スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3つの急行と日本最長普通列車を求めて(5)

どうも。当初はPART10くらいで終わるんじゃね?みたいなことを言っていたこの旅行記ですが、今更ながら「どう見てもPART10くらいじゃ終わらないだろ…」と認識し始めたウナギです。
書くスピードもさることながら書くことが多すぎる…。

実は自分のPCのデスクトップには「ブログに書く用」画像がきちんとありまして(デスクトップが荒れてるとよく言われますが、こうでもしないと忘れるので。)、現在その画像がとんでもないことになっています。旅行記用の画像だったり、イベント系の画像だったり…まぁ色々。
おそらくこのペースだとイベント系の画像は腐っちゃうんだろうな、と悲観している自分もいますが、何とか纏めて処理したいところです(それ以外にも原稿に書いてないネタとかたんまりあります)。

そういや本題の旅行記に入る前に書いちゃいますが、今年の冬に開催された我らが奈々さんのライブツアー「NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010」と、夏の祭典「NANA MIZUKI LIVE GAMES 2010」がBD&DVDで発売されるみたいですよ、奥さん(詳しくはコチラ

あれだけ絶対に買うと豪語していたU所長さんからは嬉しい悲鳴が聞こえてきそうですね。
てっきり2回だと思っていたら、1年に3回も九州に行っているU所長さんの事ですから、15000円くらい超余裕ですよね?(笑)


さて、前置きはこのくらいにしておいて本題の旅行記の続きです。

青森駅で無事合流した裏辺研究所メンバーと共に、本日はレンタカーで津軽半島の先っちょを目指す事になります。どうやら自分以外のメンバーは前日も東北本線沿線を車で大爆走していたようですが、はてさて本日はどうなることやら…。

20100821041.jpg

青森駅を出ると、まずは青森のシンボルともいえる青森ベイブリッジを通過。ちなみに青森県内では八戸大橋に次ぐ長さの橋ですが、実は国道や県道指定を受けておらず、名称も臨港道路2号線となっていたりします。

青森のシンボルであるベイブリッジを渡ると、国道280号線松前街道に入り、竜飛岬方面へ北上。ちなみにこの国道280号線の別名である松前街道という名前ですが、勿論由来は津軽海峡を隔てた北海道の松前に由来するもの。今では津軽海峡部分が点線国道状態ですが、かつてはこの区間にもフェリーが存在していました。

20100821042.jpg

途中、津軽線の左堰~奥内間で328M 青森行きを撮影。早朝に青森駅で撮影した323Mの折り返しの列車で、こちらも普通列車の扱いなので勿論特別料金不要の列車です。同じE751系の編成をほんの2時間くらいの間に2度も撮影したことになりますね。

20100821043.jpg

津軽線の普通列車を撮影した事で満足した一行は、その後もR280を北上、途中の蟹田付近で青森県道12号線、そして青森県道14号線を経て、本日の第一の目的地である道の駅「いまべつ」(半島ぷらざアスクル)に到着。「いまべつ」という名称にピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは…

20100821044.jpg

道の駅「いまべつ」でもあり、かつ津軽線の「津軽二股駅」でもあり、さらに津軽海峡線の「津軽今別駅」でもある場所だったりします。別々の名称の駅が同じ場所に3つあるというのは東京とかに住んでいれば特段珍しい話ではありませんが、個人的に面白いのはこの3つの駅の管轄が全て異なるというところ。道の駅「いまべつ」はおそらくは国交省の東北地方整備局とか、もしくは県、市町村が管理しているものだと思いますし、津軽二股駅はJR東日本が、津軽今別駅はJR北海道がそれぞれ管理しているはずですからね。
しかも皮肉なのは、鉄道駅は無人駅なのに道の駅は有人というところが何とも…。

20100821045.jpg

そうこうしていると、津軽線の三厩方面からかに待機、もとい蟹田行き330Dが到着。これも3日後(ry
ぶっちゃけたお話、実はこの直前に津軽海峡線の特急「スーパー白鳥10号」が津軽今別駅を通過していたのですが、あまりに突然の事だったので自分はあえなく撃沈…。まぁ、789系自体は何度も撮っていますし、翌々日も嫌というくらい撮影するので問題ナッシングです。

