スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3つの急行と日本最長普通列車を求めて(8)

色々と脱線気味でしたが、ようやく本題の旅行記です。
というか、本当は12月4日までに書き上げたかったのですが、現状はどう考えても無理ですね…。

というわけで、非常に長かった旅行2日目の最後をどうぞ。


国道339号線の階段国道を堪能した一行は、これにて津軽半島巡りを終了し、今度は新幹線の開業を控えた新青森駅で特急「かもしか」を撮影するべく青森市内へ戻ります。

20100821084.jpg

途中、津軽線と津軽海峡線、そして将来的には北海道新幹線が通るであろう部分で、それぞれの路線を比較するために撮影。左の海峡線は複線・電化・高架とかなり立派な設備なのに対し、右の津軽線は単線・非電化・草だらけと素晴らしい差ですね。これが格差社会というやつか…。

20100821085.jpg

しかも踏切には非電化にも関わらず、あたかも電車が走ってくるかのような標識…。まぁ地方じゃディーゼルカーも含めて「電車」らしいですから致し方ないといえば致し方ないのですかね。
ちなみに奥の海峡線の高架橋は奥に向かってカーブしていますが、将来的にはカーブの途中で北海道新幹線が上から合流してくるような構造になるそうです。

鉄道の格差社会を記録したところで、もと来た道をさらに引き返して青森市内へ。久々の都会にちょっと安堵します。

20100821086.jpg

そしてやって来ました、新青森駅。自分の記憶では昔は住宅街にある駅舎すらないホームが1面だけある、ホントに新幹線なんて出来るのかいな、と突っ込みどころがありまくりだった駅だったはずですが、いつの間にやらこんな立派な駅舎に変わっていました。やればここまで変わるもんなんですねぇ。

20100821087.jpg

ま、駅はこの時はまだ無人駅だったんですけどね!
こんな立派なエントランスの階段があるのに、中は我々しかいないという、非常に寂しい駅でした。おそらくこの記事を書いた翌日くらいには特急どころか、新幹線も発着して、それなりの人で賑わっていることだろうと想像します。

20100821088.jpg

コンコース内部をもう1枚。
駅舎は立派なのに、休日だったためか工事関係者も全くいない新青森駅は何だか不気味な感じもしましたね~。ちなみに、この時我々の中では「日本一立派な無人駅」という結論で一致しました。

20100821089.jpg

誰もいない改札口に不気味さを感じつつも抜けて、いつの間にやら1面2線に改良されていた在来線ホームへ降り立ち、秋田からやってきた2043M 特急「かもしか3号」を撮影。この記事が公開された時点で、この特急「かもしか」の命は1日限りということですね…。地味な存在の特急でしたが、いざ愛称が消えるとなるとそれはそれで寂しい限り。

さて、特急「かもしか」を撮影し終えたところで、12月4日の東北新幹線新青森開業で変わるネタの撮影はとりあえず終了。ついでということで、新青森駅近くの東北新幹線青森車両基地を見に行きます。

20100821090.jpg

まずは東北新幹線青森新幹線車両センターの近くにある、北海道新幹線の分岐部を撮影。この時点ではまだ橋脚が2~3基立っている程度でしたがはてさて、ここから先に高架橋が伸びるのはいつになるんでしょうかね~。

20100821091.jpg

後ろを振り返るとあるのが、東北新幹線の青森新幹線車両センター。冬は極寒でかつ豪雪となる地域であることから、車両基地の殆どは屋根で覆われており、殆ど中が見えないような構造になっています。写真では奥に車体洗浄機らしきものが見えますね。

さらに東北新幹線の青森新幹線車両センターに隣接する青森車両センターも撮影することに。

20100821092.jpg

現状は京浜東北線から撤退した209系と特急「白鳥」用の485系が肩を並べる横を、津軽線のキハ40系が通過するという、結構シュールな光景が展開されていますが、12月4日以降はここの一部が青い森鉄道に移管されるわけで、これらに加えて三セクの車両が肩を並べるという、さらにシュールな光景が展開しそうですね~。

ここらで鉄道ネタも終わりということで、最後に偶然見かけた日本エアシステム色のYS-11を撮影することに。

20100821093.jpg

飛行機は正直サッパリなのですが、流石の自分もYS-11くらいは知っていますし、それ以上に日本エアシステムという名前が懐かしい限り。思えば、生まれて初めて乗った飛行機も日本エアシステムだったっけかなあ。
ちなみにこれが保存されている場所はみちのく北方漁船博物館という場所。船の博物館なのに航空機とか、海辺で保存して大丈夫か?とか色々気になるところがあります(笑)

これにて車での移動を終え、レンタカーを返却したついでに、青森県観光物産館アスパムを物色しつつ、無事青森駅へ帰還。

20100821094.jpg

最後に所長さん、Zenigataさん、ネオンさん、秩父路号さんと共に青森駅近くに休憩室として使われているキハ27形を撮影。…あまりに外観が酷過ぎて、正直休憩室として使いたいとは思いませんが…。

さて、これにて裏辺研究所メンバーでの青森巡りは終了。今回ご一緒した方々が乗った特急「スーパー白鳥30号」を青森駅でお見送りして、裏辺研究所メンバーでの旅は終了です。ご一緒した所長さん、Zenigataさん、ネオンさん、秩父路号さんお疲れ様でした。あ、勿論分かっているとは思いますが、まだまだ自分の旅は続きます。

