スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どさくさに紛れて秋田車両センターに行ってきた。

10月末までにはきちんと更新しよう…と思っていたら、気付けば11月のもう中旬。ホント、しばらくサボっててすみませんでした。言い訳をしてみると、入間航空祭やら図書館業務の本の買い付けやら、西武やらはしゃいでいたらレポートの時間がががががが…みたいなことになりまして、そんなこんなで更新が開いてしまったわけでございます。

さて、今回は10月9日の秋田車両センターの公開ネタです。もう1ヶ月以上前のネタだよコレ。
ちなみに敢えて書いておくと、今回行ったのは秋田「総合」車両センターではなく、秋田車両センターの公開です。秋田総合車両センターは旧土崎工場、それに対して秋田車両センターはかつての南秋田運転所、というと分かりやすいかもしれません。

8月にも東北に行ったのに、何故また秋田に行ったのかと言うと、まずは秋田車両センターでHB-E300系「リゾートしらかみ」青池編成の公開があるから…というのもありましたが、それ以前に現行のキハ40系「リゾートしらかみ」青池編成が東北新幹線新青森開業で引退する…というのも理由の1つでした。というか、どちらかというと後者が本命だったり。

これに加え、飯山線では485系「NO.DO.KA」が入線するということで、気づけばスリーデーパスを購入しておりました。1つだけのためなら考えますが、3つも貴重なネタがあるとなると、これは行かざるをえないというわけです。

akita_9.jpg

今回の旅行では「リゾートしらかみ」青池編成を撮影して、秋田車両センターを見学しつつ、かつ日帰りということで往復ともに新幹線を利用。それも秋田駅11:05発の「リゾートしらかみ3号」の入線に間に合わせなくてはいけないので、東京を6:00ジャストに発車する新幹線一番列車の「こまち71号」に乗車することになりました。

そういや、近々「八戸・秋田」という行先も消えるんだよなー、ということで、8月の旅行で所長さんもやっていたのと同じように、東京駅の電光掲示も撮影。

akita_8.jpg

「はつかり」を押しのけて八戸開業時の愛称となった「はやて」も「はやぶさ」登場でどうなるのかしら…。とりあえずは「はやぶさ」は少数勢力らしいけど、おそらく「のぞみ」登場時と同じく気付けば大増殖するわけだし、「はやて」消滅の日も近いかもなぁ、と思ったり。

akita_10.jpg

自分が乗る「こまち71号」の隣には盛岡行きの「やまびこ41号」が停車中だったのですが、充当車両のE2系はなんとフルカラーLED。Twitterで尋ねたところ、随分前からフルカラーLED装備車が居たみたいですが、自分としては初めて見かけました。てっきり、JR東日本の新幹線でフルカラーLEDを採用したのはE3系2000番台だけかと…。

akita_11.jpg

さて、4時間半近い移動を終え無事、秋田に到着。まずは目当ての「リゾートしらかみ」青池編成を撮影することに。と、その前にやってきたのはEF510牽引の貨物列車。時間的には東京からやってきた2093レかな?最近じゃEF510というと、北斗星やカシオペア牽引で話題を振りまいている500番台が注目を集めていますが、個人的には赤いボディの0番台もデザイン的には大好きっすね。

akita_7.jpg

そして今回の秋田行きの目的の1つである「リゾートしらかみ」青池編成を使った快速「リゾートしらかみ3号」。既に色違いバリエーション状態になっている木無(ブナ)編成やくまげら編成とは異なり、青池編成は前面が独特のデザインとなっているのが特徴。何となくJR東日本がリゾートトレイン開発に着手した頃の独特な匂いが漂ってましたね。

ちなみにこの青池編成は12月4日の東北新幹線新青森開業と同時にHB-E300系の新青池編成にバトンタッチ。中間車は既存の木無(ブナ)編成、もしくはくまげら編成に渡すみたいですが、先頭車はもしかしたら廃車かもしれませんね。