20100821046.jpg

ちなみに津軽線の津軽二股駅はホームが1面あるだけの無人駅。かつては道の駅があった部分に駅舎があったようですが、道の駅設置以降はホームのみに。ちなみに道の駅併設の鉄道駅というのは全国にそこそこあるのですが(青函トンネルを隔てた北海道側の津軽海峡線知内駅はまさにその典型)、道の駅「いまべつ」と津軽二股駅・津軽今別駅は全くの別物のようで、道の駅における切符の販売等は行っていないみたいです(まぁ知内駅も乗車駅発行証明しかやっていないので、今となっては併設と言っても名ばかりみたいですが)。

20100821047.jpg

津軽線の津軽二股駅をそこそこ堪能したところで、今度は津軽海峡線の津軽今別駅へ。津軽線の構内踏切を渡った先にあるガリバートンネル通路を通って津軽海峡線のレベルまで階段で登っていきます。
ちなみに前に写っているのは本日の旅のメンバーで、奥から所長さん、ネオンさん、Zenigataさん、秩父路号さん。

20100821048.jpg

階段を上った先に現れるのはそこそこ広い空間、そして津軽海峡線の津軽今別駅。こちらもホームとちょっとした待合室もどきがあるのみですが、上下線の線路間や架線柱といった線路の周りにあるものなどが、将来の北海道新幹線に備えた建築限界の仕様となっているため、やたらに大きく感じてしまいます。

20100821049.jpg

同じく津軽海峡線の津軽今別駅から北海道方を望んだもの。やっぱし線路間とかは普通のものより広く感じますね。それに津軽線のものと比べて頑丈な感じがします。
というか、これらの写真は津軽今別駅の構内踏切から撮影しているものなんですが、将来新幹線が走るようになったらこんな写真、撮りたくても撮れませんね。。。こういう風な写真を撮っていると北海道新幹線自体、未だに夢物語な感じがするわけですが、青函トンネル内での三線軌道化が終わったことからも、着々にその時が近づいているんですよね…。

20100821050.jpg

そうこうしてると、北海道方からはEH500-25による貨物列車3058レが通過。本州と北海道を繋ぐ、物流の要所であるため特急列車はおろか、貨物列車もバンバンやってきます。まぁ唯一の欠点としては、やってくるのは写真のEH500形ばかりだということですかね。
勿論、今回の旅行では青函トンネル区間でしか見られないED79形50番台もきっちり狙う予定ではありますが、それは3日後、再び本州に戻ってからのことになります。

20100821051.jpg

先ほどチラッと書いた津軽今別駅の駅舎もどきの待合室はこんな感じ。よくよく見ると、入り口の横には東北の駅百選選定の証の駅である旨の札がありますね。まぁ、作られた場所が場所なだけあって、駅百選としては選ばずにいられなかったということでしょう。
ちなみに待合室内部を物色しているのは所長さんとZenigataさん。何気なく撮ったものですが、仕草がなんとなく怪しい感じがしますね。

20100821052.jpg

待合室内部に貼られている時刻表にはシンプルにたった2本の特急列車が書かれているだけ。うーん、シンプルだ。というか、駅に止まる1日2本の列車が特急のみとか、ある意味凄い場所ですね、ここ。まぁ特急と言っても、特例があるので特急券無しで乗車する事は可能ではありますが。

20100821053.jpg

駅舎を物色してると今度は青森方からは4045M 特急「白鳥45号」が通過。そういえばJR北海道の789系に関して言えばまだまだ安泰であると言えますが、JR東日本の485系3000番台に関して言うと、こちらは将来は微妙ですよね…。いくらリニューアルを行っているとはいえ、所詮は30年選手の485系ですし、青森の車両に関して言えば、青函トンネル内での140km/h運転を行っていますからかなり酷使されてると言えますし…。

20100821054.jpg

最後に津軽今別駅を象徴する看板を撮影して終了。この夜から北海道に上陸する人間にとっては、ちょっと響くものがある看板ですよね、コレ。

(つづく)

←その4へ
→その6へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/10/14(木) 02:23:12|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっぱり纏められなかった長野総合車両センター一般公開の巻。 | ホーム | というわけで・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/989-0fe082e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。