ここからは再び単独行動に戻って、今回の旅の目的地である北海道へひたすら目指します。何処かの所長さんには「信じられない」と言われましたが、ぶっちゃけたお話、これから北海道へ行く人間をここまで連れ回すほうが信じられなかったです(笑)

とネタはこの辺にして、北海道へ目指す前に青森駅で皆さんと別れた後に撮影したものをいくつか。

20100821095.jpg

まずは青森18:08発の2022レ 寝台特急「あけぼの」。この列車も東北新幹線新青森開業でどうなるのか注目されましたが、何とか存続となったようです。青森からだとちょっと遠い感じですが、上野~秋田くらいまでの利用だと新幹線よりも早く到着し、指定席料金で乗れるゴロンとシートもあることから個人的にはまだまだ頑張って欲しいところです。

20100821096.jpg

実は所長さん達が乗車した特急「スーパー白鳥30号」の後ろに控えていたりした、五能線直通の3836D 快速「深浦」。朝に青森・弘前行きの下りが1往復、夕方に青森発の上り1往復が設定されている列車で、快速とは名乗っているものの、快速運転するのは青森~川部間の奥羽本線のみで、五能線内は各駅停車となっています。

ちなみにこの日の快速「深浦」に充当されていたのはキハ40系首都圏色2両編成。臨時列車の「五能線海彦山彦号」などにはこの編成が優先して使われるみたいですが、快速「深浦」には特に編成指定とかは無いため結構ラッキーでした。首都圏色に「快速」表示もなかなか味がありますのう。

20100821097.jpg

ついでに快速「深浦」のサボも撮影。種別の「快速」と行先である「深浦」が書かれた、非常にシンプルなタイプのものでした。ちなみに「深浦」という列車名は1968(昭和43)年に同区間を運転していた急行「岩木」を改称して誕生したもの。1982(昭和57)年の急行から快速へ格下げされた後も、列車名で行先の「深浦」の名前は脈々と受け継がれています。

20100821098.jpg

そして〆となるのは青森19:33発の4002レ 寝台特急「日本海」。青森~大阪間を走破する寝台特急で、ちょっと前までは2往復走ってたり、函館まで足を伸ばしてたりしていた列車ですが、今は青森~大阪間の1往復が残るのみ。開放A寝台が連結されてたりと、結構面白そうな列車なのでいつかは乗ってみたいと思いつつも、そもそも青森~大阪に乗る用事がそもそも無いという・・・。

ちなみにこの日の日本海は通常のEF81ではなく、何故か「トワイライトエクスプレス」色のEF81が牽引。結構よくあることのようですが、敦賀とかで機関車交換したりするのかな?

と、夕方から夜にかけての青森駅のネタっぽい列車を撮影し終えて、一旦駅を離脱。駅前のCoCo壱でカレーと冷製スープという、ちょっと贅沢な夕食を食べて夜のあの列車に備えます。


第9ランナー
201レ 急行「はまなす」(ED79&DD51+14系・24系) 青森(22:42)→札幌(6:07)


20100821099.jpg

本日のファーストランナー、もといラストランナーは勿論、急行「はまなす」。今となっては貴重な寝台列車&急行列車&客車列車という、レアな要素を3つも兼ね備えた、いわば「生きた化石」と言っても過言ではない列車。今回の旅の目的の1つである「3つの急行」の最後の1つであり、また今回の旅の目的地である北海道へ自分を誘ってくれる列車です。

自分が乗ったのは勿論、はまなす独自の設備であるカーペットカー。指定席料金で横になれる有り難い車両な上に、前日の特急「かもしか」からの繋ぎで、本州・北海道内の乗継割引が適用されてさらにお得になってます。

ちなみにこの日の青森~函館間の牽引機は朝に見かけたED79 9号機。函館以降はぶっちゃけ分かんないです。青函トンネルまでは何とか起きていたのですが、それ以降はあまりの疲労で意識を失っていたので…。

というわけで、長かった旅行2日目はこれにてようやく終了・・・。次回は3日目、念願の北海道編です。

(つづく)

←その7へ
→その9へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/03(金) 00:02:31|
  2. 鉄ヲタの鉄道の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3つの急行と日本最長普通列車を求めて(9) | ホーム | 年上の人を出し抜くってちょっと気持ち良いよね(笑)>>

コメント

EF81は日本海・トワイ共に敦賀~大阪~青森~敦賀で1サイクルの運用になってます。

トワ釜が日本海に入るのは珍しくもなんともないんですが、ローピンがトワイに入ることはトワ釜が故障でもしない限りはありませんね。
  1. 2010/12/03(金) 02:24:50 |
  2. URL |
  3. ムーチョ #eHP7HEy2
  4. [ 編集]

>ムーチョさん
コメントありがとうございます。

自分も日本海にトワ釜充当は何度か写真では見ていたのですが、実は撮影となるとこの時が初めてでした(ローズピンクは先日の北陸旅行で撮影済み)。

どちらにしろ、81もそろそろ寿命が近い感じですから(西日本は違うかもしれませんが)、早めに記録しておく事が大切ですね。
  1. 2010/12/04(土) 22:18:31 |
  2. URL |
  3. ヤツメウナギ #Q3GCKOb2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatume.blog64.fc2.com/tb.php/999-0046c341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)

Author:ヤツメウナギ(グロッグフロッグ)
鉄ヲタ学生のブログへようこそ。
鉄ヲタなりの日常をツラツラ書いていこうかと考えております…。

ちなみにHPではグロッグフロッグと名乗っております。。。ややこしくてすみません('A`)

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国盗りカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。