線キハ120@富山

富山駅でまずは高山本線のキハ120形を撮影。ちなみに今回は高山本線回りで名古屋に行く事になりますが、これには乗りません。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 419系@富山

そしてそこはかとなく原型を残しているような419系も撮影。食パン顔ではありませんが、ヘッドマーク部分が埋められたりとこちらも色々な意味で迷走気味な顔ですよね…。

これらを撮影したところで富山駅前へ。予定では大糸線の乗車など全く考えておらず、糸魚川での撮影会終了後は富山に戻り、前回乗っていなかったセントラムに乗車するつもりだったのです。が、予定外の行動を取ってしまったためセントラムは乗れないけれど、せめて前回撮影できなかったシルバーだけでもいないかと思い駅前の地鉄市内線を見ることに。

結果としては駅前にでるとすぐさまにブラックセントラムが通過していくという結果に…。もう1編成がシルバーという確率もありますが、それでは列車の時間に間に合わない…ということで、ここで昨晩からご一緒していただいた所長さん、Zenigataさんとお別れすることに。
1泊2日という短い時間でしたがお二方ともにお疲れ様でした。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 キハ85系@富山1

さて、富山からは名古屋OFFに向かうため一路名古屋へ。富山から名古屋というと一般の人なら特急「しらさぎ」を使うのを思い浮かべるかもしれませんが、今回自分が利用するのは富山発が4往復存在する高山本線経由の特急「ひだ18号」。
というのも、2年半前にも高山本線に乗車したのですが、当時猪谷~角川間は2004(平成16)年の台風23号の水害によるバス代行状態だったので、この区間のみ未乗だったのです。前回乗った2007年の9月にこの区間は無事復旧したものの、それ以来乗っていない…ということで、今回はあえて高山本線経由で名古屋を目指す事にしました。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 キハ85系@富山2

反対側の貫通側の先頭車も撮影。
さてこの日の「ひだ18号」、驚くべき事に指定席が満席。富山からは指定席が1両なので仕方ないかと思っていたところ、増結車がある高山から申し込んでも満席ということで申し込んだ際は何事かと思いました。
フタを開けてみると、途中の飛騨古川と高山から団体客があり、それによって満席になってしまったとのこと。実際、富山から自分が乗った自由席車は終点名古屋まで普通に空席がある状態でした。

富山発車時点では雪が無かった高山本線も、越中八尾を発車して少しすると沿線に雪が目立ち始め、JR西日本と東海の境界である猪谷に着くころには辺り一面雪景色になっており、岐阜県に入っても雪は増えるばかり。途中、打保駅では対向列車の行き違い待ちをしましたが、対向列車が雪のため遅れているということで、自分が乗車している「ひだ18号」も遅れて出発する事に。

その遅れに加えて雪と崖崩れの危険があるとかで、この「ひだ18号」も打保~飛騨古川間で徐行運転をするため遅れが増大するとの放送が流れます。まぁ自分にとっては最後の列車なので乗り継ぎとかは関係ないのですが、密かに考えていたジャックさんの新しいお店に行く計画は無理かもなぁ、と思うようになりました。

対向列車との行き違いを済ませて「ひだ18号」は宮川(リアルタイム更新では飛騨川と勘違いしていました…)に沿って走っていきます。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 高山本線の車窓1

大糸線の姫川のときも凄い濁流だな…と思っていましたが、この宮川も濁流っぷりが凄い…。それに加え、沿線にはちらほらと崖崩れの跡のようなものも見受けられ、これでは徐行運転も致し方ないかな、と思うように。

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 高山本線の車窓2

途中、高山本線のすぐ側を宮川が流れる場面になるとその水量の多さにも圧倒されます。雪解けの季節なので相応の水量なのかもしれませんが、それでも多い…。

そんな風に見ているとじきに車窓は開けてきて飛騨古川駅へ。前の車両にやたら乗客が乗るな…というのを確認していると急速に眠気が襲ってきてしばし意識が飛びます。

意識が復活したのはもうじき岐阜といった辺りで、車内では車掌さんが犬山城の案内をしていました。ちなみに夜なので何処に犬山城があるのかさっぱりな状態でしたが。そう思っているとじきに東海道本線の高架をくぐって岐阜駅に到着。その後、進行方向を変えて「ひだ18号」は終点の名古屋駅へ突っ走る…と言いたいところですが、件の遅れのためノロノロ運転となり、終点の名古屋には定刻より30分以上の遅れをもって到着しました。

今からスーパーホテルのチェックインも済ませて、その後に千種にある『季節料理 香味』さん(新しいジャックさんのお店)に行くのは翌日もあるし難しいかな、ということで、この日の自分の晩御飯は近くの松屋で済ませることにしたのでした…。

(つづく)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/29(月) 23:52:57|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HD300形ハイブリッド式ディーゼル機関車甲種輸送 | ホーム | 北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/874-7682af18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。