さて、秋田へ来た1つ目の目的である「リゾートしらかみ」青池編成を撮影したので、次の目的地である秋田車両センターへ。ちょうど、羽後本荘行きの普通列車が止まっていたので急いで乗り込み、お隣の羽後牛島駅で下車、そこから15分ほど歩いて秋田車両センターへ。

akita_1.jpg

秋田車両センターは元の名を南秋田運転所というだけあって、秋田駅の南にある車両基地で、秋田駅を発着する車両の整備を主に担当。その中には秋田新幹線「こまち」も含まれていることから、基地内は狭軌ゾーンと標準軌ゾーンに分かれていたりします。
まずは新幹線や田沢湖線で活躍する701系5000番台が来る標準軌の庫内でE3系「こまち」を撮影。

akita_2.jpg

そして狭軌ゾーンへ移動して続いてED75を。主に工事用臨時列車を中心に活躍しているとのことですが、客車牽引をもう一度拝んでみたいですな…。ちなみに秋田のED75というと随分昔の快速「岩木」とかを連想してしまう自分はもう歳なのかな、と思ったり。ぶっちゃけたお話、快速「岩木」には乗ったことすらなく、人づてに聞いただけなんですが。

akita_3.jpg

そして8月の青森旅行でお会いした五能線用のキハ40首都圏色。残念なのは青森旅行の話題がまだそこまで行ってないということ(汗)こちらも急いで仕上げなくては…。出来れば今年中に(来年になるという死亡フラグな感じがしないでもないですが)。

akita_4.jpg

むちゃくちゃ運用範囲が広い秋田の701系は庫内の移動機械に連結されていました。南は酒田・新庄、北は蟹田と、秋田県どころか隣県にも手を出すのは凄いとしか…。

akita_5.jpg

今回の秋田車両センター公開の目玉であるHB-E300系「リゾートしらかみ」青池編成。先ほど秋田駅で撮ったキハ40系青池編成の置き換え目的に登場した編成です。HB-E300系というと、先日の長野総合車両センター公開の際に「リゾートビューふるさと」編成を見たばかりですが、個人的にはこの青池編成の色合いがHB-E300系に似合ってるなー、と思ったり。前面のロゴも長野の方は若干ありきたりな感じがしましたが、こっちは「リゾートしらかみ」らしい書体を引き継いでいてなかなかです。

akita_6.jpg

最後に秋田車両センターらしい(?)個人的には結構ツボだった光景を。通常、車両基地公開となると通常業務ゾーンと公開ゾーンを完全に仕切って安全を確保するのですが、この秋田車両センターは標準軌用の庫内の前を線路が通っており、秋田に到着した「こまち」が整備を行う都合上、ここを通らざるを得ないのですが、これがあるために標準軌用の庫内を非公開にしてしまうと「こまち」を展示出来ない…ということで、苦肉の策として「こまち」が通るたびに係員の方が遮断機を下ろすことになり、そうなるとお客の目の前を新幹線が通過するという光景が30分毎に展開されるという、結構面白い状態に。

所詮ミニ新幹線とはいえ、新幹線は新幹線。目の前を新幹線が通過するということで子供たちは思いっきりはしゃいでましたね~。

さて、そんなこんなで秋田車両センターの見学を終え今度はバスで秋田駅へと戻ります。

akita_12.jpg

秋田駅に戻ると今度は快速「リゾートしらかみ5号」となる「リゾートしらかみ」木無(ブナ)編成が停車中。登場時は斬新なデザインでしたが、くまげら編成、きらきらみちのく、そしてリゾートみのりと似たようなデザインが続いているのでちょっと自分はイマイチな感じです。色合いは好きなんですが。

akita_13.jpg

さて、これで超特急でまわった秋田日帰り旅行も終わり。大学の課題とかもあったので「こまち22号」でとっとと帰還することになりました…。
いやはや、今更ながら秋田まで日帰りとか、かなりアタマがおかしい人間のやることですね(笑)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/13(土) 20:34:47|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3つの急行と日本最長普通列車を求めて(7) | ホーム | 信号機二題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/993-d764e71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。